永遠の桃花-あらすじ-52話-53話-54話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-永遠の桃花-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

永遠の桃花



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
擎蒼の封印が解けそうになっているのを知り、離鏡は、婚儀を控えた白浅に何か起こることのないように、自分の命をかけて擎蒼を再度封印をする決意をしていた。

夜華は、人間界で照歌という名の神童で、10歳だった。白浅は、照歌に会いに行き、他の女子と結婚してはいけないと言い含めるのだった。

白浅は嫉妬心が強いようですね。照歌の今後が気になります。では、今回は、52話から54話をご紹介いたします。

【永遠の桃花】(ネタバレあり)

52話 三生石の悲劇

人間界にいる照歌のところに、素錦という名の従姉が来る。そして、素錦が、照歌に、二人の縁談が決まったことを伝えると、照歌は、大きな声ですぐに断ると言うのだった。
人間界でも嫌われてしまいましたね!

鳳九が泣いてばかりいるので、迷谷は、鳳九が女帝になれば、九天の朝議で帝君に会うことができるとなぐさめる。すると、鳳九は女帝になることを決め、女帝の礼法の書物を読み始める。

司命星君が、鳳九が女帝になることを聞き、お祝いに史籍を持ってくる。それは、帝君が四海八荒を治めていたころの記録だった。そして、帝君は、天宮では鳳九と結ばれないので、鳳九の願いをかなえるために、人間界に行ったことを知らされる。

東華帝君が男女の縁を決める三生石から自分の名前を削ったため、女性を愛しても決して結ばれない運命だと知った鳳九は、自分の尾を剣で切り取る。青丘の狐の尾は執念を神器にすることができるので、三生石に帝君の名を刻もうと考えたのだった。
すごい覚悟ですね!

鳳九は、誅仙台にある三生石のところに行き、自分の名前を見つけ、帝君の名を刻もうとするが、刻めないのであった。そして、鳳九は倒れてしまう。

東華帝君は激痛で苦しむ鳳九のところに見舞いに行く。目をさました鳳九は、帝君の腕の中に入り込んだ。
やっぱり帝君は鳳九をとても大事に思っているのですね!

53話 止められない嫉妬心

東華帝君は、腕の中の鳳九の額にキスをした。そして、外にでると、自分が来たことを言わないようにと皆に告げた。

素錦は、素素にそっくりの人間を作り上げ、仙術を使って人間にし、人間界に送ろうとしていた。白浅に嫉妬心を起こさせ、苦しめるのが目的だった。
いろいろ考えだしますね!

18歳になっている照歌は、道ばたにいる女性をみて、声をかける。子どもの頃、自分と結婚するのよと言った女性と似ていたからだった。しかし、別人だった。だが、その女に屋敷に来るように告げる。
何か起こりそうですね!

白浅は、崑崙虚をあとにして、人間界にいる夜華に会いに行ったのだが、夜華の側に女性がいることに嫉妬を覚える。
嫉妬しなくていいのに・・・

そこに、素錦が来て、夜華が一人では寂しいから、夜華の思い人の人形を作ったことを教える。その思い人とは、素素のことであった。素錦は、白浅に嫉妬心を起こさせるように、あおるのだった。

白浅は、素素のことを忘れられない夜華は、素素に似てるから自分を好きになったのなら、自分は身代わりなのではないかと悩み始める。
素錦の思う壺のような気がするけど・・・

自分のことは忘れても、素素のことを忘れない夜華にとって、大切なのは自分ではないと白浅は思うのだった。

54話 よみがえった記憶

夜華に本当に愛されているのかがわからなくなった白浅は、苦しみ、酒を浴びるように飲んでいた。そして、酩酊して、結魄灯をうっかり落として壊してしまった。その瞬間、素素だったときの記憶が一遍に戻ってきたのだった。
つらい記憶を思い出してしまった!

白浅は、鳳九に、自分が素素であることを話す。

白浅は、修練で人間だった時に素錦に目を奪われたので、自分の目を返してもらおうと考える。そして、素錦のところへ行き、自分で素錦の目を奪い取る。
簡単に取り戻せるのね!

鳳九が白浅を追って、九天に行くが、中に入れず困っているところを、司命星君に助けられる。そして、白浅が素素であったことを話す。

白浅は、素素だったころのつらい思いがよみがえり、夜華とは一緒になれないと思うのだった。
あの記憶を思い出したら、つらいですよね!

照歌は、白浅と再会できないでいた。死んだら数珠と一緒に葬ってほしいと頼んで早世してしまう。そして、夜華は目を覚まし、崑崙虚で、墨淵と対面する。墨淵は、夜華が父神の子であり、自分の弟であることを話す。

素錦は、天君に訴えに行くが、鳳九が強く反論する。そこで、東華帝君が間に立って、お互いの話を聞くことになる。
帝君らしい!

52話から54話の感想

白浅が、素素だったころのことを思い出してしまいました。天界に行ってからは楽しいことなど何もなかったですものね。夜華からも冷たくされ、目も失われて・・・それを思い出してしまったら、夜華との婚儀も考えてしまいますよね。白浅は、どうするのかしら?

でも、すべての元凶は素錦で、その素錦をやっと追放できそうになっているから、白浅には、人間界で夜華と一緒に過ごした楽しい日々を思い出してほしいですね。あの一番幸せだった頃を♪つらい思い出ばかりではなかったのですから。

さて、照歌が早世したので、夜華が天界に戻ってきますね。白浅の心を取り戻せるのかしら?人間界では、結局、白浅と再会できず、さびしい一生になってしまいました。天界でも同じようなことが起こらないことを祈ります。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です