月に咲く花の如く-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-月に咲く花の如く-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

月に咲く花の如く



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回死にかけていたところから見事復活をとげた周瑩。熱い男王世均の証言で呉蔚双と柳婉児は趙白石に連行され、周瑩と王世均は誤解が解け、仲良くお仕事お仕事・・・。でもお義母さんのやっちゃった~で一番収入源に見込まれていた三原質店の株は全て南院に持っていかれてしまいました・・・でもめげない周瑩、収入が期待されるケシの栽培や呉蔚武とタッグを組んで三原質店の真相を探ろうと、毎回アクティブです。

【月に咲く花の如く】(ネタバレあり)

25話

三原質店が火事がおこり、証拠の疑惑の帳簿も何もかも焼け落ちて真相はわからなくなってしまう。店の前で呉蔚武と周瑩も火事の様子を見ていると呉蔚双が焼ける質店を見て半狂乱状態。
わしの店が~~!!

行方の知れない孫番頭を付けていた趙鴻伍から居場所を聞いた周瑩は何か考える。
経験豊富で頭のいい周瑩、何かやってくれそうです

富平に着いた孫番頭は宿を取り部屋にいると、突然賊が現れ、袋にして孫番頭をいずこかに連れて行く。
連れて行かれた先であわや賊に殺されそうになったところを首尾よく出てきた呉家の趙鴻伍に助けられ、泊まっていた宿に向かう。
孫番頭殺害の依頼主が柳と聞いてから「彼女じゃない・・・」とつぶやく孫番頭。宿の食堂で落ち着くために柳婉児からもらった酒を飲もうとすると・・・毒が仕込まれている事に驚く。
お決まりの銀の装飾品(指輪)を落とすと・・・色が変わった・・・(ひー)

三原質店が鎮火し南院に呉蔚双が戻ってくる。柳婉児は笑顔で出迎え、かいがいしくお世話する。姿を消した孫番頭が怪しいとにらむ呉蔚双に大いに同意する柳婉児。呉蔚双は鄭氏と周瑩に質店の件で悪い事をしたと後悔し、自分の誕生日の宴に鄭氏と周瑩を招待し謝ると決める。
柳婉児と呉遇に招待され浮かない顔の鄭氏に行く気満々の周瑩は皆で飲み食いしてやりましょう!と言う。
妙に笑顔で愛想のいい姐さん、心を入れ替えたのでしょうか?

趙鴻伍の家にかくまわれる孫番頭は趙鴻伍からだまされていると言う言葉も聞こえず、柳婉児を信じ、呉蔚双に監禁されているだろう柳婉児を助けに行きたいと訴える。
宴の準備に追われている南院に贈り物を届けるのに孫番頭はついて行き、そこでイキイキと宴の支度しつつ呉蔚双と楽しくしている柳婉児を見て、決心がつく。
周瑩に呉聘殺害の真相を話した後、趙白石にも全てを自供する。
とうとう呉聘の死の真相が出ました。でも気になるのは杜明礼の鷹の件と恐らく胡小姐が指示したであろうナツメ餅店主が別人になっていたこと。あれはなんでもなかったのかしら?

南院では宴もたけなわで呉蔚双と柳婉児が兄弟や鄭氏たちに挨拶まわりをし、乾杯をしようとしていると官兵を伴った趙白石が乗り込んでくる。
孫番頭の自白により柳婉児を捕らえようとする。宝来を使っての呉聘殺害と長年の三原質店の横領、証拠の帳簿を隠そうと質店の放火指示など・・・はじめは妻を庇っていた呉蔚双だったが孫番頭と柳婉児の仲を知り、だまされていたと気づき柳婉児を刺す。そしてそのナイフで自害する。
愛憎は裏返しというのがよくわかったシーンでした。楽しい宴会から断罪と殺害・自害と見ていてドキドキでした

周瑩はただ独り呉聘の墓前でしゃがみこんでいた。
どこまで周瑩は予測していたのか・・・気になります

沈四海のところに刑部侍郎の謝徳固と知府の趙白石が膏薬の抜き打ち検査に来る。必死に言いつくろう沈四海だが謝徳固は検査を進めようとする。杜明礼がやってきて貝勒の名前を出しつつ検査をとめようとする。
趙白石忙しすぎる・・・

