ミーユエ-あらすじ-40話-41話-42話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
毒針で命が危うかったユエでしたが、王后の解毒薬で一命を取り留めました。本当によかったです。まさに強運の持ち主です。

でも、今回のこの騒動は、誰が、何のために仕組んだものなのか見えてきませんね。張儀も王后も疑われていますが、犯人はいったい誰なのでしょう?和氏の璧が咸陽に来ていることも変ですものね。謎に包まれています。それをユエが解明していくので、楽しみに見てください。

長いかなと思っていたドラマも、早くももう半分まできましたね。波乱はまだまだ続きます。では、今回は40話から42話を紹介いたします。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

40話 疑心

中行期の供述から、張儀に嫌疑がかかり、自宅軟禁となる。

ユエは薬が効き、昏睡からやっと目が覚める。
秦王がそばにいるときに目が覚めるなんて、幸せね!

和氏の璧を手に持ったユエは、和氏の璧が偽物であると気づく。

王后と張儀に嫌疑がかかっていることを知ったユエは、和氏の璧が偽物であるから、張儀が盗んで高く売却したというのはありえない。犯人は張儀を狙ったものだ。そして、王后の薬が功を奏しても、毒針を入れたとは限らないと二人を擁護する。

秦王は、ユエの話を聞いて、公孫衍が張儀を陥れる策略だったと気づく。ユエは、敵が張儀に恨みを持つなら、なおさら張儀を諸国に送り、諸国を分裂させ、公孫衍の策を潰すべきと主張する。

秦王に疑いをもたれ、屈辱を受けた張儀を、ユエは、自ら説得に向かう。そして、再び気持ちが奮い立った張儀は、秦王に、決意を新たに忠誠を誓う。
張儀はあやしさ満点だけど、本当は違うのですね!

穆大監が王后のもとに来て、ユエは回復し、自ら事件を解決して、秦王に王后の無実を訴えたことを伝える。そして、秦王の命で侍衛を撤収すると言った。
ユエに救われたのだから、二人の溝もうまるといいな!

穆大監の進言で、王后は、秦王の信頼を取り戻すために、輿入れ道具の目録を提出することにする。

41話 移ろい

王后は、自分の輿入れ道具の目録を提出するが、侍妾たちにも荷物を調べて報告するように命じる。

昭氏の輿入れ道具の中から、中行期と通じているという証拠になる文が出て来る。秦王は、昭氏に自害を命じる。それを聞いて景氏は、早産になり、子はすぐに死んでしまう。

王后は、すぐに秦王に謝罪に行くが、秦王は、王后も被害者と考え、お咎めはなかった。

ユエは、大公主が燕に嫁いで3年になったが、燕王が崩御してから連絡が途絶えていて、心配していることを秦王に話す。秦王は、張儀が燕に赴くので、その時に状況がわかると答える。

東周の書生、蘇秦が門のところで、秦王に会わせてほしいと言ってくるが、校尉が、秦王に会いたいなら献策をすることだと言って帰す。

魏冉が咸陽に戻ってきて、ユエに会う。そして、軍功の褒美にもらった物をお土産に渡す。しかし、魏冉は、すぐに戦場にもどってしまい、ユエはふさぎこむ。
ユエの喜びはひとしおでしたね!

秦王は、ユエに、書生たちが書いた策論の分類をしてほしいと頼む。
ユエが喜びそうな仕事!

王后は、自分が秦の王后になったが、何においてもユエには及ばないことを自覚する。そして、ユエがやっている策論の分類の手伝いをさせてほしいと秦王に願い出る。
王后はやっと気がついたのね!

策論の中から、秦王あての大公主の文が出てくる。

42話 親子の絆

張儀の弁舌が功を奏し、燕と斉は静観することになったが、趙、魏、韓が函谷関に侵攻し、緊迫している。
蘇秦の策論の中で、大公主の密書を見つけたことを、王后とユエが、秦王に報告する。

秦王に呼ばれた蘇秦は、先王のあとを継いだ燕の噲太子は暗愚で、宰相子之は、燕王の座を狙っており、半年前に易后(大公主)と職公子を韓に人質として送ったのだと証言する。

秦王は、魏冉に韓の都へ向かわせ、二人を救出することを決意する。そして、大公主は無事に救出されるが、職公子は、趙の人質になってしまう。
ユエの意見が通ったのですね!

大公主は、職をすぐに助けてもらうよう、秦王に頼むが、秦王は、職は燕の王位継承権を持っているから、命を取られることはないと言って取り合ってもらえない。
かわいそう!

司馬将軍の活躍で、函谷関で敵軍を退けることができ、秦王は少し安堵する。

ユエは、蘇秦の策論を読み、鋭い洞察で、見事な論であると感じたが、張儀の考え方と、とてもよく似ているので、登用については、秦王に任せることにする。

蘇秦が秦王に謁見を求めるが、秦王はユエが特に推していないことを知り、断る。
ユエの判断に従ってますね!

ユエの進言で、趙へ使者を出したが、職を連れ戻すことはできなかった。

大公主は、蘇秦の才覚が秦王に認められて、秦で功を立てられたらいいと思っていると、王后に話す。

大公主は、蘇秦の策論がなぜ取り上げられないか、ユエに尋ねるが、ユエは秦王が決めていると答える。

王后は、大公主に、張儀はユエが後ろ盾になり、大王に次ぐ地位になった。だから、張儀を脅かす才人を遠ざけたいのだと言って、ユエが蘇秦を取り上げない理由を話す。
王后がまた余計なことをしてますね!

王后は、大公主が蘇秦に好意を抱いていると確信する。

40話から42話の感想

和氏の璧の一連の騒動は、大変でしたね。ユエの命が助かったから解決したけど、危なかったですね。蛇の毒のこわさも知りました!

疑われた張儀の反応は、滑稽に描かれていて面白かったです。ユエの弁舌もなかなかのものです。張儀に負けてないですね。

印象的だったのが、冉との再会シーンです。冉があまりに成長して立派になっているので、誰も冉だとわからず、昔、切られてしまった指を見せるところが、なんとも痛々しい感じですが、そんなことに屈していない強さは、まさにユエの弟です。

そして、王后の動向が気になりますね。反省しているような、してないような様子で・・でも、簡単に溝は埋まりそうもないですね。また、失態をしなければいいですが。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です