アテンションLOVE-あらすじ-23話-24話-感想つきネタバレありでご紹介!

台湾ドラマ-アテンションLOVE-あらすじ-23話-24話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

アテンションラブ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
シャオシーたちのレポートを奪って陥れると言うスケバン達の悪だくみも、
シャオチャオの圧倒的な権力で無事に解決しました。
彼女は自分に正直なだけで案外いい人なんですね。

自分の気持ちに気が付いたジンリーと
自覚しきれずにモヤモヤしているリージェン。
シャオシーの気持ちのベクトルはどっちを向くのでしょう。

今回は23話からです。

【アテンションLOVE】(ネタバレあり)

23話

リージェンと登校する途中の露店でシャオシーは気に入ったアクセサリーを
見つけるが予算オーバーだったのであきらめる。
その商品をリージェンがプレゼント用に包んでもらうと
シャオシーは遠慮するが、彼に「誰が君のだと言った?」と言われてしまう。

告白されたことでなんとなくジンリーを避けていたシャオシーだが
ジンリーに今まで通り先輩と後輩でいいと言われて意識することをやめる。
焼き肉店でも思ったけど、こういうところ、ジンリーは大人なのかも。

バイバイがシャオシーのところへやってくる。
彼女は、リージェンに誕生日のプレゼントをもらったのでお返しを買いたいと相談する。
リージェンの部屋にシャオシーが訪ねた時、彼は今朝買ったアクセサリーを
プレゼントしようとするが、バイバイが隣にいることに気が付き手を止める。
リージェンも買ったとき素直に渡していればこじれなかったのに・・・

ジンリーの学部の合宿の日がやってくる。
この年はリージェンの学部と合同で開催させることになった。
大学の伝統でキャンプファイヤーの最後に告白タイムが設けられているため
バイバイはリージェンに告白するとシャオシーに宣言する。
バイバイは余程自信があるんでしょうね。その自信は一体どこから?

バーベキューの時、バイバイはリージェンに料理を取り分けるが
直箸の嫌いな彼は席を立ってしまう。
その様子を見ていたシャオシーはパンを持ってリージェンを追う。
しかし話しているうちにバイバイの話になり、更にはジンリーの話で揉めてしまう。

告白タイムになり、リージェンとジンリーはシャオシーの元へ行く。
シャオシーはどちらも選ばず無理やりユービンと踊った後、
その場を抜け出したリージェンの後を追いかけるものの、
バイバイがリージェンに立ちついているところを見て去っていく。
うすうす感じてはいましたが、バイバイはどうやらあざとい系の女の子なんですね

影からのぞくシャオシーの存在を確認して
リージェンに抱き着いたバイバイだが彼に突き放される。

24話

リージェンとバイバイが抱き合うところを見てしまった
シャオシーはその場から逃げ出してしまう。
リージェンに好きな人ができたら親友として祝福しようと練習してきたのに
涙が止まらない彼女をジンリーが抱きしめる。
ジンリー、告白の答えを聞くのをやめてシャオシーの気持ちを優先させるなんて…

その頃、ユービンが一人でいるとゼミの女の子に告白される。
その時彼の頭にルーピンのことが浮かび、そのままルーピンのアパートまで
告白をするためにタクシーで駆けつける。

夜、内輪だけのパーティが行われ、ジンリーの友人たちが
ゲームにかこつけてシャオシーを酔わせることを企む。
ところが、その話を聞いていたリージェンがシャオシーの代わりにお酒を飲んで潰れてしまう。

シャオシーが酔っぱらってしまったリージェンを介抱していると
酔っていた彼はシャオシーに告白とキスをする。
ところが、バイバイはシャオシーが水を取りに行っている隙に、
リージェンが自分に対し告白とキスをしたが憶えているか、と尋ねる。
バイバイが好きになれない理由はコレでした。なんて小賢しいんでしょうね。

リージェンはバイバイの話を聞き、もう一度キスしようとする。
それは、容易に他人に触れられない彼が本当にキスしたのか確認するためだった。
バイバイの話が嘘だと見破ったリージェンだが、そのシーンはシャオシーに見られていた。

帰りのバスでバイバイはシャオシーの隣に座り、リージェンに告白されたと話す。
バイバイはリージェンの気持ちが本気だと思うかとシャオシーに聞くが
不穏な空気を感じたシャオチャオがバイバイを追い出し隣に座る。
シャオチャオ、かっこいいですね。それにしてもバイバイは虚しくならないのでしょうか

バスが学校に着くとバイバイはリージェンの部屋に母からのプレゼントのイヤリングを
忘れたから探したいという口実で彼のアパート行く。
バイバイはリージェンに振られるが、その時帰ってきたシャオシーの姿を見て
シャオシーが誤解するようにわざとリージェンに抱き着く。

23-24話の感想

ジンリーはシャオシーとリージェンがお互いに想い合っていることに気付いて
身を引いて今まで通り先輩後輩として接してくれるようになりましたね。
シャオチャオも実は悪い子じゃなかった(というかむしろいい子)だし
ジンリーとシャオチャオがうまくいってほしいな~なんて
勝手なこと考えてしまいます。

バイバイは姑息な手段を使ってるけど、そんなイヤな女を
リージェンが好きになってくれると思っているんでしょうか。
自分がかわいいから振られるはずがない、と思っているんでしょうね。
やれやれ。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です