ミーユエ-あらすじ-58話-59話-60話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-58話-59話-60話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ユエと稷たちは、燕に人質として送られたが、燕に到着しても易后から何の連絡もなかった。滞在している部屋が火事になり、宝石類も盗まれ、困窮した生活を送っていた。

ユエが、宰相に直接会いに行ったあと、正装のための着物が届けられ、ユエと稷が招待をされることになった。しかし、ユエと茵が行ってみると、招待をしてくれたのは、易后ではなく、旧敵の茵だった。ユエは燕に来てから起こったことがすべて茵の仕業であるとわかり、着ていた着物を脱ぎすて、外に出る。そこに通りかかった蘇秦が助けてくれた。

蘇秦もユエの味方になってくれそうですね。やっと苦しい生活からぬけだせるのかしら?では、今回は58話から60話をご紹介いたします。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

58話 救いの手

蘇秦は、毛皮と買い戻してくれ、医者も呼んでくれた。
救いの神ですね!

易后は、蘇秦と会い、ぜひ燕にとどまり、朝廷を支えてほしいと請う。蘇秦は、斉に報復するには、燕だけでは無理なので、楚、魏、秦などと共に打倒すべきと進言する。それを聞いて、燕王の職は、すぐに同盟を組むように郭隗に命じる。

蘇秦は、ユエたち人質の惨状についても進言し、易后は、郭隗に善処するよう命じる。

易后は、蘇秦から話を聞き、秦への登用のことについてのユエへの誤解が解け、ユエを手助けすることにする。
やっと誤解が解けてよかった!

郭隗は、茵に国事のことに口をだすなと批難するが、茵には頭があがらない。
情けない!

ユエたちは、相変わらず生活に困窮していた。そこへ、五婆という仲買人から、書写を依頼され、炭と食料を受け取る。
助かった!

駅丞の趙臣は、このことをすぐに茵に報告をし、茵は、ユエたちを駅館から追い出そうと考える。
次から次へとよく悪知恵を働かせますね!

ユエたちは、駅丞の趙臣に理不尽なことを言われ、追い出されることになる。

秦では、秦王になった蕩が横暴を極め、司馬錯と魏冉が朝廷を去る。
予想通りの状況!

約束の書写ができあがったのだが、書写のことは白紙になってしまった。しかし、五婆が、住む場所を紹介してくれる。

59話 自助の道

ユエは、五婆から紹介された下町の家に引っ越すことにした。家主は家族を亡くし、精神を病んだ貞という女性で、一緒に暮らすことになる。

五婆に手助けをしてもらい、着物を売って生計を立てることになる。

秦では、恵后が嬴夫人の年俸をみて、高すぎるといって、差し止めの命令をする。嬴夫人は、年俸が届かないことを知り、恵后が交渉を持ちかけさせる気であるのだとわかるが、交渉に行くつもりはなく、自給自足をしていこうと考える。
広い敷地があると自給自足も可能ね!

白起は、司馬将軍と兄の魏冉の兵権を奪った蕩と恵后を殺し、稷を秦王にしたいと義渠君に訴え、義渠の兵を借りて、秦を攻めようと考えている。
白起の活躍が見れるかしら?

黄歇が、楚の使者として燕の宰相府を訪れた。秦の人質であるユエと稷について聞くが、宰相の郭隗は何も知らず、同席をしていた蘇秦が、駅館から追い出されて今は行方不明であることを伝える。黄歇は、すぐに探すように要求する。
また、黄歇と再会できるのかしら?

五婆が着物を売っているところに黄歇がやってきて、楚に咲く花の刺繍がしてある着物を買う。

茵は、郭隗にユエと黄歇への恨みを晴らしてほしいと懇願するが、郭隗は、人質を利用して、秦をけん制できると考え、茵にこれ以上手出しをしないようにきつく言い渡す。

秦では、樗里疾が、秦王の蕩の東征の目的が、周の天子を討ち、王城と九鼎を手に入れることと知り、猛反対するが、他に反対するものはいず、孤立する。

60話 混迷

嬴夫人は、自ら畑を耕し、腰を痛めてしまう。それを知った庸ゼイが駆けつけてくれ、当面必要な食料と薪などをもってきてくれる。

ユエは、五婆が市場で黄歇に会ったことがわかり、その人を探してほしいと頼む。

秦では、樗里疾が司馬錯と魏冉を呼びつけて、秦王の蕩が東征を決定したことを伝える。危機を目前にして放っておくことはできないといって、二人に助けてくれるよう懇願する。
いまさら?

周の都、洛邑に到着した蕩は、天子が天下を治める証しである九鼎を目の前にして、九鼎を持ち上げられるかどうかの賭けをする。蕩の侍従の3人がやってみるが持ち上げられず、蕩がやってみることになる。そして、蕩は、持ちあげることができたのだが、落として、下敷きになり、死んでしまう。
蕩らしい死に方ですね!

蕩の送り名が、武王とされた。失意の恵后は、3人の侍従を重い刑で処罰する。そして、魏長使から引き取った壮を新王にしたいと言うが、樗里疾は、反対する。一方、甘太夫は、恵后の意見に賛成する。

ちょうどそのころ、魏頤が懐妊したことが知らされる。
タイミングよすぎ!

恵后は、先王のもう1枚の遺詔が、嬴夫人のところにあるとにらみ、離宮を封鎖することにする。

庸ゼイが嬴夫人に会いにいき、嬴夫人からユエと稷をすぐに呼び戻すように頼む。

58話から60話の感想

ユエは、いろいろな知識と技術も兼ね備えているので、生活のためにそれらを活用できる力があって、素晴らしいです。誰かに頼って生きていく必要が全くないですね。でも、その力を世のために使ってもらわないといけないですね。

茵は本当に腹が立ちますね。感情だけで恨んでいるのですものね。どうしようもないな?夫の宰相も頭があがらないなんて・・・そして、もう一人。せっかく秦王になったのに、ただ力だけで権勢をふるおうとしているなんて・・・やはり賢くない死に方になってしまいましたね。

さて、楽しみなのは、黄歇との再会ですよね。会えるのかしら?そして、庸ゼイが、嬴夫人に言われて、ユエと稷を迎えに行きました。無事に秦に戻って来れるのでしょうか?ドラマもいよいよ後半戦ですね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です