コウラン伝-始皇帝の母-あらすじ-最終回(62話)-結末は!?

中国ドラマ-コウラン伝-あらすじ-最終回(62話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

コウラン伝



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

急展開を見せる秦宮廷内、政の結婚相手を選ぶ席で政が選んだのは芈华阳と同じ楚出身である芈云夢ではなく燕国の驪歌。
結婚出来なければ滅ぶ未来しか無いと今度は韓の弄玉が政を殺そうとしたりと宮廷内はドタバタ。
芈华阳もついに自らの運が尽きたと言って毒を飲み自害してしまい、ついに秦は皓鑭がトップに君臨することになりますが…。

では、62話から紹介していきますのでお付き合いください♪

【コウラン伝-始皇帝の母】(ネタバレあり)

62話

皓鑭は政に王としての資質を問い、政が自ら王となることを望み咸陽を出て嫪毐と共に暮す決意をする。
呂不韋が皓鑭を尋ねてやってくるが、見つめ合う皓鑭と嫪毐の仲を面白く思わず呂不韋はその場を去っていってしまう。
なんだかんだ皓鑭も不安定になっており、いつの間にか嫪毐とくっつく始末…呂不韋も呂不韋で地位が高くなったが故なとこも…

皓鑭は装飾が変わっていることを従者や嫪毐にきつく問い詰め自らは再び咸陽へ戻ると告げると嫪毐は混乱してしまう。
世の中には他に女がいると笑いながら言う兵士たちに怒る嫪毐、そこへ趙高が土産をもって現れる。
趙高は嫪毐に皓鑭を手に入れるならば今兵を起こし咸陽に攻め込んで秦王を殺すしか無いと挑発する。
趙高は呂不韋の手先なのでしょうか、それとも自分自身で動いてるのでしょうか?どちらにせよ今までで一番の悪役男優ですねー

政は嫪毐が皓鑭の持つ玉璽を使い兵を集めているのを聞かされて激怒し、嫪毐だけで無く皓鑭も裏切ったと考える。
政は白仲に此度の反乱についての意見を聞きに行くと白仲は政に良い案、悪い案、そしてその真ん中の案があると告げる。
いやぁ趙高がことごとく悪い顔していますねー前々から少しづつ動き始めていたと思いましたが、ここで一気に表舞台に

白仲は悪い案としてそのまま嫪毐を殺すと皓鑭が怒り毐国自体が反乱分子になること、次に皓鑭だけを咸陽に戻しその後に嫪毐を殺す案を授ける。
そして最後に残った最善の案として嫪毐と皓鑭の息子たちを殺すのが良いと告げる。
白仲もクーデターを起こした本人なのにそれに助言を貰いに行くってのもなんだか…他に大将軍たちもいるでしょうに

毐国に兵を引き連れ交渉にやってきた政だったが、それは政に変装していた白仲であり出迎えた嫪毐たちは急な襲撃に動揺する。
嫪毐は皓鑭を人質にするがすぐさま兵に囲まれてしまい、やってきた呂不韋に自分は秦の犬ではないと怒る。
フードを目深に被ったならわかりますが、めちゃくちゃ政の顔だったのにフード取ったらいきなり白仲はちょっと笑っちゃう

皓鑭の部屋に皓鑭の息子たちと隠し部屋に隠れていた殷小春は兵たちが去った音を聞き部屋を出るが、白仲がまだそこには残っていた。
白仲は布袋に入った息子たちを政たちの前に連れてくると、政は皓鑭の目の前でその息子たちを殺せと告げる。
まぁ生かしてもその後父の仇と反乱分子になっては困りますからね…この時代の世界は厳しいです

白仲は呂不韋に剣を向け呂不韋が此度の反乱の元凶であり、呂不韋の屋敷にはすでに兵を向けていることを告げる。
政は呂不韋を咸陽から追放し皓鑭を宮廷に迎い入れ母である皓鑭へと会おうとするが、皓鑭はそこにはおらずに遠くに逃げた後だった。

62話感想

ついに終わってしまいましたねー最後は嫪毐反乱のところまでやったんですねー。
最終話でいきなりその存在感を現す趙高、もう少し早い段階から活躍していれば…
史実ではそうですがこのドラマではやっぱり嫪毐との子供というか、皓鑭が嫪毐に近づいていく描写が少なくてわかりづらいですね。
政は最後の最後まで暴君として描かれましたねー子供の頃の時点で結構乱暴者だったので結局皓鑭の育て方な気がしますが。

思った以上にさくっと終わりましたねー色々と考えさせられることもありましたね。
やっぱり権力を得ると誰でも変わってしまうのですねーなんだかんだで一番変わらなかったのは呂不韋な気がしますね。




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です