月に咲く花の如く-あらすじ-40話-41話-42話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-月に咲く花の如く-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

月に咲く花の如く



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回は衝撃の事実あきらかにされました。杜明礼と査坤は宦官だったの?!杜明礼と趙白石には春が来ていて頭に花が咲き、いつもの切れが無い様子・・・反対に査坤は本領発揮です。周瑩と沈星移のライバルのようないい感じの友達のような甘酸っぱいような関係も見逃せません。
今回の人間模様はどうなるのでしょうか?

【月に咲く花の如く】(ネタバレあり)

40話

趙白石のところに株を買いに行った周瑩だったが驚く事を聞く。
沈家と胡家が出資を引き揚げ、誰一人株主にならない陝西機器織布局の設立は中止になった・・・織機、紡機、染色設備、綿花の処理機やボイラー装置などの必要器材とイギリスから取り寄せるための設備費、輸送費、保険代もろもろ入れると20万両が必要・・・気を落とす趙白石から聞いた周瑩は2千株全てを呉家が買い取ると話す。
周瑩の男顔負けの度胸のよさに趙白石唖然・・・

株が暴落する恐れもあると心配する趙白石にこの勝負に賭けてみますと言われる。
勝算があるとはいえ、損するときを考えると趙白石も心配しちゃいます

呉家で叔父達に出資の話をするが大反対!大きな利益を見越して話をする周瑩に頭の固い呉尉全は家財を一切合財つぎ込む気だと怒る。慎重な叔父達に西洋の事を知ってもらおうとジョセフ神父を呼び寄せるが、反発され大当主の座を降ろされ呉尉武が引き継ぐ事になる。
確かに家に西洋人が突然いたらびっくりしちゃうか(笑)

大当主になった呉尉武は陝西機器織布局の株購入の撤回を趙白石に伝える。
自分がかかわっている事なので趙白石も困ってます

大当主ではなくなった周瑩はのんびりしていたが、義母の鄭氏から韓三春夫婦を追い出すように言われる。屋敷のものを盗んだ疑いと千紅の振る舞いに我慢が出来ない様子。
盗みは周老四の仕業と問いただす周瑩にいつか出て行くからそのための資金にと話す。
お父さんやることやってましたね・・・いったいどのくらいくすねちゃったの?!

胡咏梅から絶交と株の引き揚げの文をもらい杜明礼。査坤も貝勒から隠し通せた事に安堵しつつも収入がなくなり・・・杜明礼に貝勒に差し出す銀票を横取りするために帳簿の改ざんを提案する。
杜明礼は心の痛みを感じた・・・とかなりショックのようでした。せっかくやってきた春だったのに・・・

王世均達は呉尉武に大当主の仕事に関する引継ぎをするが、あまりの多さに呉尉武も家職達もうろたえる。
書類をどんどん積んでいって呉尉武たちの顔がだんだん渋くなってきてました。周瑩はもちろん王世均はじめご学友の皆さん優秀すぎるでしょう!

周瑩は皆を誘って花見をするが千紅は独り浮いている。元芸妓という事で呉家の夫人達に嫌われて居心地悪そうにしている千紅に空いている席を勧める周瑩。そこは先ほどまで呉漪が座っていた場所だったため二人の間で争いが起きる。二人をなだめつつ周瑩は千紅と親しく話し義姉妹の契りを交わす。
衣装から何から独り浮きに浮きまくっている千紅。がさつな周瑩は既に皆から認知され了承済みのようです

41話

周瑩の部屋を訪ねた千紅は花見の時のお礼を言う。姉妹が欲しかったという周瑩に喜ぶ千紅。周瑩は千紅に振る舞いや衣装に気をつけるように言い、千紅は周瑩に寡婦という身分に縛られてはダメ。目をつけた男は逃がさないで・・・と言われ周瑩は考え込む。
下手なことをして疑われ、池にもう沈められるのはたくさんです・・・

