永遠の桃花-あらすじ-40話-41話-42話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-永遠の桃花-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

永遠の桃花



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
白浅は、夜華に連れられて、九天にきました。それを知った素錦は、企みをくわだてるが、失敗に終わります。素錦にそそのかされた繆清は、東海へ帰るように夜華に言われてしまいます。

夜華は、白浅が自分のことを愛していないのでないかと思い始めています。では、今回は、40話から42話をご紹介いたします。

【永遠の桃花】(ネタバレあり)

40話 狙われた臙脂

繆清は、東海へ帰るように言われ、素錦に助けを求めるが、素錦は冷たく突き放す。

夜華は、このようなことが起こっても、白浅が嫉妬するどころか他人ごとのようであるので、自分のことが白浅の眼中にないことがわかり、落胆する。そして、白浅にあの者をいつまで待つ気だと言い放つ。
夜華がはじめていらだっていましたね!不安からかしら?

離鏡は、白浅に会うこともできなくなり、苦しみ続ける。

離鏡が、翼界に戻ると、離怨が死に、玄女が脱獄したことを知る。離鏡は、臙脂をすぐに連れ戻し、玄女は見つけたらその場で殺すように命じる。

自分の子どもを抱いた玄女は、臙脂の店までたどりつく。玄女は、離怨に言われた通りに、臙脂に同情を引く話をする。
臙脂は心のやさしい人なのですね!

子闌は、人間のふりをして、臙脂を見守っていた。

鳳九は、皇帝の心を踏みにじることはできないと思うのだったが、司命星君が来て、皇帝を絶望させる台本を渡される。台本の通り、貴妃のところを訪れ、貴妃から毒を飲まされたと皇帝をだますことになっていたが、鳳九にはできなかった。そして、司命星君に2年待ってもらうことにしたのだった。
鳳九にできるわけないですよね!

玄女は、臙脂を殺そうとするのだが、子闌がそれを遮る。

41話 愛と勇気の証

果実酒をたくさん飲んだ阿離が全く目を覚ます様子がなく、奈奈が心配して、白浅のところに連れていく。けれども、白浅は酔いが覚めるのに時間がかかっているだけと言って、全く動じなかった。
お酒を飲んで目を覚まさないって面白いですね!

阿離のことを知った夜華は、白浅を非難し、気まずくなる。
夜華が、白浅を非難しましたね!夜華の気持ちに変化が起きているのかしら?

皇帝の東華帝君が刺客に襲われ、一緒にいた鳳九が皇帝の代わりに矢を受け、怪我を負う。皇帝が鳳九を抱えて、医者を探していると、臙脂が偶然、鳳九を助けてくれたのだった。
皇帝の代わりに矢を受けるなんて、鳳九の覚悟はすごいですね!

そこへ、玄女がやってきて、匂いから狐族だとわかり、そして、その女は鳳九であるとわかる。

玄女は、臙脂から、神芝草があれば、応児を生き返らせることができると教えてもらう。

臙脂は長くここにいたから、別のところに行こうかなと言うと、子闌は、一緒について行くと言うのだった。
子闌は臙脂に気があるのかしら?

目を覚ました鳳九は、皇帝に褒美は要らないから、生まれ変わっても自分を覚えておいてくださいと告げるのだった。
鳳九の心からのお願いなのね!

阿離が目をさましたというので、白浅は紫宸殿にいる阿離に会いに行く。

42話 復活の予兆

疊風の兄で600年もの間、寝たきりになっている疊雍の治療を託されている折顔が西海に行き、治療をしていた。そして、折顔は、墨淵が疊雍の仙気で養われていることを確信する。

折顔は天宮に行き、夜華に墨淵が目覚めそうであることを伝える。西海の王子の体を借り、元神を回復中で、7・8000年後には戻ってくると。そして、結魄灯があれば早く目を覚まさせることができると、夜華は教えてもらう。
夜華はやさしいですね!

素錦が正式に白浅に挨拶に来る。そして、夜華が、阿離の母親のことをどんなに深く愛していたかを語る。白浅は、まったく動じず、かえって素錦をやりこめてしまうのだった。
さすが白浅ね♪

そして、白浅は、素錦は素素から目を奪ったことを知る。

折顔から、墨淵が間違いなく戻ってくると言われた白浅は、夜華に文を残し、急いで西海へ向かった。

鳳九は、司命星君から、2年経ったので、約束を守るように言われ、頭を悩ましていた。

鳳九と皇太子が庭園で話をしていたときに扇が突然宙に浮き、取ろうとして二人が床に倒れてしまった。それを皇后が見て、二人が抱き合っていたと皇帝に報告する。しかし、皇帝は、その話をする者は死罪であると告げるのだった。

牢に入れられた鳳九は、司命星君から皇太子との私通を認めるようにと迫られる。
鳳九はどうするのかしら?

40話から42話の感想

鳳九には、東華帝君に悲しい思いをさせることなんてできないですよね。帝君の代わりに矢を受けるくらいですから。でも、司命星君に強く迫られていましたね。どうするのか気になりますね。でも、もし認めたら、元貞は、二度目の冤罪になりますね。それもかわいそう!

そして、墨淵が目覚めそうです。白浅にとっては、うれしいことですが、夜華は複雑な心境ですね。白浅が自分を想ってくれていないことを感じ始めているようだし、白浅は素素ではないことを突き付けられている感じですね。でも、夜華の急激な胸の痛みは何でしょう?墨淵とやはり関係があるのかしら?

ドラマも後半戦ですね。気になることが盛りだくさんで、今後の展開に目が離せません。最後まで楽しみです♪

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です