扶揺-フーヤオ-あらすじ-1話-2話-3話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
物語の舞台は五州大陸です。

天権国によって、統率され太平の世が続いていたのだが、1100年前に戦いを起こして封印された帝非天が再びうごめき出し、何かが起ころうとしています。

扶揺は奴婢として育てられましたが、武術を身につけているようです。扶揺のスタートです。今回は、1話から3話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

1話 太淵国の政変

昔、天権国は、穹蒼の命を受け、太淵、天煞、璇璣の三国を統率し、太平の世が続いていた。しかし、帝非天が五州で戦争を起こし、穹蒼の長老が玄霊真葉を用いて五州を救ったが、帝非天の血が五色石になって、己を呼び覚ましてくれる少女の出現を待っていた。
封印が解かれるのを待っているのですね!

穹蒼の長老は玄霊真葉を授かった弟子に、五色石を持つ少女を探し、災いを取り払うように命じる。

扶揺は、太淵国の玄元派で、奴婢であった。何かと騒ぎを起こすのだが、周じいにかわいがられていた。
天真爛漫のようですね♪

太淵国の都・昆京では、国王の軒轅靱が、世子の軒轅斎に、王位を狙っている斉震を排除すように準備をさせていたが、秘術によってその話を耳にした斉震が王位を簒奪しようと企て、世子を殺し、軒轅王族を殲滅せよと命じた。
すごい秘術ですね!

酒を積んだ荷馬車を走らせていた扶揺が、泉都宗子である軒轅旻を助けることになるが、扶揺は、裴瑗によって仕掛けられた網に捕らわれてしまう。

その拍子に軒轅旻が荷馬車から投げ出され、何者かによって連れ去られる。
すり替えられたようです!

軒轅旻は、斉震の養子の雲痕によって、玄元派掌門の燕烈のもとに連れて行かれ、医聖の宗越によって怪我の治療を受けていた。
斉震は、助けた男が軒轅旻であることを確かめると、大王が軒轅旻を世子に冊立したと告げ、軒轅旻が太淵国の世子となる。
御水の術すごい!

2話 入れ替わった世子

斉震は、太淵国王の軒轅靱を襲った時に、軒轅族の王位が途絶えたら、太淵国の権力は天権国に戻されるという取り決めがあることを知らされ、国王は殺さず、薬で昏睡状態にしたのだった。

扶揺は、小白が病気になったことを知り、立ち入り禁止である崖に百芝蘭を摘みに行く。すると見知らぬ男によって、百芝蘭を横取りされてしまう。
二人の出会いですね♪

その男は、斉震が保護した世継ぎの軒轅旻になりすましているのだった。そして、百芝蘭の中の実を口にすると、水を御す力が強くなるのだった。
医者の宗越とも顔見知りのようです!

玄元山荘で、宴が開かれ、扶揺は、宴の給仕に駆り出される。扶揺が、世子の顔を見てみると、軒轅旻ではなく、百芝蘭を横取りした男であることに気がつく。

扶揺は、その男に宴から連れ出されると、世子になりすましていること知っていると明かし、百芝蘭を返してくれるよう告げる。

玄元派掌門の燕烈の息子・燕驚塵とその妹弟子の裴瑗の婚約が発表された。扶揺は、奴婢ではあったが、燕驚塵を兄弟子と慕い、愛を誓いあっていたので、傷つくのであった。
いきなり衝撃的な出来事!

扶揺が、呆然として歩いていると、軒轅旻が現れ、今朝の落とし前をつけると言い出すのだが、突然、池から神獣の呲鉄が現れ、二人は逃げる。そして、扶揺が危機一髪のところを軒轅旻が扶揺を助けたのだった。
恐ろしい生き物ですね!

3話 裏切られた恋心

扶揺がまた、呲鉄に襲われそうになり、軒轅旻が呲鉄を倒し、扶揺を助けたのだが、軒轅旻になりすましていることを、口止めされたのだった。

燕驚塵は、扶揺に、裴瑗を娶っても、自分の想いは変わらない、昆京で地位を固めたら側室として迎えると告げる。しかし、扶揺は、施しなどいらないと言って、別れを告げる。
きっぱりしてますね!

燕驚塵と扶揺が密会しているところを目撃した裴瑗は、扶揺に対して怒りをつのらせ、無理やり扶揺を畋闘賽に参加させ、亡き者にしようと企むのだった。
嫉妬心がすごい!

畋闘賽は、玄元派の弟子たちが能力を競うものだが、参加すれば命の危険にさらされるので、扶揺を心配した燕驚塵が父に参加の取り消しを頼むが、許しを得ることはできなかった。

周じいも扶揺を心配し、畋闘賽の前にここを出ていくように扶揺をさとす。

燕驚塵が、扶揺に畋闘賽の時には隠れているように告げるのだが、扶揺は、運命にまかせると答え、燕驚塵を突き放す。
燕驚塵の言うことは聞かないですよね!

畋闘賽が始まる。第1回戦は、2組に分かれて神獣と闘い、神獣を封印するというものだった。

燕驚塵の組は、呲鉄との戦いに苦戦を強いられる。そして、皆が倒され、扶揺が一人で立ち向かうことになる。
大丈夫かしら?

1話から3話の感想

いきなりヒロインの扶揺が失恋をしてしまいましたね。扶揺は奴婢なので、燕驚塵との結婚は、身分的にはかなり厳しいですよね。燕驚塵が扶揺のことを想っていることは本当のようですけど、側室として迎えたいなんて、ひどい話ですよね。そんなことを言われたら、別れを告げる決心がつきますね。

でも、あの裴瑗は、なかなか手ごわそうです。燕驚塵の心を扶揺が奪っているのを知って、恐ろしい企てをしてきました。謀反を起こした斉震の姪ですものね。これから嫌がらせが続きそうです!

扶揺は、術も使えるようで、何事もめげずにたくましく、前向きな感じがいいですね。軒轅旻になりすましている男とのやりとりでも、負けてなかったですものね!これからの活躍が楽しみです♪




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です