太子妃狂想曲(ラプソディ)-あらすじ-7話-8話-9話-ネタバレありで!

韓国ドラマ-太子妃狂想曲(ラプソディ)-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

太子妃狂想曲


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回はチーションや趙王に命を狙われハラハラしたり、宮廷内のデリサービスが始まったりと、緩急のある内容でした。チーションに命を狙われる不安を抱きながらも個性を発揮しチーションにも物怖じしないポンポン。今回はどんなポンポンの姿を見ることができるのでしょうか?!

【太子妃狂想曲(ラプソディ)】(ネタバレあり)

第7話「厠君のバラード」

強太鑑に命じデリを利用したチーション。贈り物は江映月のもとに届けられました。半分に割られた果物を見て喜ぶ江映月でしたが、これはチーションからの別れを意味するものでした。心配していたチーションの心変わりが確実なものとなり、江映月は憤慨します。
前回、直接別れを告げようとして失敗したチーション。今回は果物で伝える作戦に出ましたね。こんな風に婉曲にメッセージを伝える方法って日本の歴史ドラマでも中国の歴史ドラマでもたびたび見かけますが、受け取る側が意味を分かっていないと意味ないですよね~。ぬか喜びの江映月、残念でした!

チーションとポンポンの間に早く世継ぎをもうけさせるため、太皇太后はポンポンのドレスをプロデュースしたり、寝宮にハート形のライトを飾らせたりしていました。
太皇太后が昔先々帝からされたというハート形のライトアップ。太皇太后と先々帝は仲睦まじかったんですね、思い出話をする太皇太后はとても嬉しそう~。太皇太后がいつも若々しいのは先々帝に愛された思い出があるからなのでしょうか。

しかし、そんな太皇太后の思いの前にもなかなか親密にはなれないチーションとポンポン。同じ寝室で寝ることにはなりましたが、自分は一人でベッドで寝て、ポンポンには床に布団を敷いて寝るよう指示するチーション。
チーションやチーション。女性を床で寝かせるなんて!女性は腰を冷やしちゃいけないんだぞ~!

その日の真夜中、病の江映月から呼び出されたチーションは幽蘭殿へ行ってしまいます。なんと江映月は自殺未遂をし、妊娠したと言うではありませんか。動揺するチーションですが江映月が妊娠したのは自分の子。江映月の嘘を疑うことなく「子は必ず守る」と約束します。
自殺未遂と「実は、できちゃった。。」これって時代や国を問わず追い詰められた女の常套文句なんでしょうか。チーションは別れようとしていた女の妊娠にさぞゾッとしたことでしょうね(笑)

ある日、張待医から懐妊を伝えられ絶望するポンポン、しかしこれは江映月を出し抜くためポンポンの母である范氏と緑籬が仕掛けた嘘でした。妊娠の嘘は重罪になるとポンポンは慌てます。また、同盟を結んだ九王が動揺しないようフォローするのでした。
なんだ、ポンポンは妊娠していなかったんですね。しかしポンポンママも緑籬も妊娠を偽るなんて、ポンポンに危ない橋渡らせすぎ!!

第8話「妊婦たちのララバイ」

後宮では江映月の絵が盗まれたと妃賓たちが噂話をしていました。なんでもその絵はチーションが描いた大事な絵で、ポンポンに盗まれたというのです。ポンポンはまたも江映月に因縁をつけられてしまいました。
あら~、またも江映月の罠が待っていましたね。普通の中国後宮ドラマからすると、懐妊した皇后に因縁をつけるなんて絶対できないですが、このドラマではありなんですね~。

チーションは九王に事件を解明するよう命じます。こっそりポンポンの寝室に忍び込む楊厳。棚の中に絵を発見しました。そして、江映月も密偵に様子を探らせていました。
江映月の今の立場がよく分かりません。趙王とはもう離婚したのでしょうか?趙王の元(?)正室である江映月がチーションの妃賓になるのは難しそうだけど、江映月には宮女がついているようなのでそれなりの身分ってこと???

報告する九王に対して、チーションは対応の不備を責めます。実は、チーションは江映月の嘘を見抜いていたのですが、九王の無能さを責めるために九王に探らせていたのです。
はい、黒いチーション来ました~。回りくどくて陰湿なチーション、やなかんじ~((・ω・`;))

張待医の嘘だと思っていた妊娠が真実だと分かり、にわかに受け入れることができないポンポン。チーションはポンポンの妊娠を喜び、ポンポンのために特製のドリアン粥を食べさせたり、ポンポンのそばにいるため興聖宮に移ろうとします。
普段ドリアンが大好物のポンポンもドリアン粥には興味なさそうでしたね~。妊娠して味覚が変わったのかな?

そんなチーションの行動を阻止したいポンポンは、当直制で妃賓たちがチーションと夜を共にすることを考えます。
妃賓たちって全然チーションから相手にされていない設定なのでしょうか?皇太子時代から4人以上妃賓を囲ってるってすごいですよね!

第9話「夜伽セレナーデ」

チーションに当直制を打診するポンポン。なんとかチーションを丸め込むことに成功します。
チーションって潔癖症っぽいですが、ポンポンにお願いされて断りきれなかったみたいですね~。

しかし、チーションは当直の妃賓に指一本触れず、それどころか同じベッドに入ることも、寝ることも許さず妃賓たちの不満は増すばかり。
やっぱりチーションのようなタイプって、誰かが隣にいると眠れないんですね~。でも妃賓が寝るのは許してあげてほしいです(;´∀`)

ルーリーはチーションがポンポンに一途だと言いますが、ポンポンは信じることができません。そこで張家から楊厳に嫁を出し、九王・楊家・張家の同盟を強めようと考えます。
中国も日本もお姫様や武家の娘は交渉や勢力拡大のための道具なんですね~。ポンポンがチーションに嫁いだのも張家にとって大きな意味があったのでしょうね。

選ばれたのはポンポンの従妹で、ポンポンに負けないほどの美貌の持ち主である張霊霊でした。霊霊に一目惚れした楊厳は霊霊と結婚するため、肉体を鍛えたり勉学に勤しんだりして努力します。
なんだか色々未熟そうな楊厳ですが、霊霊とはお似合いな感じですよね。楊厳と霊霊、お互いがお互いに一目惚れみたいですし、うまくいってほしいなぁ~。

ポンポンに認められ、張家を訪れた楊厳、最後の課題は張家の男たちとの酒豪勝負でした。男たちに負けず劣らず酒豪な霊霊を前にして勢いづいてお酒を飲む楊厳、無事范氏に認められ婿入りが決定するのでした。
霊霊、ちょっと待って。かめのお酒をストローでイッキ飲みってどういうこと?!楊厳嘔吐のときも霊霊はシラフっぽかったですし、霊霊ったら恐ろしい子!

太子妃狂想曲(ラプソディ)第7~9話の感想・まとめ

ポンポンの妊娠は事実だったんですね!男性の心のまま妊娠するって、すごく戸惑いそう。ポンポンもこの状態を「受け入れられないんだ」というようなことを言ってましたね。
そして楊厳と霊霊。お似合いですが何歳ぐらいの設定なんでしょう?10代後半かなぁ?楊厳はフラフラしてないで霊霊のこと大事にしてほしいですね!頼んだよ、楊厳!!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です