王女未央-BIOU-あらすじ-13話-14話-15話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-王女未央-BIOU-あらすじ-13話-14話-15話-感想つきネタバレありでご紹介!-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
涼の祖母を殺した李敏峰は未央の護衛だった君桃によって護送中に殺されます。これで未央は復讐の一つを果たしました!でも恐ろしい叱雲柔の報復が未央に返ってきます・・。

【王女未央-BIOU】(ネタバレあり)

王女未央・第13話

李敏峰が襲われ死んだことを知らされて母親の叱雲柔と李敏峰の妹、李長楽は嘆き悲しみます。すべては李未央のせい・・・叱雲柔は復讐に燃えて仕返しを誓うのでした。
李敏峰は李未央が偽物ではないかと疑っていました。なので叱雲柔は李未央のいた村を調べさせます。そして何かを確信し、未央を陥れる計略を練るのでした。

自分たちが未央の救済策を盗んだり紫煙を殺したりしているのに、李敏峰が死んだ原因はすべて未央だ、と未央を悪者にする二人。まあ悪人ってだいたいそうやって自分の罪を認めないものだけど悪辣な親子ですねえ・・・

一方未央は李敏峰が殺害されたことを知り、一つの復讐が完成したことを喜びます。しかし誰が李敏峰を殺害したのかわかりません。また自分に叱雲柔たちが何かを仕掛けてくるだろうと予想して身構えるのでした。

そして李家の一族が清風観に出かけた際、未央は君桃と再会します。未央は君桃が李敏峰を殺害したことを知り、加えて自国、涼を滅ぼした叱雲南(しつうんなん)の企みに叱雲南の叔母である義母の叱雲柔もかかわっていたことを聞かされるのでした。

そんな時、未央に会いたいという女性がやって来ます。それは叱雲柔のはかり事だったのですが・・。

王女未央・第14話

叱雲柔の悪だくみによって、本物の李未央ではない、と疑われた憑心児。偶然やってきた拓跋濬と南安王が見守る中、村で未央を育てていた劉という女も未央は別人だと言い張り、窮地に陥ります。
拓跋濬はなんとか未央を守ろうとやっきになりますが、事態はいい方に転じません。
未央は死んでいたという話になって亡骸が持ち込まれたり、それが間違いだとわかればついに李未央本人が現れて、母親である七姨娘と抱き合います。すべては叱雲柔の陰謀なのですが、憑心児は命の危機を迎えます。この絶体絶命のとき、母親の七姨娘は断固として抱いている娘に言い放つのでした。これは娘の未央ではないと。実は七姨娘は憑心児の腕にあざがあるのに気付いていて、李未央には腕にあざがあったと主張し、憑心児をかばうのでした。

未央が死んだとその亡骸が出されたとき、未央である憑心児は父親に訴えます。この亡骸は未央ではない。なぜなら足の指が6本あるでしょう!←このオチちょっと苦しかった!まあ昔はそんな奇形も多かったかもしれませんが・・。

七姨娘のおかげで危機を脱した憑心児。七姨娘はとうに未央が自分の娘ではないと気づいていましたが、未央の性格の良さを認めて、娘のような愛情を持っていたので未央をかばったのでした・・・。

王女未央・第15話

憑心児は七姨娘に、死んだ本当の未央は自分の命の恩人で、その恩人の母親である七姨娘には命を懸けて尽くすと告げます。そして二人は抱き合うのでした。

本当の親子ではない未央と七姨娘ですが、気持ちの上で本当の親子になれましたね。未央にとって七姨娘は陰謀ばかりのこの李家で心が通じる貴重な人ですね!

叱雲柔が静かになってしばらくの平穏が李家に訪れます。
未央は疲れを取るように侍女の白芷に勧められ、景色の良い場所に出かけて気分転換をします。実は白芷は拓跋濬から未央を連れ出すように頼まれていたのです。突然拓跋濬が現れたので驚く未央。拓跋濬は未央に自分の思いを伝えようとしますが、そこへ南安王もやってきて三人でお茶を飲むことに。
李家に戻ると未央は白芷にもう拓跋濬のいう事に従わないよう言い聞かせるのでした。

拓跋濬に素直になれない未央。いったいいつまでこの煮え切らない状態が続くのでしょうか??それでも諦めない拓跋濬もなかなかですね~~

そこへ丁度李常茹が未央と白芷の所へやってきて、南安王も一緒だったことを聞きつけると内心穏やかではありません。当然李長楽の所にも未央と拓跋濬が会っていたという情報が流れ、李長楽は母親に泣きつきます。
そして叱雲柔はまた未央を破滅に追いやる新たな策略を巡らすのでした・・・。

王女未央・第13~15話の感想

李未央と拓跋濬の仲がだんだん周りに知られてきましたね。拓跋濬を慕う李長楽は気が気ではありません。異母姉妹でもともと邪魔な存在の上に、恋のライバルにもなってもう絶対に和することはない二人になりましたね。まあ残酷な李長楽と仲良くすることは必要ありませんが、もう一人の皇子、東平王に気に入られている李長楽なのだから拓跋濬よりもそっちの皇子様の方がいいと思いますが、この人意外にそういう点はとっても一途です。南安王に思いを寄せる李常茹も、南安王が未央に気がありそうなのがとても心配な様子。李長楽も怖いけど、李常茹もなかなかの策略家ですから敵にはまわしたくないですが・・先々どうなっていくのか登場人物の気持ちも錯綜して見ごたえ十分です!!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です