ミーユエ-あらすじ-61話-62話-63話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-61話-62話-63話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ユエたちは、着物を売ることでなんとか生活をしています。そんな中、楚の使者として黄歇が燕にいることを知る。

一方、秦では、東征を決めた秦王の蕩が、周の都に着いたのだが、鼎の下敷きになり、命を落とす。秦の新しい王を決めなければならず、それぞれの思惑がうごめいています。

嬴夫人が、庸ゼイにユエと稷を呼び戻しに行かせました。無事に二人は秦に戻ってくることができるのでしょうか?では、今回は61話から63話をお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

61話 空位の王座

華公子が新王擁立に関しての朝議に出席するため、戻ってきた。そして、魏頤の懐妊が嘘であることを知る。魏夫人は、どこからか赤ん坊を手に入れその子を王位につかせ、そののち、華の子を王位に継がせるという考えを華に伝える。
魏夫人の無茶ぶりはすごい!

朝議で、華公子は、武王を非難する。恵后は、魏頤の子が生まれるまでには半年あり、それまで君主を不在にするわけにはいかないので、新王を決め、もし、男の子が生まれたら、その子に王位を譲ることを提案する。

恵后は、3つの大きく実った桃を手にし、1つは自分で食べ、残りは功の高い臣下にやると宣言。1つは樗里疾に渡った。そして、残りの1つをめぐって、恢と華が争い始める。

華が桃を取ろうとするのをみて、恢が剣を抜き、二人が戦い始める。そして、兵も入ってきて、華は恢を殺してしまう。
凄惨!

一方、燕では、五婆がユエに、陶尹の息子の婚礼衣装を作る仕事をもってくる。ユエは、破格の報酬に疑念を抱くが、引き受ける。

ユエは、婚礼衣装の手付金と宝石と金糸を受け取る。生地のつづれ織りがないので、ユエはこの件をとてもいぶかしく思う。

そんなある日、廷尉右丞がユエの家に押し入り、婚礼衣装の手付金と宝石を見つけると、ユエを陶尹の屋敷から盗んだ黒幕だと糾弾する。
やはり罠ね!

62話 逃走

五婆が捕まえられ、ユエも連行されようとしているところに、黄歇が来る。
いいところに来てくれました!

稷の毛皮をめぐって、貞が右丞に刺されたのをきっかけにして、乱闘になる。そんな中、義渠君が救援に駆けつける。右丞が命を落とし、ユエたちは燕から逃げることを決める。
なんでこんなことに・・・

知らせを聞いた茵は、すぐに城門をしめ、ユエたちを捕えようとするが、ユエたちはその前になんとか脱出する。

茵の侍女の菱児は、ユエたちを助けたいと思い、蘇秦にすべての事情を打ち明ける。
偉い!

夜、黄歇と二人になったユエは、張儀が病死したことを知る。そして、弟の戎からの手紙を受け取る。黄歇は、ユエに秦でのことは前世のことと思い、これからは自分と一緒に新しい人生を始めないかと言われるが、返事はできなかった。
そんなに簡単にはいかないですよね

郭隗は、茵が兵を出し、ユエたちを追わせた上、宰相の令府も勝手に使い、斉にも協力を要請したという報告を受け、激怒する。

事情を知った蘇秦は、すぐに易后のもとへ行き、ユエたちの救出を求めた。

ユエは、義渠君に、まず斉に行き、そのあと楚に戻ることを伝える。
楚も危ない気がするけど・・・

茵は、自らユエたちを追う。
執念ですね!

63話 私怨の果て

郭隗は、馬を飛ばして、茵がいるところまで追ってきて、大王や易后に無断で軍を動かせば、大罪になることを告げ、勝手な行動をするなと厳しく言い渡す。

郭隗は、田将軍に向けて秦の人質に危害を与えないようにという文を書き、すぐに届けるように命じるが、それを茵は、すぐに殺すようにと改ざんする。

ユエ一行が、国境で田将軍と対峙する。ユエは突破することを決め、先頭になり、馬を進める。そこへ、易后がやってくる。
間に合ってよかった!

郭隗もやってきて、今までの非礼を陳謝する。そして、易后とは、久しぶりの再会なので、その晩は、国境の駅館に泊まるようにと進言する。

郭隗は、今回の騒動は、自分の責任であり、大王に謝罪し、罰を受けると言う。そして、宰相に職を辞任したいことを伝え、後任に蘇秦を推薦する。

郭隗は、茵がやってきた悪事をすべて見抜き、茵を幽閉する。
対応が遅い!

易后は、ユエとの会食で、蕩が亡くなったことを伝える。

郭隗は、茵がユエたちの飲み物に毒を盛ろうとしているのを察知し、阻止する。
今回は見抜いてくれましたね!

易后は、ユエに秦に戻らないのなら、燕に残ることを提案するが、ユエは、楚に帰るという気持は変わらないことを伝える。

郭隗は、茵の横暴を許すことができず、ついに茵を殺してしまう。
ついに郭隗は決断したのですね!

61話から63話の感想

燕に来てから、ユエたちは、ずっと茵のせいで、苦しめられてきました。それも私怨からだから、たまらないですね。もとは小さな嫉妬からですものね。郭隗がやっと茵の悪事を知ることになり、殺してしまいましたが、殺さないと自分が殺されかねないです。そんな時代なのですね。それでも、茵が死んだことを聞いて、ユエは心を痛めるのですから、心のやさしい人なのですね。

黄歇と再会できました。黄歇は、まだユエだけを想って生きているのですね。楚に戻って、二人の生活を考えているのかしら?そんなことは不可能ですよね。覇星と言われたユエにはやるべき大きな使命がありますからね。

張儀が死んだことが知らされました。ユエが秦に戻ったら、必ず戻ってくると言っていたのに。とても残念!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です