呉尉武は息子の呉沢に科挙を諦め商売を手伝ってほしいと頼むが今年ダメなら諦めるという強い意志を聞く。呉漪は呉沢に趙白石の事を聞くが陝西機器織布局の事でいっぱいと聞きしょんぼりする。両親のところに向かうと自分と冷家の長男との縁談の話を立ち聞きしてしまい呉漪は驚く。
呉漪は花の17歳。恋する年頃だもんね

迪化から図爾丹が周瑩を訪ねてくるが叔父達が対応する。図爾丹は六椽庁に入らない周瑩と外で再会を喜ぶ。
歓迎の宴の席で周瑩に妻になってほしいと言い、長持二つを運ばせる。一つは2万両の金子、もう一つは氷がつまっていて中から雪蓮の花が・・・。
図爾丹は私の気持ちだ・・・と周瑩に捧げるが、突然のプロポーズに固まってしまう。
呉尉全は恥知らずだ!と怒り、呉尉武も戸惑う。
さすがの周瑩もお酒を飲まないとやってられないくらい驚いていました(笑)珍しい・・・

図爾丹の羽振りの良さと雪蓮を自ら取ってきた姿を見て、周老四は周瑩に結婚を勧めるが、また娘を売って稼ぐつもり・・・と言う。
お父さんが言うと金目当て感満載です

呉家では呉尉全と呉尉武をはじめ周瑩と図爾丹の事でもめる。図爾丹と縁が切れてしまうと呉家の商いは立ち行かなくなる。
ひとまず周瑩の気持ちを確かめるべく仲の良い呉漪に話をさせようと一同納得する。

周瑩のところに千紅と呉漪がそれぞれ訪ね図爾丹への気持ちを聞きだす2万両の金子が惜しいという本音に「好きでもない男に一生捧げるくらいなら死ぬ方がまし」「しかし本当に好きならばしっかり捕まえておきなさい」と千紅の言葉に呉漪は「どうやって?」と尋ねる。呉漪が趙白石の事を好きだと知り、父である呉尉武に陝西機器織布局への出資のお願いをしてかなえば趙白石は縁談を考え、周瑩は図爾丹に嫁ぐ必要がなく一挙両得と喜ぶ。
男を落とす事なら千紅にお・ま・か・せ~(笑)

呉漪は兄呉沢のもとへ行き、父へ陝西機器織布局への出資をするように説得してもらう。

沈星移と図爾丹は酒を酌み交わす。真っ先に自分を訪ねなかったことを責める沈星移に図爾丹は重要な目的があったから・・・と口ごもる。周瑩に求婚したと聞いた沈星移動は私の女だぞ!と言い今日限りで絶交と出て行ってしまう。
言えって言ったから言ったのに、絶交って・・・お前は子供か!

沈星移は周瑩に会いに行く。図爾丹が2万両の金子を持ってきたことを知り、沈星移は私にと嫁ぐならもっと多くの金子を用意すると言っても周瑩は承諾しない。怒って帰っていく沈星移を見送り、図爾丹と沈星移では同じことをしても違う・・・と言うと韓三春は心の中で二人の重みが違うからだと答える。
さすが経験豊富な韓三春は落ちついてる。盗賊だったとは思えない

42話

沈星移は周瑩を娶りたいと母に話す。呉家東院の寡婦と言う事で反対するが、周瑩でなければ一生嫁は娶らないと出て行く。
ぶれない沈星移。お母さんも困りますね。

今後の事で呉家で話をしようと呉尉武と呉尉全が集まるが周瑩がやってこない。図爾丹と出かけたと知り怒った呉尉全は飛び出していく。
短気で頭の固い呉尉全、何するのかな?不安

