夢織姫-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

班淮襲撃事件が起こり、真の黒幕が謝重錦だと判明するも、石家に疑念を抱いた皇帝が皇太子妃を廃位と石飛仙の死罪を決めた前回。
そして今回、石飛仙は状況からやってもいない罪を認め、流刑になってしまい護送されるも…。

スポンサーリンク

【夢織姫】(ネタバレあり)

25話

姉の皇太子妃が廃位され、自分の死罪が決まったことを知った石飛仙。
さらにそれを免れるためには自らの罪を認めなければならないことを知った石飛仙は絶望し、罪を認めてしまい、流刑となることが決定した。

やってもいない罪を認める結果となってしまいましたね…

その後、そのことを知った班婳は納得できず抗議するも「決まったことだから」と聞き入れてもらえない。
班婳は石飛仙が冤罪だという証拠を見つけるため調べを進めるのだった。
その後、皇帝は左右二相手国制を廃止し、石崇海が相国として百官を束ねるものとするとの詔を出す。
さらに皇帝は石晋を禁衛軍の正当統領に任命されるのだった。

これにより宮中で石家の力が増すことになりますね…

禁衛軍の正当統領に任命された石晋だったが、そんなことよりも妹・石飛仙を助けるために策を練っていた。
そして石飛仙は流刑が執行される時が来る。
石飛仙が護送されるなか、班婳は第二皇子の屋敷へ。
そこで謝重錦が石飛仙を陥れ殺そうとしていることを話し、助ける代わりに下記の条件を提示した。
①2度と班家の者に危害を加えないこと
②帝位を狙わないこと
③班婳に会ったら敬礼すること
④父・班淮襲撃に関する反省文に署名すること
それを聞いた第二皇子は憤りながらも、想いを寄せる石飛仙を助けるためにその条件を飲むのだった。
一方、容瑕は謝重錦を気絶させ連れ出し、2人で話していた。
そこで班淮襲撃事件に関して問い詰めた容瑕は、少し前に自らの家職が不審な事故死をした件の真相についても探りを入れる。
しかし謝重錦は口を閉ざし情報は得られないのだった。
一方、石飛仙が護送されるなか、そこに屈強な男たちが現れ護衛を次々と殺していく。

どうやら謝重錦の仲間が石飛仙を殺すためにやって来たようです

そしてそれを知った阿克斉たちはその男たちを襲撃し石飛仙を救出しようとするも、石飛仙は自ら崖から飛び降り自殺を図るのだった。

スポンサーリンク

26話

賊に襲われ自ら崖から飛び降り自殺を試みた石飛仙だったが、命は助かり意識不明のまま阿克斉に助けられる。
阿克斉は石飛仙を小屋で寝かせ、仲間に厳重に警備させるのだった。
一方、謝重錦が班淮襲撃事件の黒幕で石飛仙を犯人に仕立て流刑に追いやったことを知った第二皇子は、謝重錦を呼びつけ「どういうことだ!」と激しく問い詰める。
すると謝重錦は「あなたに皇位を継承させるためです。そのために石家を決裂させるのが一番なので実行しました」と説明。
さらに謝重錦は「あなたへの忠誠心を見せるチャンスを下さい」と頼むのだった。
その後、容瑕は事故死に見せかけて家職を殺すよう指示を出したのが石家幕僚の呉氏だと知る。
さらに石家が家職を殺したのは自分の両親の死と関係があると推理した容瑕はさらに調べを進めることにした。
一方、謝重錦は劣勢な状況を打破すべくある作戦を実行することに。
それは趙順子を襲い石崇海に便宜を図るというもの。
そして翌日、謝重錦から指示を受けた者が班家の屋敷にいた趙順子を襲撃。
班婳と容瑕がそれに気付いた時には時すでに遅しで、趙順子は死んでしまい、班婳は「石崇海め…。償わせてやる!」と怒りに震えるのだった。

スポンサーリンク

まだ子どもなのに…可哀想ですね…

その後、容瑕は「石家は官職を売り、趙長官や息子・趙順子を死に追いやりました」と皇帝に報告。
石崇海はそれを否定するも、裏で不正を働き皇帝を欺いていたことが判明。
それにより皇帝は「斉州で買官し趙氏を殺した者は処刑せよ!石崇海は全ての官職から罷免し投獄する!」と宣言するのだった。

これにより石家は倒れ、第二皇子が帝位に近付きましたね

一方、意識を失っていた石飛仙は目を覚ました。

スポンサーリンク

27話

意識不明状態から目を覚まし、自分の命が助かり農村の夫婦の元に預けられたことを知った石飛仙。
すると石飛仙は自分を助けてくれたのが容瑕だと勘違いするのだった。

阿克斉に助けられたんですけどね…

一方、皇帝から翌日の投獄を命じられた石崇海。
するとそこに容瑕が訪ねて来て2人で話すことに。
そこで石崇海は容瑕の家族が死んだ過去の出来事について「当時は私もある人の駒として動いたにすぎぬ…」と話す。
さらに石崇海は当時のことを話し始める…。
ことの始まりは班将軍が虎符を失ったこと。
皇帝は虎符を探したが見つからず、皇帝は厳暉の提案で容瑕の父を通じ班将軍から真相を聞き出すよう提案。
しかし容瑕の父は何も聞き出せなかった。
それにより班将軍と容瑕の父が手を組んで虎符を隠し持っているという疑いがかけられ、容瑕の父は厳暉に毒を盛られ死亡してしまったのだった。
さらに大長公主が虎符を持っていると知った厳暉は、大長公主を毒殺しようとするも石崇海がそれを防ぎ、失敗に終わっていたのだった。
その話を聞き衝撃を受けながらも石崇海が厳暉サイドの人間だと疑う容瑕はそれを信じられず複雑な気持ちになるのだった。
その夜、屋敷に戻りしこたま酒を飲み泥酔した容瑕は、班婳の元へ。
そして彼女と会うと辛い気持ちを抱えていることを明かし、抱きしめる。
班婳は容瑕のことが少し心配になるのだった。
翌朝、班婳の部屋で目を覚ました容瑕は昨晩の記憶が無く慌てるのだった。
一方、農村の夫婦の家で身を隠していた石飛仙は突然農村の夫婦の夫に襲われそうになる。
何とか反抗し何事も起こらずに済んだが、それを知った農村の妻の方からも「夫を誘惑したのね!」と責められてしまう。
それに激怒した石飛仙は農村の夫妻を家に閉じ込め、その家に放火するのだった。

石飛仙、恐るべしですね…

感想

25話では石飛仙が流刑になることが決まり護送されるも、途中で襲撃され、そして石飛仙は自ら崖から飛び降りるという衝撃の展開を迎えました。
石飛仙はこのまま死んでしまうのかと思いましたが、命は助かっていてホッとしましたね。
また26話では趙順子が殺されてしまうという衝撃の展開もありました。
この事件は謝重錦による策略ですが、状況などから石家の仕業だとされてしまい、石崇海が罷免されるなど石家は壊滅状態に陥ってしまいましたね…。
そして27話では石崇海により容瑕の父が死亡した経緯など当時のことが明かされました。
これにより容瑕がどのような行動に出るのか次回以降楽しみです。
さらには農村の夫婦に匿ってもらってもらうも夫婦とトラブり放火しその場から立ち去った石飛仙がどうなってしまうのかも気になるところですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ご訪問くださりありがとうございます!中国ドラマ.com編集長のクルミットです!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメント

コメントする