ミーユエ-あらすじ-37話-38話-39話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-37話-38話-39話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
黄歇と一緒に楚に帰ることをあきらめ、秦に残ることにしたユエが、玳瑁の陰謀で毒をもられ、母子ともに危険な状態となってしまったが、なんとか男の子を産むことができました。

玳瑁が処刑されることになり、ユエが王后の頼みを断ったことで、ユエと王后との関係が壊れてしまいました。なんとかならないでしょうかね。嫉妬心というのは、どうにもならないのかしら?

王后との関係に更に溝が深まってしまう37話から39話を、どうぞお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

37話 近づく戦

出産から数か月後、ユエは、やっと外を歩くことができるようになるが、王后とは、疎遠になり、王后がユエを避ける。ほかの妃もユエを遠ざけている。

公孫衍は、諸国の宰相になり、打倒秦の準備を進めているが、張儀は、彼らは烏合の衆だから、1国を撃退すればすぐに同盟が瓦解すると主張する。

西の脅威である義渠の懐柔を図るため、華公子と張儀が義渠王の婚儀に行くことになる。

ユエは、暑気払いにと、紫蘇で作った飲み物を王后に持っていくが、王后は、ユエが帰ったあと、それを捨てるように命じる。
ここまで変貌してしまうの?

義渠王の婚儀で、お祝いに来た魏の使者と張儀が口論になる。

秦王の寵愛もなく、地位もない昭氏は、不満を抱いている。中行期という人物に、他の妃たちを仲間割れさせたいと思っていると話す。中行期は機会を待たねばならないが、もうすぐその機会が来ると答える。

ユエは、書物を読んでいて、列強の戦いが数百年も続いていることを嘆く。人の数が増えているのに、土地が少ないので、自分の土地と食料を守るために戦うしかない。しかし、秦王は、土地が余っている場所もあるし、食糧が豊かな場所もある。みんなで適切に分配すれば、戦う必要はない。でも、そう考える王は少ないので、子孫に実現してもらいたいと言う。

また何か起こることがないようにと、穆辛がユエに仕えることになる。

ユエは、楚の宝物である「和氏の璧」が咸陽に来ていることを知る。

38話 謎解き

中行期は、范賈を使って、和氏の璧の噂を広め、高く売ろうと考えていた。

張儀が、義渠から戻り、ユエがかわいがっていた狼(らん)が大きくなっていることを伝えるが、もし、秦と義渠が戦うことになったら、狼が板挟みになり苦しむことになるかもしれないと聞いて、ユエは秦王に頼んで、狼を呼び寄せることを考える。

和氏の璧は、かつて張儀が盗んだと疑われた因縁のもので、自分では手に入れにくいので、ユエに購入するのを手伝ってくれるようお願いする。
張儀がなにか企んでいるのではないよね?

王后も和氏の璧のことを耳にし、楚の国のために、手に入れることを考える。

范賈は、王后が買いたいと言ってきたと、中行期に伝えると、中行期は、ますます値があがると喜ぶ。でも、最後に売り渡すのは、ユエだと言う。
やはり、はめられていますね!

庸ゼイは、中行期の動きがあやしいと感じ、行動を見張っている。

王后が、ユエも玉を手に入れようとしているのを聞く。そして、「玉を得る者は、天下を得る」という後宮での噂から、高値でも絶対に手に入れるよう命じる。

王后の侍女が、お金を用意して、范賈のところに行くと、范賈は今売ってしまったところだと言う。侍女は、和氏の璧の箱を持っている穆辛から無理矢理奪い取ろうとする。
強引すぎ!

そこに、穆大監が現れ、それぞれ半分ずつ支払い、宮中に戻るように命じ、和氏の璧は、穆大監がもっていくことになる。そして、1日ずつ交代で所有することになる。

和氏の璧は、箱から玉をとりだせないからくりになっている。秦王は、このからくりが解けた者が玉を得ることにすると提案する。

王后は、優秀な細工師を集めて、知恵を絞る。ユエは、書物の中で糸口を探してみる。

39話 毒と薬箱

ユエは、「山海経」からヒントを得て、和氏の璧のからくりを解くことができた。しかし、中に仕込まれた毒に触れ、倒れてしまう。そして、昏睡状態になる。毒の種類がわからず、侍医もなすすべがない。
すごいしかけですね!

王后は、自分も毒に触れたかもしれないと楚から持ってきた解毒薬を飲む。
そんな人ではなかったはずなのに!自分だけ守るのですね!

中行期が密書を隠しているところを庸ゼイが見つけ、捕える。秦から脱出しようとしている范賈も捕えられる。そして、中行期と張儀は、親交があったことを秦王が知る。

諸国が軍備を整えていることを知り、秦王は、武具の調達や徴兵を命じ、開戦の準備をさせる。張儀は、戦の早期終結のために、諸国を訪ね、同盟に亀裂を生じさせると述べるが、秦王は、考えさせてくれと答え、同意をしなかった。
張儀はなんか疑わしい!

解毒薬を飲んだことを耳にした魏夫人は、和氏の璧に毒針を仕込んだのは、解毒薬をもっている王后だと秦王に密告する。
チャンスは見逃さない!

王后は、秦王に、楚から持参した薬箱を携えて来るようにと言われる。王后は薬について弁明するが、秦王に矛盾を指摘される。

王后がもっていた薬が蛇毒に効くことがわかり、真相が明らかになるまで、王后は禁足となる。外部からの出入りも禁止になる。

中行期が白状したことには、和氏の璧は、先月、張儀から手渡されたもので、張儀は秦から逃げ出す資金にするため売りに出したのだろうということだった。

37話から39話の感想

ユエは出産の前に毒を盛られて、そして、やっと回復したかと思ったら、今度は毒針なんて、強運の持ち主でなかったら、とっくに死んでいますね。

王后の変貌ぶりには驚きました。王后が毒針をしかけとは思えませんが、薬を持っているのに、自分だけ飲んで、薬があることを知らせないなんて、死んでもいいと思うくらいの気持ちになっていることですものね。ここまで変わってしまうものなのですね。

この和氏の璧は、いろいろな逸話があるみたいです。完璧という言葉は、ここからできたとか。それにしても、箱のからくりは、とても面白かったです。みんなで知恵を絞って解く姿もよかったです。

でも、王后は、これからどうなってしまうのでしょう?ユエなら助けてあげるのではないかとは思うのですが・・・

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です