将軍の花嫁-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
上京した楚修明と沈錦には様々な難問が待ち受けます。沈錦は「錦児布荘」という生地の店を開店させますが、真向かいに同業の安売り店が同日に開店してしまいます。そこの店主・若男は実は楚修遠の命の恩人で初恋の人でしたが、楚修明は強く反対することに…

そして今回、沈錦には大きな変化が訪れ、それによって周囲には様々な波紋が…
そろそろ終盤に差し掛かる流れですが、ちゃんと積み残しなく謎は解決していくのでしょうか?将軍夫妻の落ち着く日はやってくるのでしょうか… いや、来ないかも♪

【将軍の花嫁】(ネタバレあり)

第22話「夫婦の危機」

沈錦は楚修明を説得するが聞き入れられず、仲を取り持とうと、若男のもとに婚姻の申し込みに出かける。若男は沈錦をある村へ連れていくが、そこは路頭に迷った人々や護衛時代の師匠たちを若男が救って養っており、彼らの協力で二割引が可能になっているのだという。
若男の長年の積み重ねが二割引を可能にしているので、これは太刀打ち不可ですね!

沈錦は若男の人助けに深い感銘を受け、すっかり心酔するが、若男若男と夢中になりすぎて、楚修明はないがしろにされていると感じる。沈錦は嫉妬ばかりで話を聞いてもらえないことに不満を感じつつ、楚修遠を呼び出し「若男を諦めなさい」と若男ぶって説教する。
沈錦単純すぎ。そしてそれにやっかむ楚修明もどうかと思いますよ~

若男を諦めきれない楚修遠は、若男をずっと見守るように。若男への肩入れが原因の夫婦喧嘩は次第に引っ込みがつかなくなり、楚修明は沈錦に「屋敷に戻ってくるな」と口走ってしまう。楚修遠は付きまといをやめて、待ち続けると宣言する…
自分だけを見ていてほしいからって、そこまでもめることでもないような…

沈錦は実家に戻り、母・陳側妃に泣きつく。楚修明は落ち込みつつも蕭粛から第八皇子の件で報告を受け、皇帝が第八皇子の屋敷を訪ねていた噂を聞く。蕭粛は皇帝に仕え人柄を知っており、明君だと保証するが、楚修明はただ真相が知りたいだけだった。
蕭粛の皇帝への評価が意外ですが、実際有能な明君なのでしょうか

沈梓は、沈錦が実家に帰って来たことに興味津々で嫌味たっぷりだが、沈錦は伯夫人の立場から独身の沈梓にやり返す。楚修明は密かに瑞王府を訪ね、瑞王妃と陳側妃に「自分が悪い」と謝罪する。沈錦は肉肉から「永寧府では沈錦のことは禁句になっている」と聞かされる。沈錦は怒って肉肉といちゃつく蕭粛を店から追い出す…
瑞王の奥様方に鬼将軍の評価爆上がり♪ 婿としては最高ですよね~!

(おまけ)
夜中に、沈錦はひとり、瑞王府の門をたたく。楚修明は瑞王府までの道のりをずっとついていって見守り、門の中に入っていく妻を見送るのだった…
ふたを開けてみると将軍はいつも妻思いなのですよね…

第23話「姉妹のけんか」

沈淑は沈錦を永楽府に誘うが、そこになぜか沈梓と沈静もついてくる。沈梓と沈静は沈錦の夫婦仲について探りを入れるが、沈錦は相手にしない。そこで沈梓は「沈錦が私の縁談を横取りした」と騒ぎ、とうとう沈静の顔をぶって傷を負わせ、侯府に瑞王妃が呼ばれる騒ぎになる。気が済まない沈梓は沈錦を突き飛ばし、沈錦は家具でお腹を打って倒れる。
沈静はムカつく子ですが、顔に傷とはかわいそうですね。沈梓の激情恐ろしいです!

