プリンスウィリアム-あらすじ-1話-2話-3話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-プリンスウィリアム-あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

プリンスウィリアム


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
単なる恋愛ドタバタではなく、愛から環境問題にまで踏み込んでいます。

テーマが重そう??
いいえ、ご心配なく。
実に軽快なタッチで楽しく観ることができます♪

インパクトたっぷりのダブル主人公にも注目しつつ
早速あらすじをご覧ください(^^♪

【プリンスウィリアム】(ネタバレあり)

1話

大手建設会社CEO・威廉はリゾート開発予定の村へ向かうが
専属運転手が飲み物に仕込んだ薬によりお腹の調子が悪くなってしまう。
村に到着し視察に向かうものの、彼は我慢できずに公衆トイレに駆け込む。
このシーン、お食事中の鑑賞は要注意です。

ところが同じトイレを使用していた阿彬(文彬)が、彼とうり二つの威廉と間違えられ
誘拐犯たちにさらわれてしまう。
つまり運転手は犯人一味だったということですね。

誘拐直後にトイレから出てきた本物の威廉を見て間違いに気づいた犯人グループは
更に威廉のことも連れ去ってしまう。
2人は同じ部屋に背中合わせに縛られるが、阿彬は威廉の方の縄を解き
自分の縄も解いてくれるように頼む。
しかし、自由になった威廉は 縛られたままの阿彬を置いて自分だけ逃げてしまう。

村民への説明会が予定通り翌日に控えている。
威廉の足元を掬おうとする趙総経理(副社長)もプレッシャーをかけてきて焦る側近の萬室長。
犯人グループからは身代金の要求の電話が来ている。

自分は誘拐された、と警察へ駆け込んだ阿彬の情報により、警察から萬室長へ連絡があり
警察に出向いた萬は阿彬の容姿に驚くが、威廉の命にかかわるため
警察には誘拐事件などないと嘘をつき、更には阿彬を威廉に仕立てることを思いつく。
萬室長が威廉を想う気持ちはわかるけど、阿彬の人権はどうなのよ?と思っちゃいます。

犯人に捕らえられている威廉を救うため、
そして説明会に威廉が出席しているように見せかけるため
外見を威廉そっくりに仕立てあげられた阿彬が説明会に姿を見せるが・・・。

2話

車椅子にマスク姿で説明会に現れた、阿彬扮する威廉。
急病のため話すことができないことにしてその場を乗り切るが
去り際に阿彬の家が立ち退き区域だと知ってしまう。

追い帰されるように帰宅した阿彬。
父との思い出の詰まった大切な家がなくなることにショックを隠せない。
お父さんとの回想シーンに感情移入してしまいます

一方、救出された威廉は事件の後遺症で話すことが出来なくなっていた。
回復までの期間が読めない。どうするべきか・・・。
萬が思い悩む中、阿彬が苦情を言うため会社へ現れる。
誰かに見られてはマズい。
萬とマカロン(秘書)があわてて連れ出し車に押し込めるが、
趙と親密な記者に目撃されてしまう。

阿彬は萬に思いをぶつけるが、萬は逆ギレして阿彬をやり込め
阿彬の家を立ち退き区域から外すことを条件に
当分の間 威廉の身代わりを続ける様持ちかける。
萬の理屈は一方的過ぎて汚い!と思ってしまいました。
いい人なのかイヤなやつなのか全く読めない・・・

目の前で家を壊されそうになり身代わりを引き受けるしかなくなった阿彬。
その裏では副社長がなかなか姿を見せない威廉に対して疑いを抱く。
威廉の事が大好きな副社長の娘・ケイティから彼は別荘にいると聞き
一緒に押し掛けるが そこには阿彬扮する威廉が待ち構えて
いたために 事なきを得る。

副社長たちが帰ってほっとしたのもつかの間、
今度は威廉の妹・イーシンがやってくる。
イーシンに一目ぼれしてしまう阿彬。
ケイティはイーシンに女子力がないと言っていたけど
私には逆のような気が・・・

別荘へ向かう威廉は、別荘から帰る自分そっくりな阿彬を目撃してしまう。
全く気が付かない阿彬、驚く威廉・・・・

3話

威廉になりきるために夜を徹して特訓させられる阿彬。
時々ボロが出るものの、はた目には見分けがつかなくなるほどになる。
その一方で本物の威廉は焦りと不安に苛まれる。
説明会が無事に済んだのかを心配する威廉に、
萬は影武者がいることを言うことが出来ずにいる。

影武者として、阿彬は威廉の家に住むこととなる。
当然、そこには妹のイーシンも住んでいる。
バレる心配よりも 一目ぼれの相手が同じ屋根の下にいることにはしゃぐ。
阿彬の入浴中にバスルームにイーシンが入ってくるが、
いくら兄妹でも、いくら泡風呂でも覗き込むか??とツッコミw

翌朝、会社に来ているという母親から電話に慌てる阿彬。
母親は阿彬の好きな干物を持ってきたと言う。
社員名簿に阿彬の名前がなかったという母親に、極秘任務だからだと
無理やり納得させて なんとか帰ってもらう。
このシーンンに親の愛情を感じて涙が出そうになってしまいました

そんな中、会社の前で座り込むおじいさんをみて疑問を抱く阿彬。
また、その夜イーシンの誕生日を祝うために準備するも、
老人の家を奪う人でなしだとイーシンに罵られおじいさんのことを思い出す。

翌日、萬に自分はそんな書類にはサインしたくないと告げるが、
これは阿彬ではなく威廉の決定だと言われる。

直後、会合へ向かうために外へ出た彼は件のおじいさんに話しかけるが
おじいさんは倒れてしまう。
おじいさんを抱えて走り、助けを求める阿彬に・・・

1-3話の感想

潔癖症の威廉になりきれない能天気な阿彬。
いつどこで誰にバレるか、村はどうなるのか
ずっとドキドキしっぱなしです。

ザ・悪役の趙副社長の行動が気になるところですが
その趙副社長の部屋でチラッと見える日本刀や
偉人の伝記を読むのが好きという発言にも注目です(笑)






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です