夢織姫-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

皇帝が亡くなり、第二皇子が新皇帝になったことで班婳たち家族が追い詰められるなか、班婳は出征を自ら志願した前回。
そして今回、班婳は容瑕と共に出征することとなり…。

スポンサーリンク

【夢織姫】(ネタバレあり)

37話

班婳は容瑕を山奥に呼び出し2人で話す。
そこで班婳は容瑕が班家を守ろうとしていること、そして大業国が失った正義を取り戻そうとしていることを再確認。
班婳は容瑕が出征するのには反対で都に残るよう言うも、容瑕は聞き入れてくれず、仕方なく石晋と協力し彼を気絶させ、屋敷に閉じ込め1人で軍を率いて出征することに。
しかしその作戦は失敗し、結局班婳は容瑕と共に出征することになるのだった。
その後、班婳は兵士たちが罪人の寄せ集めで、準備された食料も異常に少なく、朝廷が自分たちを都に帰すつもりがないことを知る。

新皇帝は2人がこの出征で命を落とせばラッキーと思っているようです

班婳はそれに憤りを覚えながらも「兵たちを飢えさせるわけにはいかない」と炊き出しを始めるのだった。
その後、班婳は兵たちに仕事を割り振るも、兵たちは班婳が女だからという理由などからやる気がなく従ってくれない。
この状況に班婳は、兵たちと手合わせをし自らの武術の強さを見せつけるなどし兵たちの気持ちを入れ替えさせ、従わせていくのだった。

なかなか素直な兵たちです

翌日、班婳たちが拠点付近で食料にするための野草を集めていると突然趙仲率いる反乱軍が現れ捕まってしまう。
彼らは食料を渡すよう要求し、その知らせを受けた容瑕は打開策を考えるのだった。
そしてその夜、趙仲たち反乱軍が食料を盗みに拠点まで来たところを容瑕は襲撃し、班婳を取り返すことに成功するのだった。
その後、趙仲たちが悪い人間ではないと悟った班婳は、自分たちの食糧を彼らに分けてあげることに。
さらに班婳は趙仲に「被災民を助けるから副将として従軍せよ」と告げるのだった。

スポンサーリンク

38話

班婳たちが出征してから半月が経過した。
新皇帝は出征先からなかなか報告がないことに苛立つなか、石崇海の提案で班家を捕らえしばらく宮中に閉じ込めることに。
そして石崇海たちは班家が暮らす屋敷に向かい宮中に連れて行こうとするも、班家はそれを拒否。
石崇海が門を開けると、屋敷は燃えていた。
それを見た石崇海は班家が焼身自殺したと思い、その場から立ち去るのだった。

恐らく班家のみんなはどこかに逃走したんでしょうね

一方、石飛仙は謝婉瑜が班恒といい感じの関係にあることを知り、謝婉瑜の元へ。
そして班恒との関係について言及し、「宮中に女主人は2人もいらない」とマウントを取るのだった。
その頃、班婳たちは趙仲がと共に中州に来ていた。
そこで班婳は家族が屋敷から逃げたことを知る。
そして石晋に助けられ郊外の山林で身を隠していることを知り、ひと安心するのだった。

やはり逃げていたんですね

一方、謝婉瑜は班恒が死んだと思い悲しみに暮れ山林を歩いていた。
するとそこで賊に襲われそうになるも、そこに班恒が現れ謝婉瑜は助けられるのだった。
その後、意識を失った謝婉瑜は班恒に山林の屋敷に運ばれ目を覚まし、助けてくれた班恒に感謝する。
そして小屋の中で2人はいい雰囲気になるのだった。

スポンサーリンク

このまま2人がくっつけばいいですが、そのためにはまず謝婉瑜が新皇帝と離婚しなければならずなかなかハードルが高そうですね…

その後、謝婉瑜は班家と食卓を囲み、そこで新皇帝との関係についてなど悩みを吐露する。
そんななか、班家が身を隠している屋敷に謝重錦が率いる刺客の軍勢がやって来る。

謝婉瑜が隠れていることがバレたようです

班家の面々は屋敷から逃げ、刺客から逃れることに成功するのだった。
その後、屋敷から逃げた班婳の両親は石晋と謝啓臨と遭遇し、彼らの誘導により謝家の屋敷へ。
そこで食事をご馳走になるなど助けてもらうのだった。