永楽府は侍医を呼び、その報告は宮中にも伝わる。怪我をしたのが沈錦だとわかり、楚修明と瑞王も永楽府に駆け付ける。実は沈錦は妊娠していたことがわかり、楚修明は一緒に屋敷に戻って養生しようと言うが、沈錦はまだ意地を張る。楚修明は「沈梓は永寧府に立ち入り禁止」との噂を町中に流すことで、密かに報復を図る。
いきなりのオメデタ!沈梓はこれで今後縁談の芽が完全に摘まれた感じでしょうか

三日間も寝たきりの沈錦は床上げしたいが、陳側妃が見守っていて外出禁止を徹底される。その一方で、許側妃は瑞王に嘆願し、婚姻の経緯を無視して沈錦を非難したため、陳側妃も黙ってはいられない。瑞王は判断を下せず、瑞王妃に促されてようやく許側妃を軽く叱る。
パパー!本が逆!逆~!

沈錦はずっと屋敷に閉じ込められていたので、肉肉を唆して屋敷を抜け出し茶店に入る。しかし肉肉が蕭粛といちゃつくので、呆れて外に出ると、店の外には楚修明が待っていて抱きしめられる。素直になれない沈錦だが、楚修明の率直な愛情が嬉しい。錦児布荘に許側妃がやってきて沈錦をいびるが、楚修明がきつく脅しをかけて追い返す。
流産しかけた妊婦さんなのに、今までの調子で外をうろついちゃだめですよ!

楚修遠は若男の跡をつけて例の村の存在を知り、村の子供たち相手に文字を教えはじめる。若男は楚修遠が毎日来ていると聞き、楚修遠の真心に心が傾きはじめる。楚修遠はこっそり若男にお菓子と汁物を届け、受け取ってもらえたことに喜びを感じる。
やっていることはストーカーなのですが、まんざらでもないから受け取っている訳で♪

勝手に外出したことで、沈錦は陳側妃から怒られる。そこに食事を持って来たのは楚修明で、素直になれない沈錦だが、好物を差し入れられて陥落する。一方、肉肉は蕭粛に、内心「聞きたいこと」であり「聞いて欲しいこと」があるが、蕭粛に気付いてもらえない…
蕭粛は鈍感すぎますよね。肉肉は結構長く我慢していると思うのですが…

(おまけ)
沈錦は脱出を唆すが、肉肉はどんなに唆しても行くと言わない。しかし「蕭粛に会える」と言ったとたんに了承するのだった。
肉肉頑張れ~!でも沈錦は安静にしなきゃダメ~!

第24話「訪れた幸せ」

瑞王府に居座り世話を焼いてくる楚修明に、沈錦は意地を張るが、次第に相手のペースにもちこまれる。沈静は「沈錦と仲良くしたい」と楚修明に懇願するが、冷たくあしらわれる。
これは… 沈静はまさか姉婿狙いですり寄っているとかそんな感じですか?

陳側妃から「これ以上将軍を居候させられない」と言われ、沈錦は有無を言わせず永寧府に帰される。そこに沈静が「永寧府に遊びに行きたい」と言い出して食い下がり、楚修明が「互いに接触を避ければいい」と場を収める。
やっぱり沈梓より沈静の方が、被害者ぶってくるからイヤな感じ~

劉啓一派は、楚修明から兵権を取り上げて謀反を起こしたいと考えていた。しかし楚修明に動きがないことに焦りを見せるが、劉啓は時期を待つのだと諭す。皇帝は司徒に命じて、楚修明を辺境に戻させることに。
沈錦の大事な時期に、将軍が辺境に戻ることになるのでしょうか?

楚修遠は村の子供たちのもとに熱心に足を運んでいた。その様子を見た若男は、楚修遠への頑なな態度が次第にほぐれ、若男の方から楚修遠に交際を申し込む。
楚修遠の粘り勝ちですね!ちょっとあざとい感じがしないでもないですが♪

沈錦は悪阻もなく順調で、侍医から食べすぎを注意される。ついでに沈淑の脈も診てもらうと、なんと懐妊していることがわかる。沈淑は永楽府には知らせず、瑞王府に戻って子を守る決意を固める。瑞王妃の知らせで駆け付けた夫に、沈淑の侍女は、前回の流産を仕組んだのは蕓娘だけではなく、黒幕である永楽侯夫人の存在を訴える。夫はようやく事の次第を察し、出産まで瑞王府で過ごすことを許す。
侍女さんよく言った!夫も少しは気づいていただろうに、蕓娘に手を出しましたよね…

