王女未央-BIOU-あらすじ-28話-29話-30話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-王女未央-BIOU-あらすじ-28話-29話-30話-感想つきネタバレありでご紹介!-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ついに拓跋濬に自分の本当の身分を打ち明けた未央。それを聞いても気持ちは変わらないという拓跋濬に初めて素直になる未央なのでした。でも拓跋濬に思いを寄せる李長楽は邪魔な未央をなんとかして消そうとしてきます・・。

【王女未央-BIOU】(ネタバレあり)

王女未央・第28話

難を逃れて気持ちを通じ合わせた未央と拓跋濬。未央を探しに来た李敏徳は二人を見つけてその仲睦まじい様子にショックを受けます。未央にとって従弟の李敏徳はあくまでも弟のようにかわいい存在。でも李敏徳は女性として未央を愛しているのでした。そして柔然の皇子である李敏徳は早く国に帰るようせかされていましたが、未央を心配してなかなか帰ることが出来ないのでした。そんな李敏徳に太武帝の皇女、拓跋迪は好意を持って接して来ます。

いつもいつも李敏徳を追いかけている皇女様。これだけ追われているのに少しも気持ちがわからない鈍感な李敏徳。未央には気持ちは届くことはないのだから皇女様と仲良くなればいいのに!こんなかわいい若い二人ならとってもお似合いなんだけど!!

そして李家では李常茹が南安王の屋敷で、李未央の正体を盗み聞いてしまいます。南安王が李未央に気がありそうで嫉妬している李常茹は、これで李未央を葬る材料が見つかったとほくそ笑みます。しかし無事李未央が李家に戻るとそんな様子を微塵も見せずに李未央と帰宅を喜ぶのでした。
また拓跋濬の妃になることを望む李長楽は、狩りで拓跋濬を助けたのは自分だという噂を流し拓跋濬の母親、太子妃に取り入ります。
もともと李長楽がお気に入りの太子妃は、李長楽を妃にと太武帝に進言するのでした。

王女未央・第29話

落とし穴で拓跋濬を助けたのは本当は李未央なのに、太子妃は李未央が拓跋濬を振り回す悪い女だと決めつけています。拓跋濬は是非とも李未央を妃に、と望むのですが母親も祖父の太武帝も李長楽を妃にすべきだと譲りません。
そんな時宋の軍が魏に迫ってきて戦争の気配が高まります。しかし飢饉を経験したばかりの魏は国力が衰えていました。今のままでの戦争は危険だと判断した太武帝は、宋に皇女を差し出すことで時間を稼ごうとします。実はこれは叱雲南の陰謀で、彼は李未央を身分のある皇女の代わりとして宋に差し出して殺してしまおうと企んでいたのです。他に良い考えのない魏の宮廷は李未央を宋に贈ることを決定します。
すぐに叱雲南のはかりごとに気づいた拓跋濬は李未央を嫁がせることに反対します。しかし太武帝は私的な気持ちを優先させるなと拓跋濬の訴えを退けるのでした。

皇女の身代わりとして宋に嫁ぐなんてまたまたとんでもない話になってしまいましたね。李未央は拓跋濬が祖父の太武帝と争うのを心配して嫁ぐことに同意しますが、拓跋濬も痛々しいまでに未央を守ろうとします。彼のまっすぐな愛をなんとか成就させたいものです!!

拓跋濬は宋が婚姻で戦をやめると信じず、太武帝にあくまで婚姻をやめるよう訴えますが帝の激しい怒りをかってしまいます。
そして宋との婚姻のために出発した李未央。擁護のために同行するのは南安王でした。

王女未央・第30話

太武帝に直訴した拓跋濬は病に倒れますが、屋敷を抜け出して李未央を追いかけます。拓跋濬の行動に更に激怒した太武帝は孫の拓跋濬から皇位を剥奪して庶子の身分に落とすと宣言。それを聞いた李長楽は動揺し、阻止するよう叱雲南に訴えます。また李常茹は李未央の嫁入り道中の擁護に南安王が赴いたことに不安を感じます。
そして李敏徳は柔然の仲間とともに李未央を救う準備をしていました。

宋軍と合流した南安王は彼らが何かをたくらんでいると感じます。そして宋の使者が、南安王が未央を手籠めにし宋が怒って出兵する、という段取りをしていたことに気づきます。
宋に薬を盛られ眠ったふりをして様子を見る南安王。そして未央は宋軍の使者に犯されそうになります。しかしすんでのところで助けたのはやはり拓跋濬でした。

未央の危機にやってくるのはいつもこの人、拓跋濬!宋の悪事の証拠を握ろうと静観している南安王では全く頼りになりませんね。未央の宋への嫁入りはなくなってやっと一安心。でも拓跋濬はあくまで正義感が強くてこのまま未央と都に帰ることはしないよう・・まあ帰っても庶子の身分に落とされているから太子の屋敷には戻れないんですけどね・・

二人で会ったのもつかの間、拓跋濬は宋が魏に攻め込もうとしているのを食い止めるために、未央と別れて単身、国境の滑台という街へ向かってしまいます。自分と一緒に魏の都、平城に戻ると思っていた未央は不安を感じるのでした・・。

王女未央・第28~30話の感想

拓跋濬と相思相愛になって良かったけれど、歴史ドラマだけあって一時も静かな時間がありませんね~。よくまあこれでもかといろんな出来事が起こるもんだ!と感心してしまいます。拓跋濬はやっと未央と会えたのに未央を放って戦争に行ってしまうなんて・・。
この間未央に皇子の身分を捨てて穏やかに暮らそうって言ってたんじゃなかったっけ??結局自国の災難を見捨てていけないのですね。やっぱこの人、王になるしかない人なんだ!するとやはり未央はおいおい皇帝の妃に・・・なるのかな??でもそこまで行くのはとっても大変そう・・・東平王や南安王と対決していかなくてはなりませんからね。そう考えると本当に様々な人間の思惑が絡まった複雑なドラマですね~~。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です