ミーユエ-あらすじ-55話-56話-57話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-55話-56話-57話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
王后が殺人蜂にかかわっているという真相は明らかにならなかったが、秦王は、稷を太子にしようと寝殿を移し、教育も始めた。しかし、そんな中、秦王は病で倒れてしまう。

秦王は、死の間際に、蕩に兄弟の命を決して奪わないことを誓わせ、蕩を王位につかせた。

秦王の死後、遺詔がもう1枚あることが判明し、王后はなんとしてでも手に入れようと必死になる。ユエを疑い、責め、そして、稷を蜀侯に封じるという遺詔を焼いてしまいます。

ユエ親子の命を奪うことまで言ってのけてしまうこれからの恵后の動向が気になります。では、今回は55話から57話をお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

55話 遠い地へ

咸陽には、華公子の兵や魏冉の兵が集まってくる。恵后は、ユエ親子と樊長使を秦王の殉葬にさせようとしていたが、今、王族たちに口実を与えたら、謀反を起こすかもしれないので、それはとどまるようにと、樗里疾が食い止める。
殉葬というすごい口実を考えたものですね!

恵后は、魏頤からの提案で、ユエ親子を燕に人質として送ることを決める。

庸ゼイと張儀は、燕に向かうユエと稷を見送る。

そして、張儀も、無能な王に仕える気はないと、秦を去る。去り際に、庸ゼイに、いつかユエ親子が秦に戻ってきたときには、助けてやってほしい。その時には自分も戻ってくると言う。
張儀いいね!

燕に向かう道中で、車輪が壊れて進めなくなる。杜錦将軍は、ユエたちに歩くように命令をする。逆らうものは容赦はしないと強気の姿勢をみせるが、そこへ魏冉がやってきて、杜錦将軍を捕え、ユエたちを助ける。

恵后は、もうひとつの遺詔を手に入れようと嬴夫人のもとにおしかける。

遺詔のことを言わない嬴夫人に、白状させるために、侍女たちを連れ去ろうとするが、そこに樗里疾と庸ゼイが駆けつけ、制止される。
ここまで強引なことが許されるなんて!

庸ゼイは、嬴夫人に秦を出ることを諭すが、嬴夫人は秦に残ることを決めていた。

魏冉は、ユエたち一行を趙の国境まで送りとどけ、別れを告げる。

趙に入り、義渠君とその手下たちに遭遇する。義渠君は、ユエに、一緒に義渠の草原で暮らそうと提案をする。

56話 極寒の地

義渠君はユエに自分の王后になるように求めたが、ユエは、これからは自分の人生は自分で決めたいと言って断る。
義渠君のユエを想う気持がいいですね!

義渠君は、ユエに金銀財宝と毛皮を贈り、遠くから見送る。

やがて一行は、燕の都、薊の駅館に到着する。外は大雪が降っていてかなり冷え込んでいる。
寒さがこたえそうです!

杜錦将軍が、燕に嫁ぎ宰相夫人となった茵に恵后からの進物と国書を渡す。そして、ユエに恨みをもっている茵は、必ず期待に応えると、恵后に伝えるように言う。
国書がどんな内容だったかわからないけど、怖いことが起きそうですね

易后から連絡があるはずであるが、3日経っても何の連絡もない。そこで、ユエは駅丞に頼んで、文を届けてもらおうとしたが、それに気付いた茵は、その文を手に入れ焼いてしまう。
茵はかなりのものですね!

駅丞に頼んでも返事が来ないので、ユエが自分で言づてを頼みに行く。

茵に買収された駅丞は、ユエたちが眠る部屋に火を放つ。なんとか無事に外に出ることができたが、葵姑が、自分が稷のために作った毛皮を取りに戻り、命を落としてしまう。
ユエのショックはかなりですね!

葵姑のために、ユエは立派な葬儀を行うことを考える。

57話 旧敵

鎮火した部屋に入ると、宝石箱がなくなっていることに気がつく。火事のあと、姿を消した駅丞の仕業であると推測する。

茵の侍女の菱児が、易后の侍女の青青にユエたちのことをこっそり教える。
人のいい侍女もいるのですね!茵の侍女にしておくのはもったいない!

ユエたちは、宝石もなくなり、厳しい生活を強いられる。
寒そう!

青青は、易后に、見知らぬ女から、ご旧友が人質として薊にいるという言づてをされたことを伝える。

易后は、宰相の郭隗から、蘇秦が燕に来ていることを聞き、都に入ったら王宮に招くように命じる。

郭隗は、易后に、秦の人質たちに何の不自由もないように遇しているのに、尊大にふるまい、不平を述べていると伝える。易后は、国書に恵后の文もあり、それには、人質を厳しく監視し、厚遇しないようにと書かれていたことを伝え、どうすればよいか郭隗に相談をする。郭隗は、知らぬふりをするのがいいと答える。

ユエは、自ら郭隗に会いに行き、劣悪な暮らしを訴えたが、郭隗は冷遇するようにとは命じていないと言う。

そして、ユエ親子に正装の着物が贈られ、宰相府の黄金台に招かれる。

だが、そこで待っていたのは、茵だった。茵が宰相の夫人で、ユエたちを招待したことを知ることになる。茵から施しを受けたくないと思ったユエと稷は、着物を脱ぎすて、薄着で宰相府を出る。
稷の気概すごいですね!それにしても、茵とまた関わることになるとは!

寒さに震えながら歩いているユエたちに、救いの手をさしのべたのは、蘇秦だった。
やっと今の状態から抜け出せそう!期待!

55話から57話の感想

秦王が死んでからは、ユエたちは大変なことになりました。なんとか命びろいをして、燕に行くことになりましたが、燕では、旧敵の茵が待ち受けていて、これでもかというくらいの厳しい状況に置かれていますね。茵のやり口も相当なものです。

それでも、ユエには心強い味方がたくさんいますね。張儀も立派でしたし、義渠君も素敵でした。こんなに思ってくれると、強く生きていくことができます。

ショックなのは、葵姑の死ですね。楚からずっとそばにいて、なんでも相談でき、頼りにしていた一番大事な人でした。ユエの表情がそれを表していましたね。

さて、シーンの最後で登場したのは、蘇秦でしたね。このつらい状況からユエたちを救ってくれる救世主になってほしいな。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です