慶余年(けいよねん)-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
北斉の皇帝・皇太后との対面、言氷雲の救出、肖恩・沈重の殺害計画など様々な展開があった前回。
そして今回、肖恩の奪還作戦が実行されるも…。

【慶余年(けいよねん)】(ネタバレあり)

40話

范閑は肖恩の奪還のため上杉虎と手を組む。
それに応じる上杉虎だったが、心の中では「范閑は俺を利用して沈重を殺すつもりだろう」と疑っていた。
そして范閑が去った後、部下に「肖恩を救ったら范閑を殺せ」と指示するのだった。
その後、屋敷に戻った范閑は「明日作戦を実行する」と言氷雲に報告。
すると言氷雲は「沈重を殺すな」と言い出す。
どうやら言氷雲は内庫の店舗の帳簿を確認し、監査院にある帳簿と記載がかなり違うことを発見したのだ。
つまり監査院にある帳簿はニセモノで、大金の横流し疑惑が浮上したのだ。
さらにその大金は沈重が長公主に横流ししている可能性が浮上。
言氷雲は「狙いは慶国の内乱で、大金で兵や武器などを買い謀反を企んでいるのでは?」と推理し、「その真相を吐かせるために沈重は殺してはダメだ」と言う。
范閑はそれに納得できず「今さら後戻りはできない。明日肖恩を解放し、沈重を殺す」と告げ立ち去るのだった。
翌日、上杉虎の軍勢は范閑から教えてもらった場所に向かい、肖恩奪還作戦を決行。
そして肖恩を救出するも沈重の軍勢に囲まれ、戦争状態に。
そして追い込まれた上杉虎の軍勢は自らの体に火をつけ自害。

燃えて死ねば誰かわからず上杉虎が罪に問われることがないからです

その様子を上杉虎は離れたところから見守るしかできないのだった。
その後、それにより死んだかに思われた肖恩だったが実は死んでおらず、肖恩は1人森の中へと入って行く。
そんな肖恩を范閑は尾行し監視していた。
その後、肖恩が森を進んで行くと沈重の指示で森で待ち構えていた何道人と遭遇。
そして2人は刀を交え戦いがはじまる。
肖恩は刀で体を斬られその場から逃走。
范閑は「俺が殺すからアイツは俺に譲ってくれ」と何道人に頼むも、「狼桃も近くにいるからダメだ」と何道人は忠告した。
一方、逃走した肖恩は狼桃と遭遇。
そして2人の戦いが始まる。

狼桃の短刀に鎖がついた武器はおもしろいですね

肖恩が劣勢で狼桃にやられそうになる中、そこに范閑が乱入。
范閑は肖恩を抱えて崖の上からダイブ。
2人とも死んだと思った狼桃だったが、下を調べるも2人の死体は見つからないのだった。

下まで落ちていれば死んでいましたが、どうやら途中の茂みに着地し2人とも無事だったようです

一方、費介は院長の側近・影子と話していた。
すると費介は突然影子に毒煙をふりかけ眠らせ、彼の仮面をとった。
「正体はあんたか…」
費介はそうつぶやくのだった。

影子の正体は一体誰だったのでしょう…

その後、院長の元を訪ねた費介。
そこで「なぜ黒騎を派遣し范閑を助けないんだ?」と問い詰める。
するのそこに范建が現れ、范閑を危険に晒していることを知り憤る。
すると院長は「全ては肖恩に秘密を吐かせるためだ」と言う。
それを聞いた范建は院長を連れて慶帝の元へ行き「なぜ范閑を北斉に送ったのですか!」と問い詰めた。

41話

慶帝に范閑を北斉に送った理由を問い詰める范建は、肖恩の秘密を吐かせるためだと知った。
一方、崖から落下するも助かった范閑と肖恩は洞窟で休んでいた。
すると肖恩は監査院で監禁中に吐かなかった自らの秘密を明かすと言い始める。
范閑が戸惑う中、肖恩は范閑の両親について、そして范閑の生い立ちについて話し始める。
そして「俺の息子がお前の父親、つまりお前は俺の孫だ」と話した。
実は肖恩には孫がいたがそれは范閑ではない。
しかし監査院での監禁中に、院長から生まれた孫の情報を小出しに何年も教えられていた肖恩は、范閑が自分の孫だと思い込んでいたのだ。
これは院長が仕向けた長年にわたる計画で、これにより肖恩が秘密について范閑に明かすことを期待していたのだ。

