恋の始まり 夢の終わり-あらすじ-5話-6話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-恋の始まり 夢の終わり-あらすじ-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

恋の始まり-夢の終わり


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
プランAでは上海での激務に倒れ、ヨウイェンに浮気までされて
彼を忘れようと必死になっていたルーウェイ。
更にプランBでは結婚もしていないのにヨウイェンの父親の介護をし、
彼の妹が帰国すれば母親から邪魔にされ報われないルーウェイ。
どちらのプランもヨウイェンを選んだことが間違いだったのではないかとさえ
思ってしまうような前回でした。

5話からは少しでもルーウェイが報われるといいですね。

【恋の始まり 夢の終わり】(ネタバレあり)

5話

プランA。ルーウェイは社長に言われたことを何度も考える。
別れを切り出そうか迷っているとヨウイェンから上海にいるとメールがくる。
一緒に食事をするが、なぜか彼の様子がおかしい。

ルーウェイが多少の女遊びは許すと冗談交じりに言うと、ヨウイェンは
「今、父親の介護を誰がしているのか気にならないのか」と聞く。
別れ話をするために上海に来たくせにその間誰が介護を、っておかしくないですか?

ヨウイェンは「君が夢をあきらめてくれるのを待っていた」と責める。
別れを上海に行ったルーウェイのせいにするヨウイェン。
しかし彼女はヨウイェンに別の女がいることを指摘する。
自分勝手でわがままだとルーウェイを責めるヨウイェンが一番自分勝手!

店を出ていくヨウイェンを追いかけ、泣いてすがるルーウェイ。
彼は、ルーウェイに今まで振り回されてきたからもうたくさんだと去ってく。
ルーウェイは捨てられたらどうするかをまだ教えてもらっていないと
夜中に社長を呼び出し、その晩社長に抱かれる。

それからしばらくして・・・仕事は不調、体調も崩し仕事を休む。
ルーウェイは社長の子を妊娠していた。
仕事を休んでばかりいる彼女を責める社長に、彼女はどこで中絶できるかと尋ねる。

ルーウェイは眠っているところをヨウイェンに起こされる。
彼女は子供と3人で公園にいて、上海でヨウイェンに捨てられる夢を見たと言う。
しかし再び目が覚めると、そこには社長の顔があった。

ルーウェイは中絶の手術をして麻酔から覚めたところだった。
社長は彼女に産ませてやれなかったと詫びる。
社長がいい人なのか悪い人なのかさっぱり読めません

社長はルーウェイがなぜヨウイェンを忘れられないのかと聞く。
ルーウェイはヨウイェンの長所をいくつも挙げるが、社長は
2人とも孤独だっただけで、孤独が克服できれば愛は要らないと言う。

本当に愛が要らなくなるか試してみようと提案する社長。
一緒に食事をしてくれるかと聞くルーウェイに自分の料理はピカイチだと言い、
これは2人だけの秘密だが、もう孤独ではないと慰める。
仕事じゃないときの社長の優しい口調と顔にグッと来てしまいますね

平凡とはチャンスの前で臆病になること、特別とは社長のようなこと、
と話すルーウェイに社長は、悪女になるがそれでも自分のようになるかと尋ねる。
彼女は社長に教えを乞う。
プライベートの時の社長はひたすらワインを飲んでいるけど・・・アル中疑惑w

そして毎週末。
ルーウェイは社長に孤独の克服や株などの「授業」を受ける。

6話

プランA。不動産投資について社長から学ぶルーウェイは
ハイクラスな男性を得るためには投資と同じように
見る目を養い自分の格も上げる必要があると指導される。
しかし彼は自分のことは愛さないように気をつけろと言う。
もう遅い・・・社長に惚れかかっている人、けっこう多いんじゃない?

社長の助言に従い不動産を買ったルーウェイ。
引っ越しの最中に大連に出張のはずの社長が顔を出す。
正月を一緒に過ごそうと提案するルーウェイ。
社長は自分の荷物を預かってほしいとスーツケースを置いていく。
値上がりしている自社株を手放せとか、なんとなくフラグっぽいです。

プランB。ルーウェイはヨウイェンの家族と病院で大みそかを過ごす。
新年の花火を見ながらワインで乾杯するルーウェイとヨウイェン。
ヨウイェンは建築会社で開業が決まり、ルーウェイも輸入家具の会社に面接に行く。
しかしその矢先に妊娠がわかり、すぐにでも中絶しようとする。
病院で一緒に話を聞いていたヨウイェンが中絶に一切反対していないことにイラっとしてしまいました。

中絶しないで結婚しようと言い出すヨウイェン。
しかし独立したばかりで収入も少ない中で両親を養い、子供を育て
余裕がなく喧嘩ばかりになってもいいのかとルーウェイは現実を突きつける。
ヨウイェンはルーウェイを上海に行かせず犠牲にしたことをやっと後悔しましたね。

父親の退院の日。母親はルーウェイに車いすを持って階段を上がるように言う。
仕方なく荷物を置いて車いすを運ぶと、今度はヨウイェンが
「堕ろすからといって痛めつけるな」と冷たく言い放つ。

更に母親がルーウェイに料理を手伝わせているとき、彼女はつわりで
気分が悪くなり キッチンを覗きに来たヨウイェンに代わってもらうと、
母親は手伝わせたらルーウェイが不機嫌になったと怒り出す。
もうだめだ。このファミリーと決別しないとルーウェイは幸せになれない気がする。

再びプランA。約束の日に社長は来なかった。
会社では社長がお金を持ち逃げしたと問題になる。
社長がルーウェイの部屋に置いていったトランクの中にはぎっしりと紙幣が・・・

5-6話の感想

プランBは、もう腹立たしくて見ているのが辛いです。
ルーウェイは自分の夢をあきらめて、夢見がちなヨウイェンはあてにならず
ヨウイェンの母親はルーウェイを家政婦扱い。おまけに妊娠・・・

プランAで社長の言動が少し変だなって思いましたがまさかの失踪です。
社長が二人の関係を秘密にしたがっていたのはルーウェイに
迷惑をかけないためだったんですね。

次回は少しでもいいことがあるといいのですが。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です