永遠の桃花-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-永遠の桃花-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

永遠の桃花



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
夜華は、正式に皇太子となりました。雷に打たれ、そして、雷刑も受けなければならず、体はかなり負担がかかっています。

一方、素素は、素錦の罠にはまって、つらい日々を送っていますが、産気づいていよいよ出産まじかとなっています。無事に産まれてくれたらいいですね。でも、玄女も早産で子供が産まれてきそうになっています。

皇太子になったら、素素を娶ると約束した夜華は、約束を守ってくれるのでしょうか?では、今回は、25話から27話をご紹介いたします。

【永遠の桃花】(ネタバレあり)

25話 新しい生命

夜華は、皇太子となった日も、雷刑を受ける。
体は大丈夫なのかしら?

玄女は早産で、男の子を産むが、病児であることを知った離鏡は、司音を裏切った罰だと考えて、苦しむ。

素素も産気づき、素素は、無事に男の子を産む。夜華が素素に会いに行くが、素素は相手にしないのだった。しかし、夜華は、素素との約束の婚儀の準備を進めていた。

子どもの名前は、素素が考え、阿離と名付けられた。

折顔は、東華帝君に擎蒼の封印のことで情報を得るために来ていたのだが、帰りがけに素素を見かけ、素素が、白浅に似ている上に、桃の花の香りまですることに気づくのだった。
うーん。気づいてくれたかな?

織越は、東華帝君にかわいがられている狐の鳳九を鎖妖塔に閉じ込めたことを白状し、それを聞いて、東華帝君は急いで助けにいく。
ひどいことをしますね!

目を覚ました鳳九は、司命星君から、東華帝君が青丘に帰るように言っていると聞き、青丘に帰る。
仕方ないですね!

鳳九は青丘に戻り、白浅が擎蒼の封印のあとから、姿を消していることを初めて知る。そして、白浅を裏切った少辛のことも聞き、少辛に会いに行き、白浅の破雲扇を返してもらう。

父である白奕が鳳九のところに来る。
お父さんは怒っていますね!大丈夫かな?

26話 堕ちていった愛

素素は、夜華の愛を信じることができなくなり、将来をはかなんで、一人で誅仙台へ行き、飛び降りる。誅仙台は戻りたいところに戻れるという場所であった。
誅仙台は、命を取られるところではなかったのですね!

東華帝君は、人間界に行き、鳳九と婚姻を結び、鳳九の願いをかなえてやりたいと言う。

飛び込んだ素素をつかまえようとして、夜華も誅仙台から落ち、夜華は、重傷を負う。ちょうど天宮にいた折顔は、夜華を治療することになる。そして、折顔が、夜華の命は助かったが、目が覚めるかどうかは運次第と言うのだった。

折顔は、素素が誅仙台から飛び降りたことを知り、桃林十里に行くと、白浅が怪我を負って倒れているのを見つける。

やがて、白浅は目を覚まし、折顔に擎蒼を封印したあとの話をする。擎蒼に記憶と仙力を封じられ、俊疾山に落とされ、苦しみを味わったと。そして、折顔に忘れたい記憶を消す薬のことを聞く。折顔に、薬はあるが、いったん飲めば後戻りはできない。過去のすべての記憶が消えてしまうからよく考えるようにと言われる。
白浅は元に戻れたのね!でも、つらい記憶は残っているのね!

夜華はなかなか目を覚まさなかった。そこで、東華帝君が、夜華を救う手立てとして、天族の秘宝の結魄灯のことを持ち出す。これは、離散した元神を集めるものだった。しかし、それは素錦族がもっているもので、今は素錦の母親の副葬品になっていた。

素錦は、すぐに母親の墓に向かい、結魄灯を取り出し、天君に渡す。素錦は、天君に再度夜華の側室にしてくれることをお願いし、天君と約束を取り付ける。

27話 消えた素素

東華帝君は、戻ってきた結魄灯に火をともし、3日間、火を消さないように守り、夜華の元神を回復させる。
白浅は、過去のつらい記憶を消す薬を飲んだ。目を覚ましたら一切の記憶がなくなっているのだが、白浅の目は、強い光を見ることができなくなっていた。

目が見えにくくなっていることをいぶかしく思うのだったが、兄の白真が、父が黄泉の玄光で目隠しを作ってくれたので、これをつければ物は見えると教えてくれる。そして、白浅は、人間だった間に試練を体験したことで、上神に昇格したことを知らされる。

白浅は、墨淵のことを思い出し、墨淵の仙体のところに駆けつける。そして、何の変化もしていないことに気がつくと、折顔が、もしかしたら、墨淵は、じき目覚めるかもしれないと言う。
墨淵が復活できるのかしら?

天宮では、夜華と素錦の婚儀が行われることになった。

夜華は、ずっと墨淵の仙体を探しているのだったが、墨淵を生き返らせる方法を司音に聞きたいと考えていた。それは素素を生き返らせたいからであった。

素錦が、輿に乗って洗梧宮に来たのだが、夜華は突然剣を抜き、素錦を刺し、扉をしめてしまった。
本当に嫌われてしまいましたね!

夜華が手にもっていた玉清崑崙扇が、突然消えた。それは、持ち主である司音が現れたからであると考え、崑崙虚に行く。白浅も崑崙虚にいたのだが、すれ違ってしまうのだった。
惜しい!

天君は、素錦には結魄灯の功で側室になることを命じたと夜華に告げると、夜華はそれであれば従うと答える。

25話から27話の感想

今回はいろいろな展開がありましたね。素素は、せっかく男の子を産んだのに、抱くこともなく、決別してしまいました。人間になってからの記憶もすっかり消えてしまったから、子どものことも忘れてしまいました。この記憶は絶対戻らないのかしら?

素錦は、自分のことしか考えていなくて、恐ろしいですね。夜華を追い求めばかりで、夜華に好かれるわけがないですよね!子どものころから、あまり好かれていないようでしたし。あまりにひどいことばかりするので、とうとう夜華に剣で刺されてしまったけど、命は大丈夫のようでしたね。

白浅は、元に戻ることができました。皇太子との結婚の話を聞いて、憤慨していましたが、早く会えるといいですね。でも、過去の愛し合った思い出は覚えてないのですよね。ちょっと頭が混乱しそう!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です