肖恩は范閑を孫だと思ったから前に上杉虎が范閑を殺そうとしたのを止めたんですね…

自分を孫だと言い張る肖恩に范閑が唖然とするなか、肖恩は自らの過去について話し始める。

ここから肖恩の過去の回想シーンです

ある日、先帝は不老不死の術を求め、その手掛かりが北の神廟にあると思った肖恩と共に捜索を開始。
それは雪山での過酷なもので、次々と肖恩の部下は脱落して行くなか、肖恩はついに荷苦と共に神廟を発見。
目の前に大きな門が出現するもそれには触れることもできず肖恩の荷苦が戸惑う中、突如神廟の門の扉が開き、中からある女性が出て来た。
その女性とは范閑の母・葉軽眉だった。
そして肖恩と荷苦は葉軽眉を連れて北斉に行こうとするも、北斉の手前の関所で葉軽眉は「友達を助けに行く」と言い別れることに。
別れ際、葉軽眉は「神廟に関わるすべてのことは胸の奥にしまって。神廟では悪いものを閉じ込めてあり、廟が見つかればそれを逃し世界が終わってしまうから…。世の中のために秘密は守って」と告げ立ち去った。
それ以降、肖恩は葉軽眉とは会っていないのだとか…。
さらに范閑は衝撃の事実を肖恩から聞く。
なんと葉軽眉は当時皇子だった慶帝のもとに嫁いでいたというのだ。
そして范閑は自分の父親が慶帝だと知るのだった。

まさかの展開…

42話

母・葉軽眉が慶帝に嫁いでいたこと、そして自分の父親が慶帝だと知った范閑は、衝撃を受ける。
そして全てを話し終えた肖恩はそのまま息絶えるのだった。
一方、慶国では范建の院長が話していた。
そこで范閑が澹州で命を狙われたのも、都に呼ばれたのも全ては肖恩から神廟についての秘密を聞き出すための慶帝と院長の筋書きだったことが判明した。
その頃、北斉では范閑が宿に戻り郭保坤と話していた。
そこでかつて滕梓荊と揉めた件について尋ねる范閑。

郭保坤の部下にいじめられていた町民を助けたことで訴えられ捕まったという件です

しかしどうやら家職が勝手にやっただけで、郭保坤の指示ではなかったことが判明。
それを聞いた范閑は、全ては自分と肖恩を会わせるための監査院の策略だったと知るのだった。
その後、范閑は言氷雲と話す。
そこで范閑は実は今回のターゲットが沈重ではなく上杉虎だったことを明かす。

范閑も言氷雲のことを信用しておらず、沈重の手先かどうか試していたようです

そして言氷雲が沈重の手先ではないと判明し、范閑は改めて協力して欲しいと頼み、自分と同じ年齢の肖恩の孫について言氷雲に遠回しに尋ねる。
そこである事実が判明する。
実は言氷雲が肖恩の本当の孫だったのだ。
それを知った范閑は、言氷雲が北斉に送られたのも院長の計画の内で決まっていたことだったと知る。
「どんなに足掻いても奴の掌中から逃げられない…。結局自分は奴の駒だったのか」
范閑はそう思い、様々な人間が「奴を信じるな」と言っていた意味を理解するのだった。
その後、范閑は言氷雲に「このままでは院長1人に朝廷が牛耳られてしまう。全力でサポートするから朝廷のために朱格が務めていた座に就いて欲しい」と頼む。
そんな話をしていると、屋敷に沈重の妹が訪ねて来る。
言氷雲の怪我の具合を心配し薬を手渡す彼女に言氷雲は「君に心が動いたことはない。もし友人関係を続けたいなら兄の首を取ってこい」と冷たい言葉を浴びせる。
それを受けた沈重の妹は涙を流しその場を立ち去るのだった。

言氷雲の言葉は本心では無さそうですが、沈重の妹は少し可哀想ですね…

その後、范閑は王啓年と話していた。
そこで范閑は母の死因をはっきりさせるため、自分が監査院の主となり慶国一の重臣となると宣言するのだった。

感想

40話では肖恩奪還作戦が実行され、色々ありながらも肖恩は逃走するというストーリーでした。
何道人や狼桃の肖恩とのバトルシーンは迫力がありました。
そして崖から飛び降り助かった范閑と肖恩が気になるなか、41話では肖恩の過去から范閑の母について明らかになり、さらにそこから范閑の父親が実は慶帝だと判明するという驚きのラストでした。
そして42話では院長の企みが明らかになりましたね。
范閑が澹州で命を狙われたところ、都に呼ばれたところから全ては院長の計画だったという何とも恐ろしい事実でした。
また言氷雲が肖恩の孫だったというのも驚きでしたね。
そしてラストには范閑が院長に慶国を牛耳らせないために戦うことを決めました。
次回の展開が楽しみです。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。