コウラン伝-始皇帝の母-あらすじ-59話-60話-61話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-コウラン伝-あらすじ-56話-57話-58話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

コウラン伝

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

公主雅が最期に想って屋敷に火を放ち死んだのは子楚では無く子傒だったという事にグッときましたねー。
一方、子楚も病気により亡くなってしまい皓鑭は悲しみますが政はそれほどでもない無い様子。
白仲も生かされますがどうなることやら…子楚が居なくなり宮廷内でも権力と地位を得た呂不韋ははたして?

では、59話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【コウラン伝-始皇帝の母】(ネタバレあり)

59話

ある日、元々韓の出身である夏姬は政と結婚させる為に弄玉という女性を招き入れ、その聡明さに皓鑭も納得する。
弄玉は政の剣の稽古を見ている最中、誤って弾き飛ばされた剣が弄玉に向かうがそれを政が助ける。
若いカップルにはお似合いそうな感じですが政の態度は最初は素っ気ない感じでしたねー発展するのかな?

皓鑭の元に花びらを舞わせてやってきた嫪毐は一輪の華を取り出し皓鑭に捧げ皓鑭はそれを喜んでいた。
そこへ現れた呂不韋、皓鑭は呂不韋に秦が六国を早く制覇するようにと指示を出すが呂不韋はそれに困っていた。
主人公ながらも段々と小物っぽくなってきた皓鑭、呂不韋は何だかんだ相変わらず一途で可愛らしいですね

弄玉は歩いていた嫪毐に何かあれば手助けして欲しいと訴えるが嫪毐はその言葉を聞かずに去ってしまう。
一人歩いていた嫪毐は秦の兵に止められ難癖をつけられてしまうが、秦での喧嘩を禁止されている嫪毐に秦兵が殴りかかる。
嫪毐が何を企んでいるのかちょっと謎ですねー普通に皓鑭を好きなだけなんでしょうか?

その夜、吉凶を占っていた皓鑭の前を嫪毐が通りかかるがその様子のおかしさに喧嘩をしたのではと疑う。

60話

政は兵を引き連れ宮廷の外の森で狩猟を楽しんでいたが、そこへ楚の公主である芈云夢が現れ一緒に狩りの勝負をする。
しかし、そこへ刺客が現れ命を狙われる政だったが間一髪、嫪毐の率いる兵が政を助ける。
公子逸の時もそうでしたがあまりにもこのドラマの王たちへの警備が疎かでは?刺客に狙われすぎな気がしますね

政は宮廷に戻るが疲労と怪我により眠っており、そこへ皓鑭と殷小春が見舞いと手当にやってくる。
その時、寝室の外では芈云夢と弄玉が言い合いをしており弄玉が作った薬湯のスープを芈云夢がわざと落としてしまう。
若い娘たちも政へと取り入ろうとするのか女の争いに…趙高は政を殺そうとしていますし秦も未だ安定には程遠い感じ

その夜、目覚めた政の前に集められた婚約者候補の女性たち、その中でも芈华阳と同じ楚出身である芈云夢は優遇されていた。
芈云夢や各公主たちの横を歩きながら品定めをする政は、妻にする人物を決めたと言って燕国の公主姬冰についてきた驪歌を選ぶ。
確かに他の公主たちに比べれば夫を立てるような物静かな裏表の無さそうな女性ですが…これは他の女性陣がカンカンに

弄玉は選ばれずに明日帰ってしまう為に最後に土産を渡したいと政に近寄るが嫪毐に短剣を隠していることを見破られ殺される。

61話

驪歌は芈云夢の元に呼ばれ呂不韋が秦国の未来の為に楚国と同盟を結ぶためにこの婚約はあると告げる。
事態を知った驪歌は芈云夢の元から走って逃げると、その言葉の通り燕国の太子である姬丹が秦の従者に扮した刺客に狙われていた。
皓鑭的には政の意思を尊重したいですが王様ですからね、政略結婚当たり前ですし相手は大国の楚ですからねー

このままでは呂不韋に殺されると言って逃げようと言う驪歌だったが、姬丹は小国である燕が生き残る道はこの婚約しか無いと告げる。
驪歌は身分を偽っていたが姬丹の本当の妹であり公主であった話を政と呂不韋に聞かれ、剣を突きつけられるが自ら命を落とす。
国を背負ってしまうと世間一般の恋なんて出来ないですからね…非情ですがこれからの権力争いに巻き込まれなかったのが救いかも…

驪歌が残した言葉に揺れる政は中華統一の野望を捨てようとするが、そこへやってきた呂不韋と皓鑭はこのまま結婚式は進めると告げる。
翌日、驪歌の遺体は水の張られた棺に沈められており、政は驪歌を失った怒りを姬丹と燕国に向けると脅す。
元々才覚はあるものの人として少し歪んでいる政でしたがこれで完璧悪王になってしまうフラグが立ってしまいましたねー

芈华阳は芈云夢を呼び出し芈云夢が選ばれなかったことを嘆き、自分には運が最後まで無かったと言って毒薬を飲み自害する。

59-61話感想

政が王になり子楚と同じく段々と人が悪い方へと変わっていく中で驪歌の存在が少し助け舟になるかと思いきや…。
政略結婚の難しさやその裏で蠢く策略があって政はこのまま幸せにはならさそうですねー、元々も性格が良くなかったのも更に歪んで。
そしてついに秦編での大ボスである芈华阳が毒を飲んで死んでしまいました…皓鑭の敵はあらかた消えましたがどうなるのでしょう?

一方、未だに皓鑭好き好きな雰囲気を出している呂不韋ですが皓鑭はあんまり乗り気じゃないのもなんだかなー。
呂不韋VS嫪毐の構図になると思うのですが勢力的には圧倒的に呂不韋なんですがどうなってしまうのやら…。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です