扶揺-フーヤオ-あらすじ-49話-50話-51話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-49話-50話-51話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
扶揺は、江楓になりすまし、天煞禁衛軍の都統となり、国王の戦南城にうまく取り入る。

戦南城は、氷原虎が出現したという知らせを受け、すぐに狩りに出発するが、そこには無極が仕込んだ刺客が待ち受けていた。江楓が国王を刺客から守り抜いたように見せかけ、江楓は、真武大将軍に抜擢される。

江楓を快く思っていない戦北恒が、江楓の正体を暴露する。しかし、扶揺は、戦北恒が皇太子と接触し、天煞の王位を要求していたとでっち上げ、戦北恒を逆に陥れてしまう。

手の込んだ策略を考えていますね!今回は、49話から51話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

49話 砂漠の隠軍

扶揺と無極の罠にはめられた戦北恒は、戦南城によって、牢獄に収監される。

扶揺は、毒酒を戦北恒に運ぶ。戦北恒は、生きながらえるために3人の兄弟を殺したことを明かし、その罪を、死を持って償おうと、毒酒を飲み干す。
かなり悪いことをしてきていますね!

太淵国王である雲痕が、お忍びで天煞国へ入り、宗越を訪ねる。宗越は、雲痕が、昆京から逃げ出した斉震を探しにきたことを知っていた。

雲痕が斉震をかばい、しかも、斉震と会っていることも知った宗越は、私もやつに用がある、やり残したことのけりをつけると告げる。
雲痕は二人の狭間で苦しいでしょうね!

戦北野は、夯蛟古城を発見し、隠軍が現れるのをひたすら待っていた。
戦北野は、雅蘭珠に助けられていますね!

宗越は、自分の出現が雲痕を苦しめる結果となったと思い、ひとりで決着をつけることを決める。

戦北野が、葛雅砂漠で、碧竜在野剣を振り回し、宣誓を行うと、砂嵐と共に隠軍がついに現れる。戦北野は、暗愚な君主を一緒に倒そうと訴え、天煞の平和を取り戻したら、神器の天煞双響で封印を解くと約束する。

頭領は協力する条件として、雅蘭珠の命を捧げることを要求する。戦北野はすぐに断るが、雅蘭珠は自ら自分の命を断とうとする。戦北野は、それを止め、自分の命を捧げることを決め、腹を刺す。
雅蘭珠を犠牲にするわけにはいかないですよね!

50話 呪いと怨念

戦北野は、深く差しこんだ剣を引き抜くとその場に倒れてしまう。しかし、隠軍の統領の「共に行こう」という掛け声で、戦北野は息を吹き返す。
生き返らせることができるのですね!

宗越は、斉震の元を訪れると、斉震は床に臥せっていた。斉震は、軒轅家に申し訳ないことをしたと弱々しく話をしだすが、宗越が脈を診ようとすると、突然、斉震は起き上がり、宗越の首をつかむ。
斉震は、本当に信用ならない!

斉震は、宗越に復讐するため、自分の命と引き換えに非煙と取り引きをしており、非煙の香で宗越は意識を失ってしまう。

吉兆の雲が出たと喜んでいる戦南城に、戦北野が向かってきているという知らせが来る。
戦南城は単純な人ですね!

意識のない宗越を斉韻が世話をする。斉韻は、父がやってきたことを激しく責めると、斉震は、思わず手を上げてしまう。

戦南城が臣下たちを招集し、対策を考えるが、現在の王宮の兵力では、全く足りないため、扶揺は、長孫無極と手を組むことを進言する。

無極は、師匠からの召喚から逃げ続けていたため、師匠はむりやり無極を呼びつけていた。そして、期限までに使命を果たせなかった無極を罰する。
大丈夫かしら?

宗越を追ってきた雲痕を捕えた斉震は、雲痕を懐柔し、宗越を殺すように命じる。そして、雲痕を縛っていた縄を切り、短剣を投げ渡す。

雲痕は、なぜ追い詰めるのだと言って、宗越の縄を切り、斉震に剣を向ける。
雲痕がやっと斉震に剣を向けましたね!

51話 王位をめぐる決戦

すべてを非煙に渡し、宗越を殺す力を手に入れた斉震は、宗越に一撃を放つ。しかし、宗越を守るために斉韻がそれを受け、命を落とすことになる。

絶望した斉震の怒りは、宗越と雲痕に向けられるが、斉韻が、宗越に竜鱗甲をこっそりつけてくれていたので、宗越は命拾いをする。
斉韻の愛ですね!

それを知った斉震は、すべてが無駄だったと斉韻を抱きしめながら死んでいくのだった。

そこに無極がやって来て牧霊果を宗越に手渡す。それを斉韻に飲ませると、斉韻は、息を吹き返す。しかし、毒はなかなか消えないので、宗越は、蘇生の術を探すべく、斉韻を抱きかかえ、立ち去る。
牧霊果はすごいですね!

戦北野たちが武竣門に着くと、隠軍は門衛たちをあっという間に撃破するのだが、磐都には古の封印の守護があるため、隠軍は城内に入れなかった。

戦北野は、事を成したのち戻って来ると約束をするが、納得しない頭領に、雅蘭珠が人質として城外に残ることになる。

宮門の前で待っていた無極は、戦北野が到着すると、号令をかける。すると共済軍は一斉に振り返り、後にいる禁衛軍を襲撃する。
いきなり振り返って襲撃なんてびっくりですよね!

その頃、扶揺は、戦南城と臣下たちの前で自分の正体を明かしていた。そして、今こそ真の王につくべきだと臣下たちに説いていた。

寒殿に戦北野が入って来る。戦南城は、戦北野の足にしがみつき、命乞いをする。
必死な感じですね!

49話から51話の感想

今回は、死んでしまったのに、生き返らせるというすごい術がありました。戦北野が死んでしまったら、すべてが水の泡ですものね。死んだ人を生き返らせることができるのに、なぜ雅蘭珠の目は治らないのでしょうね。とっても健気でかわいい女性なので、なんとかしてあげてほしいと思ってしまいます。

それに引き換え、斉震は自分のことしか考えていないひどい人間でした。娘のためと言ってましたが、その言葉がとても嘘っぽく聞こえていました。でも、娘を大事に思っていたのですね。娘の死ですぐに自害をしたのには驚きました。

扶揺が、正体を明かした時の戦南城の表情は笑えましたね。威厳も何もなかったです!おまけに戦北野の足にしがみついて、命乞いですものね!戦北野はこの戦南城をどうするのかしら?




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です