ミーユエ-あらすじ-34話-35話-36話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-34話-35話-36話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
黄歇は、ユエへの思いを断ち切り、楚に帰る決意をします。一方、ユエは、黄歇が生きていることを知ります。秦王の寵愛を受け、懐妊までしているユエは、どうするのでしょう?とってもつらい状況ですね。

でも、会わないではいられないですよね。けれども、会ってしまったら、そのあとは?ユエは、どう決断するのでしょうか?

ユエの苦しみが続いてしまう34話から36話を、どうぞお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

34話 二つの思い

ユエは、摯を呼んで、黄歇が生きていることが本当かどうかを確かめる。そして、ユエは、必ず黄歇に会いに行くと決意する。
生きているなら、会いたくなるのは当然ですね!

張儀は、庸ゼイに、屋敷にいる黄欠は、本当は楚の黄歇だと明かす。張儀は、二人のことが騒ぎになるのではないかと心配している。

昭氏と玳瑁は、ユエを陥れようと画策しているが、王后は、知らぬふりを決め込む。

ユエは黄歇に会いに行こうとするが、葵姑に止められる。そこに、秦王が来て、外に出たいというユエに、四方館に行ってくればよいと外出許可をもらう。

ユエと黄歇は、それぞれ伝言を受け取る。それは、15日に四方館で待つというものだった。

魏に逃げた公孫衍は、打倒秦のために、6国合従を唱えている。楚と燕の懐柔は容易なので、礼物を贈って、封じることにする。

ユエは、秦王に隠し事をしていることに心を痛める。話しておかなければと思い、話を切りだすが、黄歇に会うということは、結局、言い出せなかった。
言わなきゃだめなのに!

そして、四方館で、ユエと黄歇は会う。

秦王が家臣と軍議をしている中、昭氏が押しかけ、ユエが黄歇と密会していることを告げるが、秦王は、まったく取り合わない。

ユエは、黄歇が生きていてよかった。私の心の中ではずっと生き続けていたと言う。

35話 涙の決断

ユエと黄歇は、離れていた間の二人の心を取り戻す。そして、黄歇は、威后が死んだので、婚儀を逃れた罪は問われないから、楚に戻ってくるようにと師匠から文が来て、明日帰ることを決めていて、ユエに、一緒に帰ろうと言う。

ユエは、すぐに返事ができない。しかし、黄歇に何度も返事を求められ、小さくうなずく。
えっ。うなずいてしまったの?

ユエは、宮殿を出る準備をするが、まだためらっている。覚悟を決め、荷物をもって立ち上がると、お腹の子供が動く。ユエは、秦王を忘れることはできない。どうすればいいのと言いながら、泣き崩れる。
つらいなあ!

黄歇は、ずっと待っていたが、ユエが来ないので、あきらめて一人で楚に向かう。
黄歇もつらい!

しかし、黄歇は、秦王に引き留められ、酒を酌み交わす。

秦王が寝殿に戻ると、ユエが書物の整理をしていた。ユエは、秦王と言葉をかわしているうちに、自分の気持ちがはっきりしたと感じる。
自分の気持ちに正直になれて、とてもいいシーン!

ユエは、四方館での出来事は、張儀の仕業だと思っていたが、張儀から、あれは、二人が罠にはまらないようにと,秦王が気遣ってくれたことだと知る。

摯は、強盗に襲われ、けがを負ったため、王后が代わりに艾をよこした。

臨月のある夜、ユエは突然激しい腹痛におそわれ、破水をしてしまう。葵姑は、王后に侍医を呼んでくれるようお願いするため、寝殿にいくが、玳瑁がとりあわない。葵姑は、艾が姿を消しているのがおかしい。陰謀だと主張し、玳瑁に捕えられてしまう。

36話 覇星の子

ユエが重篤という知らせを受け、秦王は急いで王宮に戻る。騒ぎを全く知らず、王后が寝ていたのを知ると、秦王は激しく叱責する。しかし、王后に何も知らせなかったのは、すべて玳瑁が独断でやったことだとわかり、玳瑁が杖罰20回の刑で、牢に入れられる。

難産に苦しむユエを、秦王は扉の外から励ます。そして、無事に男の子を産む。
王なのに、扉の外とはいえ、出産に寄り添ってくれるなんて、ユエは幸せ!

玳瑁が、薬で王后を眠らせている間に、艾に毒をもらせ、ユエと子を殺そうとしたということがわかった。しかし。王后も責は免れないと秦王は言う。

ユエは丸二日眠り続けた。

艾が捕まり、玳瑁の指示だったとすべてを自供し、玳瑁はさらし首の刑に処せられることになる。

王后は、ユエに、玳瑁の命だけは助けてくれるよう秦王にとりなしてほしいと頼むが、ユエは、それはできないと断る。
王后はユエの心配をしなかったですね。ありえない!

王后は、自分の頼みを断ったユエに敵意をもつ。

秦王は、ユエの子に穀物を表し、五穀豊穣で国が栄えるようにと、稷と名付ける。

ユエは、秦王に、今回のことは、王后は何も知らなかったので、罪に問わないでほしいと頼むと、秦王は、聞き入れてくれた。

34話から36話の感想

黄歇にやっと会えたけど、元の二人には戻れなくなってしまいました。時がたちすぎてしまったのですね。ユエの心は、すでに秦王に向いてしまっていました。黄歇はかわいそうだけど、相手が秦王では、あきらめるしかないですね。ユエが秦王を心から大事な人と気がついて、秦王に抱きついたシーンが印象的でした。ユエのかわいらしさが出ていました。

秦王がどんなにユエを思っているかというシーンが何回も出てきて、とてもドラマチック!こんなに愛されるなんてユエは幸せ者です。でも、こんなに優しくて、情熱的な王様がいるなんて!ドラマだからですよね。
そして、王后は、不幸になる一方ですね。これから何かが起きそうで、怖いです。やはり、王様は一人だけを愛してはいけないのだと思います。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です