三国志-趙雲伝-あらすじ-31話-32話-33話-ネタバレありで!

韓国ドラマ-三国志-趙雲伝-あらすじ-31話-32話-33話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ようやく董卓が倒されました。諸侯たちが連合しても倒せなかった董卓ですが、最後は味方、しかも義理の息子である呂布に殺されてしまうという無残な結果になりましたね。董卓亡き後、世は平定するのでしょうか。

【三国志-趙雲伝-】(ネタバレあり)

第31話「さらば幽(ゆう)州」

皇帝からの勅旨によって、董卓の亡骸は街に晒されることとなりました。董卓によって今まで散々な目に遭ってきた街の人たちは董卓の亡骸を痛めつけ火を放ちます。
あんなに恐れられていた董卓ですが、死んだら町中に晒されて町の人たちから暴行を受け、火までつけられるなんで無残ですね。

董卓討伐に見事成功した王允ですが、すぐさま董卓の残党によって一族共に殺害されていました。呂布に娶られた貂蝉は、董卓亡き後の各地を流浪する中で董卓に類するものや山賊たちが今まで以上に世を乱している現実に直面し苦悩します。せめて義父である王允の埋葬と供養をし、平穏に暮らしたいと呂布に願う貂蝉でした。
義父を殺され埋葬、供養したいと願う貂蝉と、義父を殺した呂布。対象的な二人の微妙な表情がよく表れていましたね。

常山郡に戻るか否か柳慎たちに相談する趙雲、夏候傑のかつての友人である文醜の言葉が気になっていました。文醜と夏候傑が友人だったころ、夏候傑から槍のことや手に入れそびれた兵書のことをよく聞いていたとのこと。文醜は趙雲に注意を促すのでした。また、趙雲を巡って夏候軽衣と公孫宝月が言い争います。夏候軽衣は趙雲の想いを確かめ安堵するのでした。
趙雲と公孫宝月の仲を気にする夏候軽衣ですが、夏候軽衣は趙雲がどう答えるか分かっていながらわざと聞いている感じですね。そういう女性は付き合い始めは可愛いですがだんだん面倒になってきますよ~。

真定県では、高則と山賊の頭目である杜厥が密会し、趙雲殺害の取引を行っていました。

幽州を出て夏候傑に仕えることを決意した趙雲、公孫宝月は趙雲を引き留めますが趙雲の決意は堅いものでした。
趙雲は礼に沿って別れの挨拶を願い出ただけなのに、公孫瓚は脅しだと受け取ったのですね。両者は完全に相容れぬ関係です。

夏候軽衣とともに真定県へ帰る途中、夏候傑の兵だと偽った山賊たちに襲われる趙雲たち。待ち構えていた大勢の山賊や、杜厥との戦闘が始まります。早馬を駆けてきた公孫宝月も助けに入り、趙雲は杜厥を討ち山賊たちは退散しますが、戦闘中受け止めた矢から毒が回った趙雲は気を失ってしまいます。
籠の中から趙雲を見る夏候軽衣はお嬢様感が出ていましたね。でも、侍女である石硯も一緒に籠に乗るんですね。趙雲たちが戦い始めたことに気づき応戦する夏候軽衣。「気を付けて!」と夏候軽衣に伝える石硯、いやいや侍女なら止めるべきでしょ!

第32話「仕組まれた芝居」

杜厥の毒矢が回り気を失った趙雲、夏候軽衣と公孫宝月はそんな趙雲を巡って火花を散らします。意識を取り戻した趙雲は真っ先に夏候軽衣の心配をし、公孫宝月に自分の想いをはっきり伝えますが公孫宝月は一向に引き下がろうとしません。公孫宝月は趙雲がどうしても常山郡に戻ると言うのなら公孫瓚の軍で攻めると言い残し去っていきます。
「宝月様はもともとさっぱりした性格だ。忘れてくれるだろう」って、趙雲は女性のこと全然分かっていないですね~。公孫宝月はストーカーになりそうなにおいがプンプンしてきましたよ~。