スポンサーリンク

39話

出征し中州に滞在中の班婳たちにある知らせが舞い込む。
それは味方の兵士の1人が兵糧庫に火をつけ、兵糧が半分になってしまったというもの。

ただでさえ食糧不足なのに大ダメージですね…

犯人の兵士はすぐに捕まり班婳の元に連れて来られる。
犯人の兵士曰く、班婳が反乱軍を掃滅せずに少ない兵糧を分け与えるなど良好な関係を築こうとしていることが気に入らなかったのだとか。
それを聞いた班婳は「あなたと私では志が違うようね…」と告げ、その兵士に追放命令を出すのだった。
そんななか、班婳の謝重錦たちの襲撃から逃げてきた弟・班恒と謝婉瑜が空腹でフラフラになりながら訪ねて来る。
班婳は驚きながらもとりあえず2人に食事を与えるのだった。
その後、班婳は中州の豪商・孫家が大量の食糧を貯蔵していることを知る。
さらに孫家には面食いの一人娘がいることが判明。
すると班婳はイケメンの容瑕に孫家に交渉に行くよう命じるのだった。
その後、容瑕は孫家の屋敷に向かい、孫家の娘と対面。
その美しいとは到底言えない見た目に驚きながらも、容瑕は交渉を開始。
すると孫家の娘は「食糧は班恒と交換よ」と条件を提示するのだった。

どうやら班恒が惚れられてしまったようですね…

その後、班恒はそれを拒否するなか、それを知った班婳や周りの人間はこの条件を前向きに検討し始める。
そしてそれにより班恒はその夜、孫家の屋敷に行き、孫家の娘と時間を過ごすハメになるのだった。
その後、孫家の娘から食糧庫の鍵の番号を聞き出すことに成功した班婳たちは食糧庫から食糧を盗み出すことに成功。
そして班恒は孫家の屋敷から逃げ出すのだった。
翌朝、盗んだ食糧がカビだらけだったことが判明する。

どうやら孫家の食糧庫の管理が杜撰だったことが原因のようです

その知らせを受けた班婳は食糧をどうするのか決断を迫られるなか、都から食糧が届く。
班婳は「新皇帝が心を入れ替えてくれた」と安心するなか、その食糧に毒が混入されていたことが判明。
それを食べた中州の町民の多くがその毒により亡くなってしまう。
それを知った班婳は憤りを感じるのだった。
一方、都の宮中では、新皇帝は班婳と容瑕がなかなか死なないことに苛立ちを感じていた。
そして新皇帝は部下に班婳と容瑕を殺すよう指示を出すのだった。
その後、班婳たちは錦州城に来ていた。
「暴君を討ち、皇太子を復位させる」と班婳が宣言するも、相手は聞き入れてくれず、仕方なく武力行使に出るのだった。

感想

37話では班婳と容瑕が出征するも、朝廷による援助がほぼ無かったり新皇帝が出征先での班婳と容瑕の死を望んでいることが判明。
そんな最悪な環境の中、班婳は自らの武力の高さで兵を従わせるなど、将軍だった祖父譲りのリーダーシップを発揮していましたね。
38話では班家が屋敷から逃げることになるなか、班恒と謝婉瑜のラブストーリーが始まりそうな感じがした回でした。
班恒と謝婉瑜はお似合いですが、2人が一緒になるにはまず謝婉瑜が現夫であるら新皇帝と離縁しなければならないので、なかなかハードルが高そうですね。
そして39話では班婳が食糧不足を解消するため豪商・孫家と交渉するという内容で、コミカルでクスッと笑える場面も多かったですね。
しかし終盤には、交渉の末手に入れた食糧がカビだらけというハプニングがあったり、新皇帝から食糧が届くもそれに毒が入っていたりと不穏な展開の連続で、今後どんな展開になっていくのか気になるところです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ご訪問くださりありがとうございます!中国ドラマ.com編集長のクルミットです!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメント

コメントする