独孤伽羅-どっこから-あらすじ-1話-2話-3話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
中国の南北朝時代で、6世紀中ごろのドラマです。その頃は乱世そのものでした。都を洛陽に置く北魏の孝武帝が擁立されました。しかし、皇帝といっても、孝武帝は傀儡も同然で、高歓に実権を握られていました。

その高歓を孝武帝が、討とうとしたところから、物語は始まります。しかし、都を長安に遷すと、宇文家に権力を握られることになります。

その宇文家の中でも、対立があるようです。では、独孤伽羅のスタートです。今回は、1話から3話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

1話 戦いの予兆

南北朝時代末期はまさに乱世であった。534年北魏の孝武帝は、権臣の高歓を討とうとしたが、高歓の兵に洛陽近郊で制圧されてしまった。孝武帝は大将軍・宇文泰に頼るために長安へ向かう。

その途中、孝武帝の兵たちが襲撃を受けるが、危機一髪のところを、独孤如願に助けられる。
本当に危機一髪でした!

孝武帝がかくまわれた廟の中で占った予言が、「帝星はいまだ明けず、独孤の天下となる」と出る。孝武帝は、自分の前途はまだ暗いが、独孤将軍の助けがあれば、天下を統一できると考えた。しかし、孝武帝が、長安に都を遷すと、宇文家が権力を握ることになった。
この予言がずっと尾を引くのですね!

557年、従兄の宇文護に擁立された宇文覚が北周を建てた。

北周皇帝である宇文覚が、独孤家の狩り場にやってくる。そして、宇文護がますます傲慢になっているので、対抗するために、柱国大将軍・独孤信を自分の味方にひきいれようとしていたのだった。

般若は、宇文護と密かに愛し合っていた。宇文護が皇帝になり、般若が皇后になったときに身を捧げると約束をしていた。宇文護は、宇文覚が独孤信を丞相にして、宇文覚は強い味方を得ようとしていると般若に話す。
般若の恋愛の仕方がすごい!はっきりしている!

般若は、父である独孤信が、丞相を引き受けようとしているのを、引き留めるのであった。そして、独孤信から、曼陀を楊堅に嫁がせようと考えていると告げられる。

一方、宇文護は、独孤信に、丞相の位を拒み中立を保てば、何物にも勝る地位を与えることを約束すると告げるのだったが、独孤信は、自分の立てた勲功は、すべて戦場で得たもので、抜擢など関係ないとはっきり断る。

2話 秘めた愛

如玉軒で、三女の伽羅が磁器を品定めしていると、通りがにぎやかになったのが聞こえる。外を見ると、見るからにお金持ちの放蕩息子が、馬に乗ってやってくるのが見えた。

伽羅は、思わぬことでこの男と言い争いになってしまう。それを側にいた宇文邕が収めた。
伽羅は、かなりの負けず嫌いね!

独孤家の屋敷に次女・曼陀の許嫁の楊堅が挨拶に行く。そこに伽羅が如玉軒から帰ってきて、さっき言い争いになった男が楊堅であったことを知る。
変な出会い方をしたのですね!

楊堅は、宇文護を欺くために、父・楊忠と相談をし、放蕩息子を装い、都へ入ってきたのだが、それを伽羅に見られたことを独孤信に話す。
楊堅は、本当は賢い人なのですね!

般若は、相思相愛の宇文護と逢瀬を重ねていた。般若は、宇文護にいろいろと心をかけているのだったが、妻子のいる宇文護に対して、自分の主張を曲げることはなく、宇文護が父に対抗することは、絶対許さないと強く言い放つのだった。

伽羅は、西山へ行き、都へ帰る途中で、何者かに拉致をされてしまう。それは、宇文護に忠誠を誓っている哥舒の仕業であった。

伽羅は、縛られていた縄をなんとかほどき、逃げ出そうと試みる。
伽羅はとってもたくましい!

3話 姉妹の野望

近くの高い塔に逃げ込んだ伽羅は、塔に火をつけ、助けを求める。
大胆!

般若は、伽羅をさらったのは宇文護であることを知り、宇文護に縁を切ると言い渡す。そして、独孤信は、丞相の職を引き受けることを表明する。
般若は有無をも言わせないのね!

般若は、独孤信に、伽羅をさらったのは、宇文護の配下が勝手に動いたのだと宇文護を擁護する。それを聞いて、独孤信は、なぜ宇文護と親しくし、陰で助けるのかと、般若を問い詰める。

般若は、すべて独孤一族のためで、「独孤の天下」の予言を信じているので、天下はいずれ独孤家のものになる。独孤の天下を自分が手にすると言う。
これが般若の強さですね!

皇后の座を手に入れることを考えている般若は、皇帝は子ができないので、帝位を継ぐことになると思われる宇文覚の異母兄である宇文毓に嫁ぐことを決意する。

愛情のない婚姻に独孤信を反対するが、般若は、宇文毓は自分を愛してくれ、側室をとらないことも誓ってくれたので、これで充分であると言い、自分なりの方法で家族を守りたいという言葉に、独孤信は根負けし許すことになる。
般若のみごとな考え方に戸惑ってしまいますね!

曼陀は、馬氏から朝議で倒れるような楊堅などに嫁いではだめと言われ、楊堅に自分で確かめる。そして、楊堅にはまったく大業への関心がなく、楊堅に嫁いでも天下を取る夢をかなえてはくれそうもないとわかり、ショックを受けるのだった。

1話から3話の感想

独孤伽羅が始まりました。「独孤の天下」という予言が出たことで、周りの人たちが振り回されていくようですね。

この独孤家の三姉妹が、それぞれかなり個性的ですね。共通しているのは、三人とも負けず嫌いで強いということでしょうか?この強さがあれば、天下もとれそうな気がします♪この時代、強くなければ生きていけないということもあるでしょうね。

次女だけが、母親が違うということで、次女本人は、姉妹に対して、嫉妬心を強く感じているようでしたが、姉も婚約者に側室を持たせないと約束させていたので、それぞれに複雑な思いがあるようですね。

宇文護が、般若からあっさりと縁を切られてしまいました。相思相愛だったのに、そんなに簡単に別れられるの?と思ってしまいますが、宇文護はあきらめきれなさそうです。次の展開が気になります♪

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です