アテンションLOVE-あらすじ-17話-18話-感想つきネタバレありでご紹介!

台湾ドラマ-アテンションLOVE-あらすじ-17話-18話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

アテンションラブ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
高校を卒業したシャオシーとリージェン。
努力の甲斐あって見事大学に合格したシャオシーでしたが、
リージェンはシャオシー本人も覚えていない約束のためにずいぶんと
ランクを落として彼女と同じ大学に行くことに決めましたね。

そこはジンリーが先輩として通う大学で、どうやら学部も一緒のようです。
積極的に打って出るジンリーと消極的に見守るだけのリージェン。
この恋はどうなるのか、今回は17話のあらすじからどうぞ。

【アテンションLOVE】(ネタバレあり)

17話

シャオシーが引っ越した部屋の隣は広く、うらやましくて覗いていると
なんと その部屋の住人はリージェンだった。
2人が一緒にいるところへ引っ越しのあいさつに、今度はユービンが現れる。

ルーピン以外の3人が同じ龍華大学・同じ建物に暮らすこととなるが、
実はリージェンが同じところに住むのはシャオシーの父親の計らいだった。
初めて家を出たために落ち着かず眠れないシャオシーがベランダに出ると
そこには音楽を聴くリージェンがいて、久しぶりにゆっくり話をする。

既にホームシックのシャオシーはリージェンが日本から来たばかりの時も
同じ気持ちだったのかを尋ねると、彼はだまって音楽を聴かせてくれる。
その音楽にまつわるエピソードを話してもらっているうちに
気まずかったはずの2人はいつの間にか仲直りしていた。
シャオシーがリージェンと出会ったときにこの曲が流れたのはDNAレベルの縁だったから?

大学へ登校してみると、以前とはずいぶんとイメージの変わった金牌女子高のスケバン達がいた。
更にシャオチャオまで同じ教室に現れる。ユービンも含め全員が同じ教室に集まる。
大学入学のためにしてきたシャオシーの努力を考えると、スケバン達も結構頭がよかったってこと?

彼女の学部では先輩が担当後輩の面倒を見るしきたりで、くじ引きによって決められる。
ジンリーはシャオチャオをくじで当てたが、シャオシーの担当と交換する。
一方、応用外語の学部では、志望校のランクを下げて入学したと噂になっている
リージェンに、バイバイが同じグループでレポートをまとめようと誘う。

新入生歓迎会の帰り道、ジンリーは再びシャオシーに告白するが、
シャオシーは好きな人だと頭の中で歌が流れると説明する。
何かを閃いたジンリーは家の前まで追いかけてもう一度歌が流れていないか確認する。

18話

ジンリーに確認され集中してみると、シャオシーの耳に音楽が届いた。
しかしそれはジンリーが手動で流した音楽だった。
音楽プレイヤーを取り上げようとしているときにリージェンが帰ってきて誤解されてしまう。

門の中へ入っていったリージェンを見て、ジンリーはリージェンが
シャオシーと同じアパートに住んでいることが気になり仕方がない。
そこで、帰ってきたユービンを言いくるめて まんまと隣の部屋に越してきてしまう。

翌朝、隣室に越してきたジンリーはシャオシーを朝食に連れ出す。
リージェンも同じ店に来て口を出したために、
ジンリーはリージェンに「友達のふりをして振り回すのは卑怯だ」と言う。
その言葉に対し、振り回しているのはジンリーだとシャオシーが怒る。
本当にその通り!ジンリーは自分のことを棚に上げて何を言ってるんでしょう?

ジンリーはシャオシーを追いかけて謝るが、彼女は顔も見たくないと立ち去ってしまう。
部屋に戻ったシャオシーに再び謝るジンリー。
シャオシーに、ジンリーが言ったのはまさに自分のことで卑怯なのは自分だ、言われ
シャオシーのリージェンに対する想いの深さを知る。

大学のカフェでランチを食べているとリージェンが現れる。
シャオシーに友達がいないのかを心配する彼は シャオシーに対し
今までシャオシーを縛っていたが どんどん新しい友達を作ればいいと伝える。

シャオシーに友達ができそうなことを察し席を立ったリージェンは
バイバイたちから授業の後でカラオケに行こうと誘われる。
高校と大学の違いを語るシーンがあります。自由っていいのか悪いのか考えちゃいますね

カラオケでバイバイが「ある人に捧げます」とリージェンを見つめ
入れた曲はリージェンにとって大切な曲だった。
途中から彼にはバイバイがシャオシーにしか見えなくなり、
曲を切って部屋を出て行ってしまう。

翌朝、バイバイがリージェンに 気になる人がいるか好きなのかわからない
と相談をすると 彼は離れてみればわかると答える。
リージェンが恋愛に対してまじめなことを知ったバイバイはその場を立ち去る。

17-18話の感想

ジンリー派の人たちには申し訳ないけれど
とにかくジンリーは空気が読めないと言うか
自分が正義でリージェンが間違っているみたいな空気丸出しですね。

もっと言えばシャオチャオもなんだけれど・・・

リージェンとシャオシーはお互い同じ気持ちなのに
なかなかうまくいかないものです(涙)
新たな登場人物・バイバイの立ち位置も気になるし、この恋愛模様はどうなるのでしょう??







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です