コウラン伝-始皇帝の母-あらすじ-31話-32話-33話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-コウラン伝-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

コウラン伝



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

一気に展開と歴史が進む前回の3話、長平の戦いによって趙は一気に傾国へと向かっていきます。
死んだと思われていた呂不韋が皓鑭と異人の結婚を知り急いで邯鄲に向かいますが時既に遅し。
趙国内でも王位継承権争いで展開が荒れそうですが、三人の関係はどう発展していくのでしょうか?

では、31話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【コウラン伝-始皇帝の母】(ネタバレあり)

31話

韓琼华は呂不韋と公子羽に公子蛟が王位を狙っているということを趙王に話したと告げていた。
呂不韋は公子蛟が和平交渉の折に刺客を送ってきたこと、それによって皓鑭が異人と結婚してしまったと恨んでいた。
久々に動き出した韓琼华、彼女が動き出すと一気に物語が進み始めますねー公子蛟も敵を作りすぎた感じがあります

その頃、白起は邯鄲にまで攻め入ろうかと計画していたが秦丞相・范雎の案を聞き入れた太子は秦軍全軍撤退を指示する。
趙国は危機を逃れたが、燕国が武垣に四十万の兵を集めているという情報が届き公子蛟は死ぬ覚悟で出陣すると王に提案する。
趙国内もきな臭くなってきましたねー急にやる気を出した公子蛟は絶対なにかを企んでそうですねー

公子蛟は趙王が政治に疎く女遊びばかりしていることを嫌っており将軍・高猛と一緒に謀反を起こそうと説得する。
妊娠したことを知り喜ぶ皓鑭、その頃異人は公主雅によって茨の檻に捕らえられてしまい皓鑭は帰ってこない異人を心配する。
相変わらず異人への執着を見せる公主雅、公孫将軍は身辺警護も兼ねているのになんにも役立ってないですねー

その夜、呂不韋と公子羽は宮廷内に起こった異変を察知したが公子蛟によって兵が宮廷内を制圧してしまった。

32話

公子羽が逃げようとするが公子蛟の兵が取り囲む、しかしそれは公子羽の着物を着せられた偽物だった。
呂不韋と変装した公子羽が逃げようとした際に公主雅が兵を連れて旭日宮に向かっているところを目撃する。
公子蛟と公主雅は利害が一致してるんですかね?公子蛟は未だに皓鑭のことを大事に思ってそうなんですが…

趙王は父が暗殺された悪夢を見て目が覚め、側に居た殷小春は考え過ぎは身体を壊してしまうと告げる。
そこへ兵を引き連れた公子蛟が現れ暗殺者が宮廷内に入った為、自分が趙王を守るためにきたと話す。
殷小春も公子蛟のことを怪しんでいますね…やっぱり王宮は血で血を洗う骨肉の争いなんですねー

公主雅は旭日宮から皓鑭を連れ出しその首に剣を突きつけるが、そこへ呂不韋が助けにやってくる。
皓鑭を連れ司徒月が扉を閉めるが、司徒月は追手からの時間を稼ぐ為に再び兵の前に戻ってしまう。
かなり危機迫った状況、呂不韋が間一髪助けに入る姿かっこよかったですね。一騎当千の活躍を見せる司徒月もかっこいいです。

司徒月が作ってくれた時間を無駄にしない為に逃げようとする二人だったが、皓鑭は突如腹痛を訴え自分が妊娠していることを告げる。

33話

クーデターは失敗に終わり兵を率いていた高猛は自ら息子である高昊阳の剣を腹に刺して自害する。
失敗したと察した公子蛟は皓鑭を連れて逃げるが逃げ切れず皓鑭とともに死のうとするが、助けにきた呂不韋の矢が公子蛟を貫く。
クーデターが失敗したことにより公子蛟、公主雅、高猛が表舞台から退場ですねー最後の公子蛟も少し切なかったです

翌日、呂不韋と皓鑭は宮廷内の広場での戦の痕を見ながら話をしており、呂不韋は異人を秦に返す為にクーデターを後押ししたと告白する。
そして異人が秦に帰り王位が継承されれば皓鑭は王后になると告げるが皓鑭はそれに怒り去ってしまう。
自分を慕ってくれていた公子蛟、そして自分も命の危機に晒されてましたからね…納得は出来ないでしょう

厉氏は公主雅の捕らえられている牢にやってくる。
公主雅は厉氏に今回のクーデターは公子蛟が勝手にやったことで自分は関係ないと弁明するが、厉氏は毒を用意していた。
ノリノリで厉氏と一緒にいた皓鑭を連れ去った公主雅ですからね、もう何言っても言い訳にしかならないでしょう…

覚悟を決め毒を飲もうとする公主雅だったが、厉氏は毒を取り上げ公主雅の女官である夏雪に代わりに飲ませてしまう。

31-33話感想

趙国クーデター事件が失敗に終わりましたねー公子蛟が趙王として相応しくないと言う気持ちもわからなくはないですが。
この機に乗じて皓鑭を殺そうとする公主雅もしっかり捕らえられてもう厉氏の命令には逆らえないようになりましたね。
残念ながら司徒月が犠牲になってしまったのが悲しいですね、呂不韋と皓鑭の仲を喜んでいた姿が印象的でした。
最後には韓琼华も死んでしまいますし、この数話で主な登場人物が一気に居なくなってしまう急展開。

これは次から異人が秦に行く新展開になってくるのでしょうか?そうなると皓鑭の苦境の時代に突入ですかね、心配です。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です