永遠の桃花-あらすじ-28話-29話-30話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-永遠の桃花-あらすじ-28話-29話-30話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

永遠の桃花



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
白浅は、人間だった時のつらい記憶を消しさってしまいました。一方、夜華は、素素との思い出を忘れたくないので、記憶を消す薬は飲みませんでした。死んだと思っている素素を生き返らせたいと考えています。

素錦が輿入れで洗梧宮に来たところを、夜華は素錦を剣で刺してしまいました。しかし、天君から、素錦には結魄灯の功で側室になることを命じたと言われ、側室にすることを承諾しました。

夜華はどうしようとしているのでしょうか?では、今回は、28話から30話をご紹介いたします。

【永遠の桃花】(ネタバレあり)

28話 結魄灯の火

素錦は、素素をよみがえらせる方法を教えるので、洗梧宮に住まわせてほしいと夜華にお願いする。それは、結魄灯を使うというものだった。夜華は、娶らず、住むだけという条件をだし、素錦は納得した。

よみがえらせるには、素素に関わるものを結魄灯の火で燃やせば、結魄灯はその匂いを記憶し、素素が千里四方に残した匂いを吸い込んで、吸い込み終わると亡くなった素素にそっくりの者を作り出すというのだった。

夜華は、結魄灯を灯し、素素のものを燃やし続け、300年も待っていた。
夜華の想いは強いですね!

鳳九は、白浅の誕生日に、白浅が喜ぶ贈り物として、墨淵をよみがえらせることができる結魄灯を手に入れようと、素錦に化けて、洗梧宮に入りこむ。
鳳九はばかなことをしますね!

結魄灯が盗まれ、夜華は、失意にうちひしがれる。
立ち直れるかしら?

鳳九は、白浅に問い詰められ、結魄灯を盗んできたことを白状する。そして、すぐに返してくるように言われる。

鳳九は、天宮で司命星君に会い、自分が結魄灯を盗んだことを話す。連宋と司命星君がとりなしてくれ、鳳九は追及はされないですんだ。
鳳九は、正直で素直なのに、なんでこんなことをしたのかしら?

俊疾山に行っていた阿離は、山で迷子になり、妖怪に襲われる。そして、そこにいた女性に助けられる。

29話 東海水君の祝宴

妖怪に襲われた阿離を助けたのは、東海水君の妹の繆清だった。夜華はお礼を申し出ると、繆清は、そばに置いてほしいと願い出る。夜華は、10日間だけということで滞在させることにする。
また、夜華に一目惚れした人が出現!

白浅は、東海水君に息子が生まれ、祝宴に行くことになる。

司命星君が、鳳九を迎えに、青丘に来る。そして、鳳九は、白浅に内緒でこっそり青丘を出る。
また何かしでかさなければいいけど!

鳳九が連れてこられたところは、修練のために人間界で皇帝となった東華帝君のところだった。そして、司命星君の手引きで、鳳九は妃になりかわり、後宮に入る。
東華帝君が若くなりましたね!

鳳九は、宮女の身なりをして、偶然を装って東華帝君に会う作戦をとったのだが、会うことはかなわなかった。その上、皇后に禁足を命じられてしまう。

桑籍は、妻のために桃がほしいと折顔に頼む。少辛は、毎年白浅に会いに来ていたが、一度も会うことはかなわずにいた。

白浅は、東海水君の祝宴に行く前に十里桃林に立ち寄り、折顔が作ったお酒を飲みだす。

繆清は、夜華の側室になりたいと東海水君に話し、東海水君は、繆清の願いがかなうように策を考える。

木の上でお酒を飲んでいた白浅は、夜華が歩いてくるのを見る。
再会となるのかしら?

30話 運命の再会

木の上でお酒を飲んでいた白浅は、夜華を見て、木から落ちそうになり、夜華に抱きかかえられる。夜華は、白浅を素素と思うのだが、その姿はすぐに消えてしまった。
会えました!

白浅は東海水君のところに着き、砂を掘って珊瑚をさがしている阿離に会う。そして、白浅が、破雲扇を貸してあげ、一度仰ぐと、大きな風が吹き、白浅の目隠しが形をあらわす。それを阿離が見ると、母上と呼び、抱きつく。そこへ、夜華がきて、白浅を素素だと思う。
阿離がひきつけたのですね!再会できました!

そして、白浅に触れようとした夜華は、白浅から手をはらわれる。夜華は、人違いをしたと言って謝る。

少辛が白浅のところに来て、謝罪する。夜華は、二人が話しているところを見て、白浅の動きや癖が素素と同じであると感じ、そして、腕の火傷を見て素素であると確信をする。

夜華が素素と思った人が、婚約をしている白浅であるとはじめて知る。そして、阿離は、母と思い、天宮に戻ろうと言う。

白浅は、祝いの品をおいて、帰ろうとするのを夜華がとめて、一緒に祝宴に出席する。
強引に引き留めましたね!

夜華は、素素が記憶をなくしたふりをしていると思っていた。

夜華が席を外した間に、白浅は阿離と外に行き、阿離から夜華と阿離の母の話を聞く。
話を聞いても何も思い出さないのね!自分の子どもなのにね…

28話から30話の感想

夜華は、やっと素素と再会できました。念願がかないましたね。自分が思っている素素が、白浅であるとわかってよかったです。でも、白浅は、一切の記憶がなくなっているので、どうなるのでしょうか?二度目の恋に落ちるのかしら?

東華帝君の人間界に修練のために行くという発想が面白いですね。人間界で皇帝になって女性にかこまれ、修練になるのかしら?そこへ、鳳九が妃となって、入り込むのですから、鳳九の滑稽なシーンがまた見られそうですね♪東華帝君は、人間になったので、鳳九の顔がわからないのかしら?でも、鳳九はいろいろやりますね。あの夜華が大事にしていた結魄灯を盗むなんて、ほんといけないことをやってくれましたね。

阿離がかわいいですね。賢くて、おしゃべり上手で。母上をやっと見つけたからには、阿離も白浅を離さないのではと思います。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です