擇天記-たくてんき-あらすじ-最終回(52話)-結末は!?

中国ドラマ-擇天記-たくてんき-あらすじ-最終回(52話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

擇天記



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
自分の産みの親でもある教宗との戦いに赴く長生達。星盤大陣を使い、より力を増した教宗に勝利することが出来るのでしょうか?そして教宗に捕らえられた有容の運命は??

【擇天記-たくてんき】(ネタバレあり)

擇天記・最終回(52話)

教宗に捕らえられて絶体絶命の危機に陥った有容を秋山君が助けます。しかし逃げる二人を執拗に追う教宗。そして教宗の築いた緑の壁が二人の行く手を塞ぎます。壁を焼こうとする有容を再び捕らえる教宗。それを必死で止める秋山君。教宗は自分に目を向けない者のために何故命乞いをするのだ、と秋山君に問います。秋山君は、自分は欲望と嫉妬のために道を踏み外した、有容と結ばれることは決してない、けれど有容に手を出すことは許さないと言い、有容を庇って命を落とすのでした。

有容のために死んだ秋山君。最期は愛する有容の胸で、自分のために涙を流す有容を見ながら死ぬことが出来て幸せだったのかもしれません・・。その死は人族の英雄として讃えられる価値のあるものですね!

助けに来た長生と有容を教宗から救ったのは、意外なことに黒袍でした。黒袍は実は周独夫の妹で、教宗を倒すために長生達と手を組むと言います。なぜなら教宗によって黒袍は聖后と敵対し、また教宗は兄の周独夫を陥れたうえ魔君まで殺させたからです。さらに今、教宗は周独夫の遺した星陣までわがもの顔に操っているのです。教宗への怒りをあらわにする黒袍に有容はこれまで人族を何度も襲った黒袍とは手を組まないと言うのでした。

長生達は教宗に星図を使って最後の戦いを挑みます。まずは小黒龍朱砂に教宗と兵たちを引きつけてもらい、その間に長生と有容は星陣の間に入ります。そして長生が星図で星盤大陣を攻撃する間有容が援護するのでした。しかしすぐに気づいた教宗が星陣の間にやってきます。矢を構える有容をかわして進んできますが、小黒龍が有容に加勢します。朱砂は有容に、教宗との戦いは自分に任せて長生と一緒に命星をともすよう言うのでした。空に命星が輝き始めたのに気づいた軒轅は落落に命星をともすよう呼びかけます。そして白帝や三十六、商行舟や余人、離山剣宗などたくさんの仲間が次々に命星をともしていくのでした。教宗は長生に、そんなことを続けると星辰の力で体がむしばまれて死ぬぞ、と脅します。しかし長生は踏ん張るのでした。

軒轅が落落に手渡したのは、女神になる前落落が長生との思い出を忘れまいと書きつづったものを長生が綴じた冊子でした。そして軒轅は落落と長生の出会いの思い出を語ります。それは落落の心を動かし、涙を流させるのでした。そして何かを思い出したように落落は軒轅とともに命星をともします。・・・きっと女神になった落落も心のどこかに長生への想いが蘇ったのでしょうね!それからはその冊子を肌身離さず持っているようになりました!

たくさんの仲間が命星をともしたことで星陣は弱体化していきます。教宗は自分の血を星陣に与え回復させようとしますが、最後に長生と有容が両断刀を使って星陣に大打撃を与えます。破壊された星陣と教宗は消え去り、黒袍も壊れた星陣の後を追うのでした・・。
そして平和になった周の国は皇太子の余人が継いで新帝となります。商行舟は周の国師に、長生は教宗に任ぜられます。しかし長生と有容は聖后の墓に花を添えた後、余人に周の国を任せて二人で旅立つのでした・・・。

擇天記・最終話の感想

長かったドラマもとうとう完結してしまいました!星盤大陣は長生達によって破壊され、星陣がなくても周は平和になりました。良かったですね。原作はもっと先があるようですが、ドラマは長生と有容の旅立ちで終わりました。最後の方は物語をまとめるために大雑把な展開だった気もしますが、役者さんたちが最後まで頑張っていて楽しめました!!
これで最後なので熱演していた俳優さん達の感想を少し。まずは長生を演じたルハンさん。韓国のアイドルグループの出身ですが今は中国で俳優として活躍しているそうです。20歳まで生きられない美少年という役にピッタリの秀麗な容姿でしたね。欲を言えば最初から最後まで美形な長生くんはいいのですが、武術に強くなっていくと同時に人間的にも成長した大人の長生くんも見てみたかった!有容役のグーリ・ナーザさんは本当に綺麗な方でしたね~~。声も魅力的で「チョウセイ」と呼ぶ響きが美しくて素敵でした。初めはクールな求道者だった有容が長生を愛して変わっていき、後半以降は年相応の可愛い笑顔も見せてくれました。秋山君を演じたチャン・ジュンニンさんも容姿完璧、声も良く、まさに俳優になるべく生まれた人と言う感じでした。そしてご贔屓にしていた落落ちゃん!ウー・チェンさんの可愛いこと!!最後までぶれずに役を演じきっていましたね。ひたむきな落落姫には思わず涙してしまいました。
気の強さでは負けない莫雨や、唐三十六、時々真ん丸な目になるのがおかしかった軒轅役の俳優さんたちも楽しませてもらいました。続編が無くて残念!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です