コウラン伝-始皇帝の母-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-コウラン伝-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

コウラン伝



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

韓琼华がなかなかの切れ者で公子たちは翻弄されている様子、他の作品では皓鑭が悪女ですが今作は韓琼华が悪女ですね!
さらに春秋戦国時代の有名武将が出てきて盛り上がってきましたねー異人もそろそろ脱出する頃合いでしょうか?
一方、皓鑭は連れ去られてピンチの状況、呂不韋との関係も気になってきますね。

では、25話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【コウラン伝-始皇帝の母】(ネタバレあり)

25話

公子羽は病に倒れ床に伏していると、そこへ趙王が現れ見舞いにきており公子羽の手をとりお前を愛していると告げる。
趙王や雲尺素が居なくなった後、韓琼华が現れ公子羽が病を偽っているところ見抜く。
韓琼华は公子羽が公子蛟を殺すために手助けをする代わりに公子羽が王になった暁には韓と戦争をしないという条件を突きつける。
自分の感情ではなく韓からの使者としてしたたかに国に有利な展開にもっていく様は他の女性達とは違いますねー

異人は殷小春の手当、そして皓鑭の看護により起き上がれるほど回復しておりそんな様子を見て皓鑭は安堵する。
その夜、突然呂不韋の元へやってきた皓鑭は呂不韋と酒を交わしつつ異人は王たる人だと褒めてしまう。
二人は言い争いになってしまい皓鑭が出ていってしまうが、その様子を見た司徒月が大事な翡翠の飾りを池に投げてしまう。
池の中に落ちた飾りを必死に探す呂不韋可愛いですねー見つかった瞬間の顔も良かったです!

今迄の呂不韋が自分にした行いを怒る皓鑭、しかし呂不韋は自分の全てを譲ると告げ皓鑭を抱きしめキスをする。
しかし、呂不韋が秦との和平交渉の為に兵を率いて出発した後、野営をしていた兵たちは刺客たちに襲われてしまう。

26話

公子蛟が雇った刺客によって呂不韋が死んだと報告を受け悲しんでいた皓鑭の元に異人がやってくる。
異人は皓鑭を励ますが皓鑭は呂不韋を失った悲しみで布団に突っ伏して泣いてしまう。
前回の時もそうですが呂不韋と良い感じになった直後に波乱の展開になってしまいますねー

殷小春は呂不韋が権力争いに巻き込まれ死んでしまったこと、そしてそれに悲しむ皓鑭と自分を重ねていた。
公子逸もいずれはそうなってしまうのではという不安に押し潰されそうになった殷小春は公子逸に王位争いを辞めて欲しいと告げる。
骨肉の争いをしていればいずれ公子逸も敵として見られますからねー殷小春が気が気でないのはわかります

その頃、崖から落ちた呂不韋は刺客を自分の死体に偽らせ秦へと侵入を成功させており、そこで司徒缺と合流を果たす。
呂不韋と司徒缺は門番に自分たちは趙からの使者だと伝えるが二人だけでは門前払いをされていた。
転んでもただでは起きない呂不韋、刺されていても何のそので秦へと歩いて向かうところが超人ですねー

そこへ現れた秦の公子子傒は呂不韋を宮廷に招き入れるが和平にあまり乗る気ではない秦に呂不韋は別の一手を仕掛ける。

27話

公主雅によって使者と一緒にいるところを目撃され厉氏に連れてこられた皓鑭だったがそこへ異人が現れる。
異人は皓鑭が会おうとしていた人物は自分だと伝え厉氏に皓鑭との交際の許可を取ろうとする。
公主雅は焦って二人の仲を割こうとするが厉氏は公主雅が異人のことを想っているのは反対しているので異人と皓鑭の仲を認める。
公主雅に言い寄られてた異人は皓鑭を助ける名目で公主雅を突き放すことに成功、だけど皓鑭はもっと恨み買いそう…

窮地を脱した二人は宮廷に戻るが皓鑭は異人の独断を責める、しかし異人は皓鑭と結婚したい気持ちは本当だと告げる。
その頃、秦国の将軍である白起の子である白仲は盤上で戦のシミュレーションをしており、その横で白起の娘・白灵儿が邪魔をする。
おてんば娘の白灵儿は商談をしている兄の白仲が飲む酒に下剤を入れて楽しんでいたが、とっさに隠れた部屋に呂不韋がいた。
あの大将軍・白起の娘があんなおてんば娘とは…呂不韋もなかなか大胆に秦国内で動いてますねー

その後、芈华阳の元へと呼ばれやってきた呂不韋は秦王との間に子供が居ないことで今後立場が不利になると告げた。
そして異人を養子にすることで秦王の王位継承権を継がせ無ければ側室の子である子傒が王になってしまうと話す。

25-27話感想

呂不韋と今迄のすれ違いや誤解を解いて二人の仲が進んだ今回でしたが、まさか呂不韋が刺客に襲われてしまうとは…。
しかし、呂不韋は生きており皓鑭はそれを知らないまま異人との関係が進んでしまうのが運命の悪戯ですねー。
異人は呂不韋が居なくなったことと公主雅を避けるために皓鑭との仲をグイグイ進めてきますが大丈夫でしょうか?
一方、殷小春は公子逸のほうが好きなんでしょうか?なんだかストレートに好きというよりはワンクッションありそうな表情。

今までは趙宮廷内編でしたが呂不韋の秦国潜入編は呂不韋がどうやって秦国の宮廷内に実力を示していくかが鍵ですね!




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です