26話

刑部侍郎の謝徳固はここの膏薬は止血作用のない布切れといい一向に引く気配はない。杜明礼は貝勒の力で脅しにかかるが、「調べればいい・・・」と沈星移が出て来て、趙白石の剣で自ら腕を傷つけ膏薬を貼り、止血できる事を証明する。謝徳個は兵を連れて帰る。沈星移は手の傷から先日の泥棒は趙白石だと気づく。
やった~ただのボンボンではなくなった!

沈四海から膏薬の止血作用について聞かれ、杜鵑花を用いた事を話す。全ての膏薬に杜鵑花を加えるという沈四海に加えるなら血竭と言い、杜明礼との関係を切るよう訴える沈星移の話し合いは平行線で終わる。
今回の星移の活躍に母は大喜びで使用人たちにお給金をはずみ、屋敷に帰った星移は女中たちに囲まれるが独り杜鵑花を教えてくれた周瑩を想う。
寂しい後姿・・・やっぱり好きなんだね。

呉家東院ではマイペースでがさつな周瑩の行動に鄭氏は眉をしかめる。屋敷内とはいえ素足を出す事に平気な周瑩に最低限の淑女の行儀にするように注意する。
いやいや承知する周瑩は鄭氏から南院の呉遇が身の回りのものをもって行方をくらませたと聞く。
えーっと女中や大道芸したりしていたから纏足してなかっただろうけど・・・そもそも人様の前で素足はまずいでしょう。それに女として何か終わっている感の行動は控えた方がいいような・・・

沈四海は息子の願いを聞き入れ、杜明礼との関係を清算しようと隆昇和に向かう。
緊張気味の沈四海ににこやかな杜明礼は先日の謝徳固の抜き打ち検査を免れた功績をたたえられ、貝勒から星移は五品の同知、大奥様は二品の誥命夫人の詔が賜れる・・・そして様々な方面に人脈がある杜明礼は沈四海にお互い資本を出し合って大きく商売の話をする。四海は全ての取り分の3割を隆昇和に渡すことに躊躇するが、呉家東院の全取引先や取引内容が書かれた極秘資料である

商品総覧

も投資報酬であるのを見て、契約を交わす。
ほくほくで

商品総覧

を手にする沈四海に杜明礼は貝勒を裏切ったり、敵に回すとどうなるか・・・謝徳固と趙白石がどうなったか告げる。
杜明礼はアメとムチで沈四海をうまく取り込んでしまいました

知府から県令に降格された趙白石は皆が涇陽に戻る荷造りをしている中、孟子を読んでいる。多少の事に目をつぶっては・・・と言う部下に国への忠誠と正義を曲げる事はないと言う。
さすが趙白石!

沈家では帰りの遅い沈四海を心配して沈星移と家職が話していると泥酔した沈四海が支えられながら戻ってくる。母を呼び、官位を与えられた事を報告し、貝勒に忠誠をつくすとうれしそうに話す父を見て、何もいえない沈星移。
街でばったり降格され戻ってきた趙白石にからむが、良心に従い颯爽とした趙白石の姿に気分が晴れない様子で見送る。
ぶれない男趙白石。よろしく~

呉家東院に北仲山のケシ畑で働いている徳さんがやってきて給金の前払いをお願いする。奥さんが病気で薬を買う金がないことを知った周瑩は残り少ない有り金を全部渡す。周瑩は呉家西院の呉漪が差し入れしてくれた高価な薬材を持って、徳さんの奥さんを見舞おうと徳さんの家に行くと、奥さんは既に冷たくなっていた。
きゃ~~~

周瑩は徳さんを探しにアヘン館に行き、そこで前後不覚になるまで吸った徳さんの姿を見つけ激怒し箒で叩くが、店のものに追い出されてしまう。
アヘンの中毒性や常習性がこわい場面でした。いけ!周瑩!奴らをまとめて叩き出してやれ!