真定県では、李全が所有する楽毅百戦術を手に入れるため高則が耿純と李飛燕を利用しようともくろんでいました。李飛燕に気がある耿純に、李飛燕との婚姻を支援するとして話を持ち掛ける高則。高則の罠に嵌り李飛燕は耿純刺殺の容疑で投獄され、李全は李飛燕の釈放を条件に楽毅百戦術を要求されます。
貂蝉に恋する呂布は貂蝉が喜ぶことが何か考えて行動していましたが、李飛燕に恋する耿純はとにかく無理やりで本当小物感が漂いますね。

夏候傑や高則のもとに楽毅百戦術が渡ることを恐れた李全は嘘の兵書で夏候傑たちを欺こうとします。李全が持ってきた兵書が偽物だと見破った高則ですが、李全はこれは内容が同じ写しだと言って譲りません。さらに下巻は家の中にあるが李飛燕がどこかにしまったため分からないと言い、李飛燕を牢から出させることに成功します。
高則が言うように李全も狡猾だったんですね。良かった~。でも趙雲たちが真定県を去る時に李全たちも引っ越しするべきでしたね!

真定県を脱出するため急いで家へ帰る李全と李飛燕ですが、すでにやってきていた耿純と官兵たちによって家は荒らされていました。李全を見るなり襲い来る耿純。李全は逃げる途中で足に耿純の矢を受けてしまいます。
ただの木の棒も李全が扱えば官兵の剣をぐんにゃり曲げることができるんです。さすが師匠!

一方、夏候傑の屋敷に到着した趙雲、柳慎、趙拾妹、夏候軽衣たち。趙雲は夏候傑に快く迎えられますが、宴席の途中で毒に当たった腕が痛み出し、医者の手当てを受けます。医者は数日中には回復すると言いますが、裏で夏候傑が趙雲の回復を遅らせるよう医者に指示するのでした。
公孫瓚は趙雲に興味がなかったから命を奪ったり利用したりすることはありませんでしたが、夏候傑は利用する気満々ですね!

第33話「山中の父娘」

趙雲は杜厥が高則の玉佩を持っていたことから、高則が杜厥を買収して趙雲たちを襲ったのではないかと疑います。夏候傑から楽毅百戦術について探りを入れられる趙雲、なんとかごまかし楽毅百戦術は知らないと言い通します。
李全と高則、そして趙雲と夏候傑、探りあっていますね~。

耿純たちから逃げるため李全と李飛燕、山中には李全が仕掛けた獣狩りの罠があり、引っかかった耿純は一時退散します。李全から受け取った楽毅百戦術の写しには李全が施した仕掛けがあり文字が消え、また耿純が勝手に李全の家宅捜索をしたことから高則のもくろみは全て台無しになりました。
耿純っていつも何も考えずに力づくで推し進めちゃうんですよね。そのせいで今まで何度も失敗しているのにまるで成長していません。

山中に隠れていた李全と李飛燕ですが、このまま隠れていてもらちが明かないと李全は李飛燕に楽毅百戦術を趙雲に渡し、高則と耿純のことを伝えるように指示します。李飛燕を見送った李全の前に高則が現れました。兵書を持たない李全を生かしておく意味はないとして高則は李全を殺してしまいます。
李全のはっきりした死の描写はありませんでしたが、やっぱり高則に殺されちゃったんですね。李全は死を覚悟して李飛燕を送り出したのですね。李全の表情が本当に切なかったです( ノД`)

夏候傑のもとに報告に行く高則ですが、夏候傑は高則が楽毅百戦術を手に入れられなかったばかりか李全を殺し、趙雲殺害も企んでいたことを知り高則を責めるのでした。
今までは高則に対して温かい態度を見せていた夏候傑ですが、兵書が手に入らずきつく当たっていましたね。高則と夏候傑、お互いに目的のために近づいている関係に変わってきました。

三国志-趙雲伝-第31~33話の感想・まとめ

公孫宝月がずっと趙雲に付きまとっているのがいい加減鬱陶しくなってきました(;^ω^)みんな公孫宝月のこと「さっぱりした性格」と言っていますが、まったくそうは思えません。かなりしつこい性格ですよね…。高則に殺された李全。山賊から真定県を守る時には共に戦って、疲れ切って寝る高則を李全が案じるシーンもあったのに、悲しいですね。今後も仲間の死はあるのでしょうか。悲しいのでできれば誰も死なないでほしいです( ノД`)






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です