ミーユエ-あらすじ-31話-32話-33話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
公孫衍が、秦から逃げ出してしまい、そして、宮中の手先ということで、魏長使が、魏夫人の身代わりになって捕まりました。魏との関係が危うくなっています。さて、魏夫人はこの後、どうするつもりでしょう?

四方館は、ユエが秦王から行ってもいいとお許しをいただいた場所、そして、黄歇も庸ゼイから咸陽で一番にぎやかな場所ということで教えてもらった場所。やっぱり会うとしたらここかなって思いますよね。会えるのかしら?

展開がとても気になる31話から33話を、どうぞお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

31話 血書

魏夫人は血書を携え、秦王に拝謁を願い出るが、拒絶される。そして、華公子と一緒に宮殿の外で一日中、ひざまづく。
あんなにきれいだったのに。こんなにやつれた姿に!

そんな中、魏長使が自害したという知らせが入る。

秦王は、過ちを繰り返さぬよう猛省すること。さもなくば二度と華に会わせないということを条件に、魏夫人を許すことにする。
許すって、かなり寛大な処置!

魏長使の息子の壮太子を、魏夫人が引き取ろうとするが、王后は、これは自分の役目だからと、自分が引き取ることにする。

庸ゼイと一緒に四方館に来た黄歇は、ユエを見かける。近寄ろうとすると、張儀が制止し、外に連れ出す。
ユエを見つけた!

張儀は、黄歇に、ユエはやっと幸せをつかんでのだから、このまま会わずに楚に帰るように説得するが、黄歇は納得しない。
それがいいかもしれない!

ユエは、魏夫人が呼んでいるというので、会いに行く。魏夫人は、ユエに最敬礼をし、生きる道を与えてほしいと請う。ユエは秦王に従うだけで、争う気はないと答える。
魏夫人は、穆大監に玉を贈り、秦王にとりなしてほしいと請うが、秦王は魏を討伐しようとしていることを伝える。

魏夫人は秦王に上奏文を書く。それは、魏王の悪行を許してはいけない。今こそ魏を討伐すべきだ。そして、大将として、華に先陣を切らせてほしいというものだった。
ここまでする?

32話 光と影

金星と木星が月と一緒に現れる。これは凶兆をあらわしているのだった。

王后は、秦王の誕生日をお祝いすることで、厄払いにしようと、宴を催すことにする。王后は、何も知らないのだが、秦王は誕生日祝いをしたことがないのであった。

そして、祝宴に秦王が来るが、旧友に会わなければならないので、みんなで楽しんでくれと言って、すぐに帰ってしまう。

ユエは、秦王の外出にお供するように言われる。
妃が集まっている中、一人秦王に呼ばれるなんて!

秦王が向かった先は、商鞅の墓だった。商鞅は秦王にとって、生涯の敵であり、恩人でもあった。秦王は、商鞅を反逆罪で刑に処した。だが、商鞅が死んだ日は、秦王の誕生日だったのだ。このことは、絶対に誰にも話してはいけないと口止めされる。

王后は、秦王がユエだけを連れていったことに、傷つき、自分が秦王と心を通わすことができないでいることに嘆き悲しむ。
つらいですね!

ユエは王后に会いに行くが、秦王から口止めされていて、何も話すことができず、二人の溝が広がってしまう。

市場に薬草を買いに来ていた女医の摯を、黄歇が見つける。そして、自分が生きていることをユエに知らせる文を託す。

そんな中、ユエが懐妊する。
秦王の喜びはひとしおですね!

喜びにあふれているユエを見て、女医の摯は、黄歇からの文を焼き捨てる。
仕方ない!二人は引き裂かれる運命なのね!

33話 動揺

唐夫人のもとへ、秦王が来て、ユエを唐夫人の寝殿に一緒に住まわせてくれるように頼む。

張儀は、黄歇に咸陽を去るように諭すが、黄歇は耳を貸さない。

王后は、ユエに、空いている自分の寝殿の離れを見せるが、見せた意図は何も言わない。ユエは王后が自分に対して、まだ、わだかまりがあることを感じる。
関係が壊れてしまった!

王后は、秦王に、ユエを自分の寝殿の離れに住まわせてくれるようにお願いし、秦王は承諾する。

黄歇は、2か月ぶりに女医の摯に会え、文のことを尋ねるが、摯は、ユエが秦王の子を身ごもったので、渡すことができなかった。もう忘れてくれるようにと言う。
絶望!

玳瑁が、黄歇と摯が立ち話をしているのを見かける。そして、黄歇が庸ゼイの屋敷にいて、名前を黄欠と偽り、居候していることを王后に伝える。

王后は、離れに移ってきたユエに、さりげなく、黄歇が生きていたらどうするかと尋ねる。ユエはどんなことでもすると答える。
こんな聞き方はないですよね!

玳瑁は、口止めをされていたにもかかわらず、ユエに反感をもつ昭氏に、黄歇が生きていたことを話してしまう。
おしゃべり!

黄歇は、望みを絶たれ、どうすることもできないとわかり、楚に帰ることを決意する。

黄歇に昔、助けてもらったことがあるという一人の侍女がユエのもとにやってきて、黄歇が生きていて、今、咸陽にいることを伝える。
とうとうユエも知ってしまった!

31話から33話の感想

魏夫人の身代わりになった魏長使は自害して、魏夫人は生き残りました。魏夫人の図太さには、驚きます。秦王はすぐに許してしまったけど、なんのお咎めもないなんて、ありえないですね。

黄歇がやっとユエを見つけました。でも、張儀に止められます。張儀の行動は正解ですね。今はもう、昔のユエではないですからね。でも、黄歇はかわいそう。ユエのために戦って、怪我をして、やっと会いに来れるようになったのに。時すでに遅しなんて。

でも、そのユエも黄歇が生きていることを知ることになり、どうするのかしら?

王后とユエとの関係が崩れつつあるのも、悲しいですね。信頼しきっていた仲でも、こんな風に小さなひっかかりが少しずつ大きくなってしまうのですね。なんとか修復されることを祈ります。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です