ミーユエ-あらすじ-7話-8話-9話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-7話-8話-9話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
楚は、強くなっている秦に対抗するために、隣国との同盟を組むことにしましたが、秦王が直接楚まで来てしまうので、懐王のあわてぶりが面白いです。でも、秦王のほうがかなり上手です。いろいろ仕掛けてきます。素敵な秦王の見どころたっぷりです。

姝の秦王への思いは通じるのでしょうか?

ユエはさらなる試練が待っています。黄歇との関係もどうなっていくのでしょう?茵が何かと押しをひっぱります。ユエの苦しい時期がやってきますが、救いもある7話から9話になります。引き続き一緒に見ていきましょう。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

7話 替え玉

黄歇に好意をよせている茵が庭で黄歇を見かけると、わざと足をくじいたふりをして、黄歇に近づく。それを見ていた姝は、邪魔をする。ユエと姝と黄歇が話をしているところに、茵がやってきて、ユエは黄歇が好きではないのよねとわざと黄歇に言う。しかし、黄歇は、子供のころから自分の心の中には、ユエしかいないと茵にはっきり告げる。

秦王の弟、樗里疾は、靳尚にたくさんの贈り物をし、買収をする。そして、靳尚は、婚姻関係が結べるよう、まずは南后に取り入り、秦からの贈り物として、夜光石を贈る。
夜光石でいちころ!

南后は、5国と秦の問題で頭を悩ませている懐王に名案をさずける。それは、婚姻関係を結びたいという秦王に、姝の身代わりを会わせることだった。

秦王が王宮に来たことを知ったユエと姝は、こっそり見に行く。そして、秦王が、この間、市で助けてくれた人だと知る。

秦王は、偽の姝を見て、一目で替え玉とわかるが、婚姻を申し込み、懐王は承諾をする。
だれが見てもわかってしまうような設定!

姝は、秦王が、替え玉を姝と思っているので、誤解を解いてほしいとユエに頼み込む。そこで、ユエは、黄歇と道で会った張儀といっしょに秦王に会いに行く。
張儀がここで出てくるのですね。何か展開がありそう!

秦王は、黄歇が屈原の弟子であり、その屈原が楚の中で疎まれていることも知っていた。いつか屈原が冷遇され、才能を発揮できなくなったときには、いつでも秦は歓迎すると伝えてくれと、黄歇に言う。そして、ユエは、秦王に、先日会った姝は、偽物であることを告げる。秦王は、傷の手当てのときに使った手ぬぐいを姝に返してほしいと、ユエに託す。
秦王はかっこよく描かれています!

ユエと黄歇は先に帰り、張儀が一人残る。張儀は、秦王にこの婚姻関係を自分が成就させ、5国との同盟を壊すと約束をする。

8話 消えた夜光石

秦王から預かった手ぬぐいを姝が受け取るが、それは自分の手ぬぐいではなく、秦王の名前入りの手ぬぐいだった。
素敵!

威后は、夜光石は、周囲を涼しくし、明るい光を放って、虫をよしつけないと知る。それを南后がもっていることを知ると、夜光石を借りてくるように侍女に命じる。
借りるという発想がおもしろい!

張儀は懐王に自分で書いた「玉女論」を読んでもらう機会を得、懐王から列国の美女探しを命じられる。軍資金として1000金をもらう。

それを見ていた南后は、阻止すべく、張儀を買収する。
南后はいつも鋭い!そつがない!

威后は、借りてきた夜光石を公主たちに披露するのだが、みんなが帰ったあと、茵は、こっそりその夜光石を持ち出す。

張儀が美女探しに出発する前に、懐王との宴席で、南后を一目見て、これほどの美女を見るのは初めてだ、最高の美女が楚の王宮にいるとは知らなかった、美女探しは自分には果たせないと言い、美女探しを阻止することに南后は成功する。

夜光石が戻ってこないので、南后は、懐王を通じて、威后に夜光石を返してもらうようにお願いするが、威后に夜光石は紛失したと言われる。

夜光石がなくなって、大きな騒ぎになってしまい、茵は焦る。そこで、ユエに濡れ衣を着せようと、ユエの裁縫籠に夜光石をこっそり入れ、そして、威后にユエが疑わしいと告げる。

ユエは犯人にさせられ、足切りの刑に処せられることになる。
いろいろな種類の刑が出てきます!

黄歇は、事の真相をつきとめ、太子に、ユエの冤罪を懐王と南后に何とか口添えしてくれるよう懇願する。

威后、懐王、南后みんなが揃っている中、黄歇と茵がそれぞれの主張をする。
二人が食い違った主張をしていて、これをどのように解決するのでしょうか?

9話 幽閉

黄歇と茵のそれぞれの主張が食い違う中、姝が夜光石を盗んだのは自分だと言い出す。それを聞いて、南后が、すべて誤解だったのね。夜光石は威后に差し上げるので、この事件はこれで終わりにしましょうと提案し、ユエは無罪放免となる。
南后の言葉ですべてがおさまるなんて、すごい!

自分を守ろうとしてくれた黄歇は、どんなことがあっても、ユエは、かけがえのない人だから、ずっとそばにいる。黄歇の望みは、ユエと心が通じ合うことだと告白する。
黄歇の思いは、強い!

茵は、ユエに今後は黄歇には近づかないようにと忠告をするが、ユエは、黄歇は運命の人かもしれないとわざと茵に言う。そのことを黄歇に伝えると、黄歇は、ユエも自分に好意をよせているとわかり、求婚をする。

茵は、威后に、ユエが姝と秦王との仲を取り持っていると告げ口をする。その証拠は、秦王から贈られた手ぬぐいだと言う。そして、威后の侍女が姝の化粧箱の中の手ぬぐいを見つける。
茵の腹いせ!これは大変かも!

威后は、ユエと姝を呼びつけ、叱責するが、ユエは、威后に口答えばかりし、杖罪20回に処せられる。そして、姝は、外出禁止になる。
とうとうこんなことに・・

ユエは月華台に幽閉されてしまう。

靳尚は、南后に天下の秘宝を贈る。これは百年で美女に変化するという伝説の九尾天狐の骨で作られていて、火をともすとよい香りを放つ最上の媚薬というものだった。南后は、しばらく懐王が自分のところに来ていないことを話す。その理由を靳尚に聞き、魏から魏美人が献上され、懐王が通いつめていることを知る。

魏美人が庭を歩いているときに、ユエと会う。孤独だった魏美人は、はじめて話し相手ができる。

7話から9話の感想

事の発端すべてが、茵がまいた種ですね。嫌がらせが半端ないです。黄歇に近づいても相手にされるわけないですよね。かえって嫌われてしまうのに。嫌がらせはまだまだ続きそうです。

黄歇が求愛をしましたが、どうなるのでしょうかね。ユエははっきりOKとは返事をしていなかったけど。結婚できなかったら、黄歇の大きな痛手になりそう。となんとなく気にしてしまいます。

そして、とうとうユエが幽閉されてしまいました。杖罰の後遺症も、痛々しい。ここからどうやってぬけでることができるのでしょうか。魏美人の存在も気になります。自分の意思とは関係なく、楚まで連れてこられ、とても嘆いている。とても弱弱しい女性に見えます。また、次の展開が楽しみです。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です