周瑩は図爾丹を連れ街を歩く。ブハラ・ハーン国への商売を始める話を聞き、売込みをする周瑩。図爾丹は涇陽の店で手際よく値引きしてもらいながら購入していく周瑩の姿に感心する。図爾丹に古月洋布店に入り品質と金額を確認してもらうと陝西機器織布局で自分達で生産すれば安く洋布が手に入ると話し、出資のお誘いをする。
抜け目ない周瑩、お誘い上手ですね

私に嫁いでくれたらいくらでも出す・・・寝ても覚めても商いの最中ですら君が頭から離れない・・・図爾丹の甘い言葉にうろたえる周瑩。
熱い男図爾丹に惚れられてしまったからしょうがないけど、やっぱりこうなるよね

呉尉全が武器を持った男達を連れ乗り込んで、周瑩を連れて行こうとするが、図爾丹の配下もやってきて不穏な空気に・・・周瑩は図爾丹に私の心は夫とともに土の下に埋まっている、私は抜け殻でしかない。嫁ぐなら愛する人でないと・・・打ちのめされた図爾丹は今後呉家との取引をしないと言う。
熱い男のハートは打ち砕かれてしまったようです・・・
沈星移が妻から呉家の寡婦を娶りたいと聞いた沈四海はすごい剣幕で息子のもとに行く。迪化に行く前からいい仲だったと決め付け、こっそり付き合うのはいいが嫁として迎え入れられないと言われ沈星移はそれならば一生結婚しないと言う。
跡継ぎが欲しいお父さんわがまま息子に痛いところを言われてます

折檻しようとすると星移の祖母が登場。祖母から手に入れるまでは一生懸命で手に入れると眼中になくなると性格を突かれたじたじになる沈星移だった。
また出た棒叩き!一家に1本。棒常備なのね。おばあちゃまは孫の性格をよく知っています

呉家に呉尉全と戻った周瑩は喜色の呉尉武に迎え入れられる。
図爾丹との取引がなくなり呉家が立ち行かなくなるのでは・・・と心配な周瑩に呉尉武は陝西機器織布局の出資の話を始める。
喜ぶ周瑩、納得がいかない呉尉全は東院西院との契約を取り消そうとするも呉尉武から周瑩の商才のことを言われ、占いの結果を見て諦めて手を組む。
呉尉武も全財産をかけた賭けに出ました!呉尉全の占いの結果どうだったんでしょうね?気になる

商人達を集め出資の相談をしていた趙白石の元に周瑩がやってくる。中古の機械が手に入るので10万両で済むと言う趙白石に新しい機械を買うことを提案し、呉家で20万両出すと話す。
やる事もいう事も大きいね~全財産かかっているし、私だったら半分でと言うな・・・

杜明礼は呉家の出資の話を聞き驚くが、沈家の陶番頭を使い何とかしようとする。
いや~な予感の杜明礼。ふられたばかりで傷心なので怖いこと平気でやりそうです

沈家では沈星移と周瑩にふられた図爾丹がやけ酒を飲んでいた。
男二人愚痴をこぼしつつやけ酒・・・ああ・・・

感想

熱い男図爾丹の登場により涇陽の温度も上昇したようです(汗)
呉家も図爾丹の爆弾に右往左往・・・。
周瑩も図爾丹の熱い愛の告白とびっくりな贈り物にいつもの切れもないですね。沈星移には容赦なく手も足も口も出すのに。
沈星移もこのままでは・・・と焦り家族に周瑩LOVEを告白しますが、家族の反対にあい・・・こりゃ前途多難だな・・・。
趙白石と杜明礼は今回出番少な目でした。杜明礼は早くも陝西機器織布局設立の邪魔を考えているよう。杜明礼は陰謀を考えているほうが普通に見えます。
趙白石は前回の周瑩に対しての切れの悪さは落ち着きましたが、今回の事で距離が近づきそうです。
趙白石と結ばれたい呉漪は男を手玉に取る(男を捕らえる)プロの千紅姐さんに弟子入りするのでしょうか?入ったら面白いのに。次回のお楽しみ!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です