ミーユエ-あらすじ-64話-65話-66話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-64話-65話-66話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ユエたちは、罠にはめられ、燕から逃亡することになってしまいました。黄歇と義渠君も助けてくれ、国境までなんとかたどり着きましたが、田将軍と対峙してしまいます。そこに、易后がやってきて、すべてをおさめてくれ、二人は久しぶりの再会を果たす。

易后は、燕にとどまるように言うが、ユエは、楚に戻ることを決めていたのでした。そして、いよいよ出発の前日になりました。本当に、秦に戻らずに、楚に帰るのでしょうか?では、今回は64話から66話をお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

64話 分かれ道

ユエたちが楚へ立つ前日、庸ゼイが来る。稷を新王として迎えるために来たことを告げる。

秦は、恵后派と華公子派に分裂をしていて、諸国も秦の自滅を待って攻め込もうとしているという秦の窮状を訴える。そして、先王が、遺詔を残していて、それには、王位争いが起きたら、稷公子を王にするようにという内容だといい、秦に戻ってきてくれるように懇願する。

そこに、黄歇がやってきて、公子が争っている中で、兵も領地も財産もない母子に重責は担えないといって、庸ゼイを突き返す。

ユエは、先王とかわした天下統一の約束を思い出し、黄歇と別れ、庸ゼイと秦へ向かう。
振り切り方がすごかった!黄歇には何も言えなかったのね!

ユエは、黄歇を二度も裏切ってしまったことに、大泣きする。
つらいね!

恵后は、甘太夫から、樗里疾が燕に赴く庸ゼイを見送ったことから、ユエを呼び戻すつもりであることを知る。

魏夫人と武王后は、ユエの帰国を利用して、恵后に対抗しようと考える。

秦に向かう途中、恵后の兵に追われ、庸ゼイが負傷する。魏冉が助けに来てくれ、稷を預け、ユエと庸ゼイは北の離宮に向かう。

嬴夫人と再会を果たし、嬴夫人は、肌身離さず持ち歩いていた遺詔は命より大切なものだから、しっかり守ってほしいとユエに託す。
そんな中、恵后が兵を率いて、離宮にやってくる。

嬴夫人は、急いで、ユエたちを離宮の外に出られる秘密の通路から逃がす。

65話 遺詔の在りか

嬴夫人と恵后は、遺詔をめぐって言い争いになり、恵后は、ユエたちを探し回らせるが、見つけ出せず、離宮に火を放ち焼き尽くす。
ひどい!

外に無事に逃げおせたユエたちは、離宮が燃えているのをみて、心を痛める。しかし、樗里疾のところに急ぐユエは、途中、魏夫人の兵に出くわし、連れ去られる。

魏夫人と武王后は、ユエを恵后から守るという口実で、自分の宮殿に住まわせるのだが、目的は遺詔の在りかを聞き出すことであった。

魏夫人は、ユエに湯あみをさせ、その間に、脱いだ着物の中に、遺詔を隠していないか探す。

魏夫人は、ユエに、今、私たちの共通の敵は恵后で、恵后は私たちを邪魔者と思っている。だから、協力しあう必要があると言って、遺詔のことを聞き出そうとするが、ユエはしらをきる。

魏夫人は、その遺詔には、稷を王位につかせると書いてあり、そうなることが公子たちの争いを治め、天下を平定することができると言う。
そんなわけない!

魏夫人と武王后は、蠱毒を操る草鬼婆から、蠱と解毒薬を手に入れる。 

食事に毒を盛られたユエは、痛みに苦しむ。そこに、魏夫人と武王后がやってきて、稷が即位したら、華を摂政にし、武王后の子を太子にすることを証文に書くように迫る。そして、証文を書くなら、解毒剤を渡すと言う。
いろいろ手をうってきますね!

ユエが暴れた拍子に解毒剤が水の中に落ち、役に立たなくなってしまう。

66話 身代わり

苦しんでいるユエのところに、穆辛が尋ねて来る。ユエは、魏夫人と武王后に蠱毒を盛られたことを伝える。そして、穆辛に簪を渡して、庸ゼイと魏冉と以前虎威に教わった咸陽の毛皮商を訪ねて助けてもらうようにと伝える。
いいところに穆辛が来てくれました!生きていたのね!

知らせを聞いた義渠君と白起は、すぐにユエを助けに行き、草原に連れていく。
義渠君は、いつも助けてくれますね!

義渠君たちは、ユエを救う手立てがなく、手をこまねいていた。

老巫が、ユエの体の蠱を他の別の体に移せばユエの命が助かるといい、義渠の男の中から選ぶことになった。
巫術で治すなんて、ナンセンスだけど、紀元前のことですものね!

男たちは一人ひとり、豆をとる。黒豆をひいた男がユエの身代わりになるのだが、最後に引いた義渠君が黒豆を引く。
運命ですね!

義渠君のおかげで、ユエは一命をとりとめる。そして、髪に簪が刺さっていないことに気がつき、白起にたずねると、白起が穆辛から預かっていたのだった。
簪に大事なものがありそうですね!

回復したユエは、義渠君が身代わりになって助けてくれたことを知り、義渠君のもとへ行く。

生死をさまよっていた義渠君に、ユエは、生きてくれたら義渠君の女になると約束し、義渠君はなんとか乗り越えようと頑張るのだった。

64話から66話の感想

庸ゼイが迎えにきたら、秦に帰るしかないですよね。黄歇には、悪いけど、小さな世界に閉じ込めてしまうのはもったいないです。でも、混乱している秦で、恵后からは命を狙われているし、いばらの道であることは間違いないですね。早速、魏夫人から毒を盛られましたものね。

義渠君のおかげで、助かったけど、危なかったですね。苦しんでいる義渠君に、義渠君の女になると約束していたけど、そんな約束して大丈夫なのかしら?でも、義渠君は、何度も助けてくれ、今回も命をかけて救ってくれたのですものね。熱い思いを感じられ、心が動かされてしまいますよね。
白起は、まだ狼のようなしぐさが直らないのが、面白いですね。普段は人間らしくなったけど、何か特別なことが起こったときには、本能がでてしまうのかな?狼青年って感じですね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です