扶揺-フーヤオ-あらすじ-55話-56話-57話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-扶揺-フーヤオ-あらすじ-55話-56話-57話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

フーヤオ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
璇璣国に着いた扶揺と無極は、女王の鳳璇に謁見する。宗越になりすました扶揺は、女王の診察をして、女王は病ではなく、毒を盛られていることがわかる。

無極は、自分のあとをつけてきた刺客が穹蒼の剣術を使っていたことを知る。璇璣の隠された秘密を調べるために、扶揺に、鳳浄執をうまく誘惑させ、璇璣の歴代の文書が保管されている筱鸞台に潜入する。

とても謎に包まれたところですね!今回は、55話から57話までをご紹介いたします。

【扶揺-フーヤオ】(ネタバレあり)

55話 奪われた王座

筱鸞台に潜入した無極は、鳳氏系譜を発見する。そして、鳳無名という子孫だけ生死がわからないことを不審に思う。
謎だらけですね!

扶揺は、自分の正体を知っている侍女に呼び止められ、仏蓮のところへ案内される。仏蓮は、扶揺に、かつての過ちを謝罪する。そして、誠意の印にと自分の鳳凰如意を差し出す。受けとろうとしない扶揺に、仏蓮は、無理やり扶揺の手に如意を持たせる。
何かありますね!

扶揺が、無極に、仏蓮からもらった如意を見せる。すると無極は、鳳璇に毒を盛っているのは、鳳浄執ではないことを告げ、仏蓮には注意するように告げる。

無極と扶揺の所に、王室の密偵組織である鳳引閣の唐易中がやって来る。唐易中は、はじめから宗越が偽物だと気づいていたが、璇璣のために秘密を守り、2人に協力したいと自ら願い出たのだった。

鳳浄執は、部屋の前で、母と謎の男との話を耳にしてしまう。それは、母が真相を知る者たちすべてを殺し、鴛鴦淵のことも、母がやったことであるというものだった。
母の秘密を知ってしまったのですね!大丈夫かしら?

扶揺と無極は、唐易中から教えてもらい、当時の真相を知っているという鳳五という名の男を訪ねる。そして、鳳璇が王位についたいきさつを知る。

56話 火の鳳凰

鳳五は、璇璣が滅びそうになっているのを憂い、無極に助けてほしいと懇願する。

鳳璇の秘密を知ってしまった鳳浄執は、鳳璇に捕えられてしまう。
やはり・・・

唐易中の案内で、無極と扶揺は、鴛鴦淵の最深部を訪れる。そこは何も音がしない静まりかえったところであったが、扶揺だけが、火の鳳凰を目にする。
扶揺は特別な人なのですね!

宮殿に戻った二人は、黒衣の刺客に襲われる。無極はすぐに刺客の後を追い、扶揺も後を追うが、扶揺は、仏蓮の罠にかかり、鳳浄執を殺した犯人に仕立て上げられてしまう。

罪人として鳳璇の前に引き出された扶揺は、仏蓮によって、正体を暴露される。そして、鳳璇に死罪を言い渡されてしまう。鳳璇が鳳浄執を殺したのだが、それを知った仏蓮が鳳璇に策略を授けていたのだった。
仏蓮の執念はすごいですね!

そこに無極が扶揺を助けるために駆けつけて来たのだが、扶揺を璇璣に連れてきたのは、皇太子の計略ではないかと疑われ、扶揺は、無極を守るために、皇太子とは無関係であると証言し、収監されることになる。

無極は、牢に侵入し、扶揺に璇璣を離れようと告げるが、扶揺は、幼いころの記憶が断片的によみがえっているので、過去の事を調べるために、璇璣に残りたいと話す。
扶揺は璇璣で生まれたのかしら?

57話 よみがえった記憶

玉衡こと孟朔は、長年にわたって鳳璇にあやつられて来た。鳳璇は王位だけでなく、玉衡にも執着をし、玉衡の妻子の生死をかたにとり、そばに置いていたのだ。それを知った無極は、玉衡に、二人を必ず見つけると約束し、扶揺を牢から救い出す。
玉衡はずっと耐えてきたのですね!

無極は、19年前、璇璣で何が起こったのかと鳳璇に迫る。そこに玉衡もやって来て、鳳璇に剣を向ける。

鳳璇は、玉衡に、無極を殺せば知りたいことをすべて教えてあげると言って、玉衡を取り込もうとするが、そこに扶揺がやって来る。

無極は、扶揺こそが玉衡の娘であると告げる。それを聞いた鳳璇は、動揺して喀血する。
えっ!この展開はびっくり!

鳳璇は、玉衡に、本当の娘であるか調べる方法をもち出すが、密かに術をかけ、親子でないことを証明されるよう仕組む。親子でないことがわかり、自分が利用されていたと思った玉衡は、無極に激怒し、牙をむく。
すぐに信じてしまうのね!

玉衡によって、斬られて流れ出た扶揺の血が祭壇に落ち、扶揺の3つ目の封印が解かれる。
やっと封印がまた解けました!

そして、やっと玉衡は、扶揺が真の璇璣の正統で、自分の血を分けた娘であるとわかる。

過去の記憶が蘇った扶揺は、つらい記憶を話し始める。扶揺は、璇璣の王宮で生まれたが、鳳璇によって母を殺され、侍女の許宛によって、身分を隠し育てられてきたのだった。
つらい過去ですね!

55話から57話の感想

謎の多い璇璣でしたが、全貌が見えてきましたね。すべては鳳璇が地位と玉衡を手に入れるために行われてきたのですね。その犠牲者の一人が扶揺でもあったのですね。まさかここで実の父親に会うことになるとは思わなかったです!

そして、無極の思い出の女の子は、扶揺のことだったのですね。すでに二人は子供のころに出会っていたのですね♪その時から気が合う二人だったようです♪

でも、扶揺の過去の記憶は、つらい思い出ばかりのようです。よく侍女が助けてくれましたね。自らを犠牲にして、すごい人です。扶揺もよく生き残ってきたなという感じですね。一方、鳳璇の悪どさが際立っています!

扶揺の生い立ちが明らかになり、残りが少なくなってきたことを感じます。最後まで目が離せませんね♪




クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です