ミーユエ-あらすじ-76話-77話-78話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-ミーユエ-あらすじ-76話-77話-78話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

ミーユエ



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ユエは懐妊していることがわかり、義渠君と夫婦になる。そして、無事に男児を産む。

将軍たちの力で、失っていた領地の奪回に成功し、領土を広げ、また、秦の中の体制も整いつつあります。

次の目標は、ユエの母国の楚と決まった。一方、楚の南后は、自分の子を太子にするため、人質である横太子を罠にはめるのだったが、黄歇がそれを阻止するべく、横太子を逃がし、自分だけが現場に残る。

黄歇は、大丈夫でしょうか?そして、秦は楚を討つことになってしまうのでしょうか?今回は76話から78話をお楽しみください。

【ミーユエ】(ネタバレあり)

76話 天下のために

現場に残った黄歇は連行される。

殺人の罪をきせられた楚の横太子は、処罰を恐れて、すぐに咸陽を離れ、楚に逃げ戻る。

解放された黄歇は、横太子が逃げたことを知り、すぐに追いかけるが、蒙将軍がやってきて、大王の命で、咸陽を出ないように告げられる。

ユエは、このことを理由に、秦楚の同盟を破棄し、兵を挙げ楚を討つことを命じる。
とうとう楚を討つことになってしまった!

楚は、秦に6城を攻め落とされ、劣勢になっている。

そして、楚は、秦の使者から、両国の君主が会盟の席を設けることを提案され、同意する。

靳尚は、南后に横太子を再度、斉に人質に出す案を出す。
そんなことをしている場合ではないのに・・・

黄歇がユエのもとにやってきて、秦と楚が会盟の場所を国境にせず、秦領の武関で行うことは、楚王に危害を加えるつもりであるのかと詰め寄る。

ユエは、黄歇に、自分が楚を離れ、秦に嫁ぐ時に国境で拾い集めた故郷の土を見せる。そして、先祖に恥じる行為はしないと宣言する。

会盟が行われた武関で、稷が楚王を拘束し、間もなく咸陽へ連行することがユエに知らされた。

ユエは、突然のことに驚き憤るが、稷と秦の名誉を守るために、自らが責任をとる。

白起はユエに天下統一のために、楚の郢を奪うことを進言する。司馬将軍と庸ゼイも同じことを進言し、ユエは楚を討つことを決める。

秦の背信行為に憤る黄歇に、ユエは暗愚な楚王に尽くす必要はないと主張する。すべては天下統一のためとユエは、黄歇を説得するが、黄歇は、引き留めるユエを振りきり、楚へ帰ってしまう。
とうとう二人の関係が切れてしまいました!もう修復はかなわないのかな?

77話 秦楚の攻防

ユエは、黄歇の楚を思う気持をくみ、黄歇の道中に便宜を図るよう命じる。そして、黄歇から商鞅の法が厳しすぎると言われたことで、冉に調査を命じる。そして、冉から楚を討つ準備ができたことの報告を受ける。

紀元前298年秦は楚を攻撃する。15城を得て、楚を壊滅寸前にまで追い込んだ。

楚では、楚王を秦にとらわれたことで、身動きができないでいた。そして、黄歇が新王をたてるべきと主張する。
黄歇に活躍されたら、秦はきびしいな!

南后は、子蘭を即位させようとするが、黄歇や重臣に反対され、横太子が王に擁立される。

摂政となった屈原が連合軍とともに秦に対抗する策を講じたため、秦軍は楚から撤退する。

ユエは、捕らわれている楚の先王、槐に会いに行く。昭陽と屈原が新しい楚の王をたてたことを話す。

王位を取り戻したい槐は、ユエにすがり、領土を渡すから楚に帰してくれるように懇願する。
もう王ではないのだから、力はないですね!

今回の戦いで功績をあげた白起、冉、戎、そして、義渠君との子ども、芾に領土と爵位が与えられた。
身内だけに与えて大丈夫なのかしら?

義渠君とユエは、芾と稷のことで言い争いになり、もっと義渠を大切にするようにと不満をもらす。

そんな中、楚の先王、槐が逃げたという知らせが入る。

78話 深まる溝

王后の瑶が早産で、男児を産む。しかし、瑶は出血が止まらず亡くなる。

樗里疾は、病に倒れる。見舞いに来た庸ゼイと冉に、秦が天下を統べる日をみてみたいと言う。そして、楚を弱め、斉を滅ぼすこと、国内では、大きなしこりである義渠に用心するようにと言い遺し、亡くなる。

楚の先王、槐は、魏との国境で捕えられ、失意のうちに息を引き取る。

宰相の後任に冉が就くことになる

紀元前284年、燕、秦、趙、韓、魏は、共に斉を討ち、斉は亡国寸前となる。

虎威将軍は、斉の討伐の報奨に不満をもらしていた。そこへ太后から戎への慰労品ということで運ばれている酒を強奪する。

そして、虎威将軍は、街で商人と言い争いになり、商人を殺してしまう。そこへ蒙将軍が駆けつけ、虎威将軍は捕えられる。
商人にあたるなんて、ひどすぎ!

義渠君は、稷に虎威の釈放を求めるが、法を理由に断られる。そして、二人は言い争いになる。

稷は、義渠君とユエが婚礼を挙げていたことを知り、激怒する。

ユエは、稷を、秦に来た時に住んでいた後宮の後ろの小屋に連れていき、その時の思いや自分の心情を語る。

ユエは、義渠君に、夫としても、秦のためにも尽くしてくれたことに感謝し、稷に歩み寄ってもらうよう頼むが、義渠君は、自分の臣下の釈放を条件に掲げるのだった。
ユエは板挟みですね!どうするのかしら?

76話から78話の感想

黄歇とこんな形で決別してしまうなんて、悲しいですね。ユエの天下統一という思いもわかるけど、黄歇の自分の故郷である楚を大事に思う気持もわかりますね。どちらも譲れない状況です。今までに言い争いになったことはなかったのに・・・このまま別れ別れになってしまうことのないことを願います。

でも、優秀な黄歇を楚に帰してしまい、楚を簡単に倒せなくなってしまったのは痛手ですね。なんとか争うことなく、天下統一になればいいのに!黄歇の力では無理ですよね。そんな平和な時代ではなかったですね・・・

それから、義渠人ですよね。自分たちのルールばかり押し付けて、秦のルールを守ろうとしないのだから、嫌われても仕方ないですね。ユエはどう思っているのかしら?義渠君との関係が今後どうなるのか気になりますね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です