27話

徳さんの奥さんの葬儀の準備をしていると、ようやく気がついた徳さんがふらふら戻ってくる。なくなった妻を見て黙って外にでてそのまま井戸に身を投げてしまう。引き上げた時にはすでに息がなく・・・。
最後までがりがりだった徳さん夫婦。土とレンガをもっただけのお宅も寒そうです。

周瑩は松明を持ってケシ畑に火を放つ。煙に気がついた趙白石が駆けつけると火の海のケシ畑を前に周瑩達が立っていた。火を放った理由を話し、アヘン撲滅に協力すると言う周瑩の姿に趙白石は感動を覚える。
周瑩・・・感動した!!(by趙白石)

古月薬材店にぼろぼろになった胡志存が戻ってくる。胡咏梅は大喜びで迎え、お世話する。呉家東院の様子が気になる父に没落した事を告げると胡志存は涙を流すのであった。
釈放に尽力してくれた杜明礼にお礼がしたいと話すと胡志存は怒りを表し、付き合わないように注意する。
お父さんやばい感じでした。よっぽどの目にあったようです

ケシ畑による利益がなくなり、今後を話し合う周瑩達。綿の栽培を提案されるも種まきの時期も過ぎ、もろもろの経費で2千両は必要と聞き、周瑩は何かを思いつきにんまり・・・「2千両調達できるわ。」
周瑩は何か思いついたようです・・・

鄭氏に質店の株を売った2千両を貸してほしいとお願いする。老後の備えと拒否されるが倍々にして返すと話す周瑩に二人でおとなしく暮していこうともちかけ、それが嫌なら呉家東院を出て行ってもかまわないと話す。周瑩はお金があっても無くても呉家東院は出て行かないと言う。
貸してくれって言われても貸さないよね・・・

今後の資金で悩む周瑩に女中の張さんが声をかける。周瑩を信頼して鄭氏のへそくりを持ち出すことに同意した張さんは早速持ってきてくれた。周瑩はもし見つかったら全部責任を取ると言う。

酔って帰ってきた沈星移に沈四海は薬材店の副番頭になるように言われるが、血竭を加えなければならないと言い、貝勒に忠誠を誓う父に反抗する。
綿花店に使いに行った沈星移はそこで副番頭になれと父の命令の文を見ていぶかしく思う。

看板を下ろす古月薬材店の前を通りかかった杜明礼は胡咏梅と面会し、父を思って店を閉めた胡咏梅に別の土地に行く提案をする。
また何か良からぬ事を・・・

鄭氏が大事にしていたへそくり二千両がなくなったことに気づいた。何も知らない張さんに周瑩が指示して盗ませた・・・と知り、鄭氏は役所に訴える。
鄭氏のへそくりの隠し場所がすごい。でもそれを知っている張さんはもっとすごい

周瑩は趙白石の前で二千両を盗み全て使い切ったので、半年後に利子と合わせて2400両にして鄭氏に返す・・・もし出来なければ牢に入ると誓う。そして趙白石にケシ畑の一件もあげて証人になるよう言う。周瑩はその態度から棒叩きの刑3回を受ける・・・教え諭そうとする趙白石に今後の鄭氏との関係や東院建て直しのために棒叩きを受けられて感謝すると言い、痛い身体を義母や趙鴻伍・王世均達に連れて帰ってもらう。
ふてぶてしい周瑩の態度にさすがの趙白石もと思いきや、周瑩の思惑通りでした。あ~あ

感想

でてくるだけで騒がしくも楽しい周瑩。竹を割ったような性格と前向きで明るい様子で重くなりがちな話の中でも輝いています。でも本当にまじめでいい子なんですね~。
近代中国史ではなくてはならないアヘンの事も出てきて、清朝がもう末期でどんどん混乱の時代に突入する前触れのように感じます。
沈四海は杜明礼の策に落ち、すっかり貝勒の手先になってしまい、沈家もどうなるのでしょう?
ただのお坊ちゃんだった沈星移は身体を張って検査を止めたりと男になりました(泣)父のやり方に反発しながらも根は優しいので沈家の心配をしています。ぜひいい商人になってほしいものです。では次回~。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です