永遠の桃花-あらすじ-55話-56話-57話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-永遠の桃花-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

永遠の桃花



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
白浅は、素素であった頃の記憶を取り戻し、素錦から自分の目を取り返す。

素錦は天君に訴えに行くが、鳳九は素錦がした悪事を主張し、言い争いになる。それを見ていた東華帝君は、二人の間に入り、まず素錦の訴えを聞くことになりました。

白浅は、素素のときのつらかった記憶を思い出し、苦しんでいます。夜華が天界に戻ってきますが、二人はどうなるのかしら?では、今回は、55話から57話をご紹介いたします。

【永遠の桃花】(ネタバレあり)

55話 心乱れて

天界に戻った夜華は、司命星君から、白浅が素錦の両目を奪っていなくなり、素錦と鳳九が口論になっていると話すと、叔父2人と元貞、そして人間界で侍女だった人形の素素を連れてくるように命じる。

皆がそろうと、天君の前に行き、夜華は、素錦が人形で自分を誘惑しようとしたことをあばく。それから、元貞は自分の潔白を述べた。素錦の悪事が暴かれ、天君は、素錦を見放し、若水に流されることになる。
やっと素錦の悪事が露呈しました!

白浅は、狐狸洞を閉鎖するから誰も入れないでといって籠ってしまう。

夜華は、白浅に会いに行くが、白浅は会ってくれなかった。夜華は、会えるまで待っていると伝えてもらうのだった。

翼界では、逆臣が離鏡を退位させ、先王を立てようとしていた。そして、離鏡は翼界に太平を取り戻すため、自分の血で擎蒼の元神を呼び寄せ、すべてを終わらせようと考えていた。
離鏡にできるのかしら?

素錦は、若水で修行をしながら、東皇鐘を見張ることになった。
素錦は修行なのね!

迷谷が、白浅に、夜華が外で7日間も待ち続けていると伝えても、白浅は会わなかった。

鳳九は、東華帝君の側を離れず、一緒に若水まで来る。そして、帝君に代わって、鳳九が、追魂術を使い、擎蒼の元神を調べるが、元神がないことがわかる。
擎蒼の元神は翼界に来ていて、離鏡は、擎蒼と心中する覚悟で戦うのだった。

56話 擎蒼との対決

離鏡は擎蒼の元神と戦うのだが、力が及ばず、やられてしまう。
なんだか簡単にやられてしまいましたね!

擎蒼が封印を破りそうであると、白浅に知らされる。
お酒ばかり飲んでいる白浅で大丈夫かしら?

東華帝君は自分の仙力で封印をしようとするが、鳳九はそれを止め、自分で封印をしようとするが、擎蒼からの打撃を受け、倒れてしまう。

白浅は、すぐに若水に駆けつけ、戦おうとするが、夜華がそれを制止し、夜華は一人で擎蒼と戦うのだった。

そして、擎蒼を成敗したのだったが、擎蒼は、自分が死んだら東皇鐘から紅蓮業火を放ち、皆を道連れにするようにしかけていた。

夜華は、自分の元神を犠牲にして、それを食い止めたのだった。
さすが夜華ですね!

そして、夜華は、白浅に、自分が愛したのは白浅だけだ。自分を忘れないでくれと言い遺して、死んでしまう。
命をかけて戦ってくれたのですね!

夜華を抱いたまま放心状態の白浅は、夜華が戻ってくるのを待つと言って、夜華を抱いて狐狸洞に連れていく。
再度復活することはできないのかしら?

東皇鐘の異変を知らせなかった素錦は、九天から落とされ永久追放される。
これで完全に追放されましたね!

夜華の仙体を引き渡さずにいる白浅のところに、帝君と楽胥たちが来る。そして、夜華の亡骸を引き渡すように説得される。

57話 別れと旅立ち

皆から説得された白浅は、引き渡すことを受け入れ、妻として最後に、夜華の衣を整え、顔を拭き、きれいな姿で送りださせてほしいとお願いをする。
仕方ないですよね!つらいけど!

夜華は、棺に入れられ、無妄海に安置されることになる。白浅は、無妄海について行きたいと願うが、まだ夫婦になっていなかったので、それはできないと断られる。

鳳九は、帝君について天界に行き、帝君に怪我の様子をたずねる。帝君は、大丈夫であることを告げ、そして、擎蒼の戦いの前に、鳳九から聞かれたことへの返事をした。それは、もし、三生石の己の名を削っていなかったら、鳳九を愛していたというものだった。そして、人間界へ下ったのは自分の願いだったということも告げるのだった。
帝君がやっと自分の気持ちを話してくれました♪

立ち直れない白浅に、白真が怒りをあらわにするのだが、白浅が、夜華がいなければ生きていけないと言うのを聞いて白真は慰めるのだった。
簡単には立ち直れないですよね!

亡骸の代わりに、夜華の衣が十里桃林に埋葬された。

3年後、鳳九が女帝に即位する。一方、白浅は、白真と一緒に旅に出て、3年がたっていた。

そして、東華帝君から鳳九にお祝いの品が届き、鳳九は、帝君に感謝を示す。

白浅は白真と人間界を放浪していた。そこで、素錦の姿を見ることになる。

55話から57話の感想

白浅の夜華への気持ちが離れているときに、夜華が死んでしまうなんて、つらすぎですね。擎蒼との戦いの前の7日間は、夜華は、雨が降っても外でずっと立って白浅に会えるのを待ち続けていたのですものね。そして、白浅が戦おうとしているのを止めて、自分一人で戦って・・・そんな状況で、自分を忘れないでほしいと言って、死なれてしまったら、つらすぎて、立ち直れないですよね。

そして、東華帝君がやっと自分の気持ちを打ち明けました。結婚できなくても、気持ちを聞かせてもらえて、鳳九はうれしかったと思います。あの三生石は、運命が決められているものなのですね。それを削ってしまうなんて、帝君の覚悟もすごかったのですね。

さて、次回がいよいよ最終回となりました。白浅は、白真と人間界を放浪しているみたいですけど、これからどうするのかしら?最後まで目が離せませんね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です