沈錦と楚修明が永寧府に戻ると、若男と楚修遠が交際の挨拶をするため待っていた。楚修明は祝福しようとせず、沈錦がとりなしたことで、ようやく交際を受け入れる。錦児布荘と若男布荘は合併することになるが、沈錦は屋敷にいるように命じられてしまう。
沈錦の合併工作成功で、完全勝利ですね♪

外出できない沈錦が暇を持て余していると、「七番目と八番目のおば」と名乗る人物が訪ねてくる。二人のおばはそれぞれ若い女性を連れており、妊婦の沈錦に代わって店や永寧府の切り盛り、そして楚修明の側室として娶れとゴリ押ししてくるが、沈錦は二人の叔母と二人の従妹をきっぱりと追っ払う。
このおばさんたちは陳側妃にとっての沈梓みたいな存在かな?どいつもこいつも…

暇を持て余しすぎた沈錦は、肉肉が止めるのも聞かず、塀を乗り越えて脱走しようとするが、楚修明に見つかってしまう。楚修明は「子供が生まれたら遠くまで遊山に行こう」と約束し、調度や食べ物にも気を配り、陳側妃も呼び寄せる。幸せすぎる沈錦だったが、楚修明は辺境に戻らなければいけなくなったことを打ち明ける…
脱走だけでもとんでもないのに塀を乗り越えるとか… 檻にでも入れておきましょう!

(おまけ)
蕭粛が会いに来てくれず、肉肉はひとりさみしさをかみしめる…
蕭粛が今の仕事をしている限り、肉肉は不安なままで、幸せになれないのでは…

22~24話の感想

沈錦のご懐妊おめでとうございます!楚修明も妊娠初期なのにすでにメロメロですが、沈錦は脱走して外に遊びに行こうとするのを止めません。脱走だけならまだしも、塀を乗り越えようとか言語道断ですね!周囲がハラハラしているのに、本人が甘ったれているのがちょっとイラっとさせられますね。
それと同時に沈淑のオメデタもわかり、この妊娠をきっかけに永楽侯府のゴタゴタがいい方向に向かうことを祈らずにはいられません。いやしかし、沈錦のもとによくわからない「おば上」が現れた件もそうですが、身内面して屋敷に入り込み本妻の子を流産させ、側室の子を跡継ぎにして乗っ取り完了!というのは、昔はよくあった話なのでしょうか?なかなか恐ろしいですね。永楽侯夫人が侯府乗っ取りを企んだことに、沈淑の夫が敢然と立ち向かうことができるかどうか、そこに沈淑の今後がかかっているわけですね。

沈梓はわかりやすく性悪なので、考え無しに行動したことで、鬼将軍からの手痛い仕返しをくらうことになり、これでいい縁談はほぼ絶望的になってしまったのではないでしょうか。それで黙っている沈梓とは思えませんが、ひとまずは潰せたと言っていいかと思います。それで頼みの姉の失敗で、沈静の動きが不穏です。沈錦と本気で仲良くしようと思ってすり寄ってきているのか、本心では楚修明狙いなのか、ちょっと読めないところがあります。沈梓と一緒に潰れたらよかったのに、沈静の立ち回りのうまさが不気味に思えます。

そのドロドロした不穏さとは完全に一線を画す感じで、若男と楚修遠の恋は、楚修遠の粘り勝ちで成就することになりました。粘り勝ちといっても、いつ彼は仕事をしているのか心配になるほどだったので、そりゃ楚修明も反対するわけです。この恋の成就により、沈錦は合併でビジネスが成功できたわけで、何かこう…独り勝ちですよね♪
楚修遠が村の子供たちに文字を教え、教育を施していましたが、彼が子供たちに読ませていたのは五代十国時代の南唐の君主・李煜の「虞美人」という曲に合わせて作られた「詞」だそうで、郷愁の思いが切々と歌われていて、現代でもテレサ・テンが「幾多愁」という曲にして歌っています。でも、楚修遠はなぜこれを子供たちのテキストにしたのでしょう。中国の時代劇では古典の引用は結構意味を持たせて使われているのですが、今回のこれは二人の心を結びつける何か深い意味が… なさそう。

そろそろ終盤にさしかかりますが、楚修遠の出生の謎問題や、劉啓一派の謀反問題がそろそろ浮上してくる時期でしょうか?ここまで繰り広げられたドタバタ夫婦喧嘩もそろそろ終息して、沈錦の本気の内助の功が問われる段階かもしれませんね!




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。