コウラン伝-始皇帝の母-あらすじ-53話-54話-55話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-コウラン伝-あらすじ-53話-54話-55話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

コウラン伝



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

いきなり謀反を起こした子傒、そしてそれを裏切って呂不韋の為に自ら死んでしまった司徒缺。
本当に司徒缺の演技上手かったですねー実際に白靈兒への思いは本当でしたしね…最後は悲しかったなー。
これで司徒月と司徒缺を失ってしまった呂不韋は芈华阳、公主雅の策略に巻き込まれていきます。

では、53話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【コウラン伝-始皇帝の母】(ネタバレあり)

53話

時が過ぎ成も青年になったある日、子楚から寵愛の受けなかった羋絲蘿の元に公主雅が近づく。
子楚は文官たちを集め秦の未来を語り、呂不韋を呼び出し政の教師になるようにと要請する。
男性陣はみんなひげを生やしていますねーこれだけでは月日の経過をあまり感じれませんが、政がイケメンの青年になってました

呂不韋は早速政へ家庭教師に向かうが政は真剣に学ばず呂不韋は呆れて手を焼いていたが、そこへ皓鑭の従者が菓子を持って差し入れにやってくる。
皓鑭の元へやってきた呂不韋は皓鑭の従者に退室をさせる、そして羋絲蘿は子楚に会おうとするが門前払いをされかける。
政の教育係を任された呂不韋ですがなかなかの曲者で手を焼いていますねー羋絲蘿は懸命に子楚に取り入ってます

皓鑭は政を秦の王につかせることが自分の使命であり、その為には全てを利用すると呂不韋に語り去ろうとする。
しかし、呂不韋はそんな皓鑭の腕を掴み「離して」と怒る皓鑭に自分は皓鑭を手にすることが全てだと語る。
未だに皓鑭のことを想い続ける呂不韋。もう少し戦略的な物として捉えていたと思いましたが一途ですねー

外で待っていた皓鑭の従者は何者かに気絶させられ、近づく呂不韋と皓鑭の元へ子楚と羋絲蘿が部屋に入ってくる。

54話

病気が蔓延している地域に2000の兵を率いて向かう白仲、殷小春はそんな白仲を心配して薬を急いで作りようやく1個だけ完成させる。
それを伝者に渡すが白仲の元には渡らず自分で使ってしまい、それを見つかった白仲の兵によって殺される。
殷小春がいつの間にか白仲と良い仲になってましたねー最初の印象が悪いとその後一気に進展あるあるです

呂不韋と皓鑭のやり取りを見て憤慨した子楚は再び羋絲蘿に寵愛を注ぎだし、羋絲蘿と共に踊り子たちの演舞を眺めていた。
そこへ皓鑭と殷小春が現れ、白仲の元へ殷小春を派遣させて欲しいと頼むが子楚は話を聞かずに再び踊り子たちを踊らせてしまう。
子楚はこんな人では無かったんですけどねー今まで一番皓鑭もブチギレちゃってますね、関係は冷ややかになってしまいました

呂不韋は皓鑭と離され伝染病が蔓延する南郡に遣わされており呂不韋自身も少しづつの病に侵されていた。
倒れた呂不韋を心配してやってくる白靈兒だったが、呂不韋は自分の死を察知し皓鑭の髪飾りを手に握っていた。
白靈兒もまだまだ子供ですよねー結局は皓鑭を想い続ける呂不韋に苛立って薬を渡さないんですから…

皓鑭と殷小春は南郡に向かい都の状況に驚く、そして殷小春は白靈兒がした身勝手なことを攻め立てる。

55話

太后としての地位を捨てると言った皓鑭に激怒する子楚だったが、皓鑭は地位や権力に目を奪われ優しさの無くなった子楚を危惧していた。
しかし、子楚は血を吐き出しながらも皓鑭を手放さないと告げ倒れてしまうがその夜、無理矢理に皓鑭の寝室に現れキスをする。
全てが無理やりな行動をする子楚、そんなんじゃ皓鑭も心を開きませんよねー避けた皓鑭の行動が二人の仲を決めた様子

羋絲蘿は子楚の執務室に入り込み玉璽の入った箱を盗み出し、それと同時に政の部屋に刺客が二人現れ暗殺を試みる。
政は二人の刺客を迎え討ち倒すが左手に怪我を負ってしまい、呂不韋とのことで母との距離を取っていた政は皓鑭は手当を受け母の優しさを知る。
秦国内もだいぶきな臭くなってきましたねー羋絲蘿は子楚の寵愛を受けたい一心で動きますがそれを公主雅に利用されてますね

玉璽を持った羋絲蘿は身分を隠し将軍に兵を動かすようにと指示をしにいくが将軍はその玉璽が偽物だと思い羋絲蘿を捕まえようとする。
しかし、羋絲蘿は将軍が妻に渡した翡翠の飾り物を差し出し言うことを聞かなければ家族がどうなるかと脅した。
羋絲蘿も急に悪役っぽくなってきましたねーこれは大罪なので見つかったら処刑は免れませんよね?

病で寝込む子楚の元にやってきた成蟜は今まで羋絲蘿に寵愛を注がなかった父・子楚を攻め子楚は怒りに任せて成蟜の頬をぶつ。

53-55話感想

子楚と皓鑭の関係がほぼ終わりを迎えたような感じになってしまいましたねー呂不韋と浮気していたわけではないのですが。
これも全て公主雅が策略したことで白靈兒や羋絲蘿も上手く利用されていますね…このドラマでは悪女は公主雅なんですね。
呂不韋のピンチに駆けつける皓鑭と殷小春のことを子楚はより一層面白くなかったんでしょうね…でも王ですから民は大事にしないと…。

政と成蟜も青年になりましたが母の優しさを知って少しまともになる政に対して父の愛を受けれなかった成蟜はかなり歪んだ感じに…。
これはまたここでも荒れそうな未来しか見えないのがまた悲しいですねー。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です