コウラン伝-始皇帝の母-あらすじ-46話-47話-48話-49話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-コウラン伝-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

コウラン伝



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

芈华阳と秦の薬師である檀奴との浮気現場を見てしまった嬴柱はそこで死んでしまいます。
檀奴はその後、芈华阳を人質に取りますがさすがに逃げ切れずに兵によって殺されてしまいます。
そこから異人は秦王となりますが秦という国はこころから色々変わっていきます!

では、46話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【コウラン伝-始皇帝の母】(ネタバレあり)

46話

白靈兒は呂不韋が大事にしていたかんざしを勝手に持ち出したことを怒られ落ち込んでしまう。
その頃、薔薇の花弁を散らした風呂に入る羋絲蘿の元に現れた公主雅は入れ知恵をするが、子傒はそれをよくは思わなかった。
白靈兒は呂不韋を気に入っているので興味を引きたい一心ですが、呂不韋にはああいう攻め方は向いてないですよねー

外に出た呂不韋は空に浮かぶ行灯を見て従者にあれは何か?と尋ねると皓鑭の誕生日に子楚が揚げたものだと告げる。
そこへ多数の兵達が通りかかり何事かと尋ねると趙との戦の為の兵糧を貯めていた貯蔵庫で火事があったと兵は報告する。
かんざしを見つめる呂不韋の寂しげな顔が印象的でしたねー羋絲蘿も子楚と皓鑭の仲に嫉妬しているようですし…

兵と共に貯蔵庫へ向かった呂不韋は焼け落ちた貯蔵庫の片隅で燃え残った行灯を見つける。
そして火事の騒ぎに乗じ宮廷の資金が盗まれているとの報告を受け、慌てて調べに行くが資金を収めていた箱は空になっていた。
皓鑭の為の行灯が火事の原因になったのでしょうか?それとも金を盗む為にわざとそういう風に仕掛けたのかな?

資金を盗まれたのは呂不韋のせいだと責任を問われるが呂不韋は七日間で取り戻すと約束する。

47話

成蟜は弓で従者と遊んでいたがそれは政が子楚から貰った弓で、それを見た政と成蟜は弓を取り合い喧嘩をしてしまう。
政の祖母である夏姬は政の粗暴な態度に腹を立て折檻しようとするが、皓鑭が棒を取り上げ代わりに政の尻を叩く。
最初の皓鑭の育て方が良くなかったですからね、政もあんな子に育ってしまって…今の所まだ成蟜の方がいい子

その頃、兵の代わりに手紙を書いてあげていた殷小春の元へ白仲が現れ殷小春を担ぎ上げて自分の部屋に連れていく。
白仲は殷小春に呂不韋と皓鑭の関係を問い詰めるが、その事を盗み聞きしていた捕虜の女性が兵に連れて行かれそうになる。
趙に仕えていた呂不韋に不信感を抱く白仲、そして呂不韋のことで怒る白靈兒とここもなかなか複雑な様子

一方、夏姬は政を呼び寄せ自分が作ったお菓子を3つ食べさそうとするが、政は虫歯な為にそれを断る。
しかし、夏姬は政に再び菓子を食べるように進めるが、政は従者があまりにも怖い顔をしているので毒が入っているのではと疑う。
この時代ですからねーどんな食べ物も迂闊に食べてしまうと毒殺されてしまう危険性がありますから…

趙高と一緒に夏姬の元から走って逃げてきた政だったが突如頭痛を訴えてその場に倒れてしまう。

48話

白靈兒の寝室を警備していた司徒缺は元々白靈兒に好意を持っていた為、寝室に忍び込み寝ている白靈兒にキスをする。
それを見つかり捕らえられた司徒缺、周りの者が呂不韋に処刑しろと言う中で戸惑う呂不韋を司徒缺は挑発し刺されてしまう。
司徒缺からすれば愛しの白靈兒を幸せに出来ない呂不韋に思うところがあったんでしょうね…

子楚の前で他の文官たちに報告されるが自らの手で処刑したと言ってその場を収める呂不韋。
司徒缺は既のところで助けられており子傒は呂不韋は今でも皓鑭を想っていると明かし自分の手先になれと勧誘する。
司徒缺はそんな勧誘に屈しないと思っていましたが…司徒月が生きていたら絶対怒ってましたよねー

その頃、夏姬は皓鑭に会いにきており皓鑭は子楚の為、そして政の為に再び秦から逃げようとする。
しかし、それに気付いた子楚は皓鑭を馬で追いかけ捕まえてしまい宮廷内に再び二人を連れ戻してしまう。
昔の優しい異人はもう居ないですねー王となり子楚となってからはもう別人のようになってしまいました

夏姬は政の粗暴な態度を不安視していたが呂不韋が教えた石遊びから人を使う術を学んだ姿を子楚は夏姬に見せる。

49話

子傒は呂不韋の元から裏切った司徒缺を連れて呂不韋のかねを回収する為に現れる。
白靈兒は呂不韋を庇うが金は没収され、白靈兒は白仲に泣いて状況を説明するが殷小春がその話を聞いてしまう。
白靈兒が状況をややこしくしてしまうので何だか同情できないなーまだまだ子供な感じがしますね

殷小春から呂不韋がピンチだという話を聞いた皓鑭は立ち上がる。
その頃、子傒は公主雅の女官が手に隠した小物の中に入っていた毒物を公主雅が用意したものだと問い詰める。
怒った子傒は公主雅の首を掴み殺そうとするが、公主雅はかんざしを子傒の首に突きつける。
気の強い二人が真っ向から喧嘩するとここまでに発展するんですねー子傒の影の部分が出ててここは良いシーンですね

子傒は芈华阳にとある話をもたらし羋笙歌はその話に不安がるが芈华阳は子傒の話を聞く。
今回の事件の犯人として政は捕まえられるが殷小春が血によるテストを行い罪を晴らそうとする。
こんな時代から血液検査みたいなことができてたんですかねー?呂不韋のピンチは未だ続いたまま…どうするのでしょうか

子楚は呂不韋の責任を問い詰める阳泉君に呂不韋が隠

46-49話感想

今回はそれほど大きな騒動は起きなかったものの水面下で各々が自分の勢力を増やすために色々策略していましたね。
夏姬が不安視するように政の態度はあまり太子としては相応しくないのが気がかりですねー子楚以上にわがままな感じ。
公主雅も羋絲蘿や夏姬に色々と入れ知恵したり、余計なこと言ったりでかき乱してきますが本当にしつこい。

一方、呂不韋は白靈兒とあんまりうまく行ってない様子…そりゃ呂不韋は不本意な婚約ですしねー。
白靈兒が好きな司徒缺も裏切ったりでもう人間関係がぐっちゃぐちゃ!
皓鑭の活躍、呂不韋の活躍も今回は薄く今後の展開に期待ですかねー。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です