永遠の桃花-あらすじ-31話-32話-33話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-永遠の桃花-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

永遠の桃花



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
東海水君の祝宴に参加するために向かった白浅は、そこで阿離と出会う。そして、目隠しをした白浅を見た阿離は、白浅を母上と呼んだ。

夜華も白浅を見て素素と思い、素素がわざと記憶をなくしたふりをしているのだと思うのだった。

しかし、夜華は何かおかしいと感じ、天宮に戻る前に十里桃林に寄ろうと考えていた。では、今回は、31話から33話をご紹介いたします。

【永遠の桃花】(ネタバレあり)

31話 止められない恋心

夜華は、折顔のところに行き、命を救ってくれたお礼を言う。そして、夜華は、白浅は素素ではないかと思い、白浅のことについていろいろ聞く。
確証がほしいですよね!

白浅は、白真のところに行く途中、思いがけず離鏡と会うことになる。離鏡は、7万年もの間、探していたと告げ、自分が悪かったと謝る。しかし、白浅は、離鏡を許すことはできず、絶縁を告げる。そして、自分は天族ではなく、青丘の白浅であることを明かす。

夜華は阿離と一緒に青丘に行く。

白浅が青丘に戻ると、阿離が来ていて、父上と母上と一緒に青丘に住むと言う。
阿離がキューピッド役ですね!

鳳九は、東華帝君の侍者から夜伽を告げられる。そして、迎えを待っていたが、来たのは迎えではなく、二人の妃で、額にあるあざを道士に見てもらうと言われる。そして、道士からこのあざは妖花であると告げられ、軟禁されることに。

人間になった東華帝君は、そのことを聞いて放っておくようにと命じ、軟禁はとかれる。そして、鳳九は、東華帝君の夢の中に入り、恩返しとして一番の願いをかなえるので、教えてほしいと聞くのだった。東華帝君は、富も天下も要らない、愛がほしいと答える。
鳳九は愛をあげるのかしら?

白浅と阿離が市で買い物をしていると、夜華が来て、いろいろと買い物をしてまわる。材料はそろったが、迷谷は料理ができなかった。

32話 初めての家族団欒

迷谷も白浅も料理ができないので、夜華が料理をすることになる。白浅は夜華が突然青丘に来た理由がわからず、墨淵の仙体を取り戻そうとしているのかと疑う。

夜華は、数日、青丘で過ごすことになる。執務できる部屋を用意してもらい、文書も届けさせる。

夜華が白浅のところに行って一緒に住んでいることを聞き、素錦は心穏やかでない。素錦は、邪魔ものである白浅を取り除くために、白浅から縁談を断らせる策を考える。

繆清は素錦のところに挨拶に行く。侍女として仕えたいという繆清に、素錦は、夜華の妃になるように縁談をまとめてあげると言う。

素錦の侍女が青丘に行き、白浅は未来の天君の妃であるから、夫婦になる前から肌を重ね、むつみあうことは許されないのだと高慢な態度で言うので、青丘の民は怒って、侍女を追い出してしまう。

素錦は、天君の誕生日を利用して、何か企みを思いつく。
また何か悪いことをしようとしてますね!こわいです!

夜華は、阿離と白浅を連れて、人間界に行く。そして、今日は阿離の誕生日であることを告げる。白浅は人間界を歩いていて、昔、ここにいた気がするのだった。
記憶が戻ることもあるのかしら?

天界からの知らせで、夜華は天宮に急いで戻る。白浅と阿離は、茶館で夜華が戻ってくるのを待つことにする。

33話 卑劣な企み

やっと人間界に戻った夜華は、人間の動きをすべて止め、白浅に口づけをした。
阿離が思わず目を隠すのがかわいいですね!

夜華は、素素の記憶をすっかりなくしている白浅に、思い出さなくてもいいと思うようになる。そして、夜華は、天君の誕生日祝いの宴に出席するために、一人で天宮に戻る。

素錦は、夜華が一人で天宮に戻ったのを確認し、夜華を足止めするための策を実行するのだった。素錦は、一人でいる元貞を天君のところに連れていくと言って、洗梧宮に連れて来る。そして、術をかけ、寝台に寝かせる。仕掛けをしたあと、素錦の侍女が、素錦が辱められ、自害しようとしていると叫びながら、人を呼びに行く。
人を巻き込んで本当に卑劣ですね!

天君の前で、元貞は何もしていないというのだったが、素錦が涙ながらに訴えると、元貞は捕えられ、人間界で60年間修練させられることになる。

夜華は、素錦に全部芝居であることはわかっているが、殺さないのは素素の目があるからだと明かす。そして、素錦の愛は何の価値もないとはっきり告げる。
言われてしまいました!少しは懲りてほしいですね!

鳳九は、2年もの間、皇帝となった東華帝君をひたすら待っていた。そんなある日、皇帝の側に侍ることができた。皇帝は、額のあざを見て、美しいし、懐かしい気がすると言うのだった。

31話から33話の感想

白浅は阿離から母上と呼ばれることにあまり抵抗感はないようですね。手をつないで買い物に行く姿は、ぴったりです。夜華も素素のことを思い出さない白浅ですが、本人であることは間違いないと確信して、もう一度初めから愛を築いていこうとしているなんて、とても素敵ですね。

ただ、素錦は恐ろしいですね。自分のためには何でもやり通してしまうので、人間界にいている白浅が心配になります。

人間界での修練は、かなり大変ですね。と言っても、今、人間界にいる私たちは修練をしていることになるのかしら?なんて考えると司命星君に、いい人生になるようにしてくださいとお願いしたくなりますね♪

東華帝君の愛がほしいという願いは、鳳九がかなえさせてあげるのかしらね。この二人の行方も楽しみです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です