独孤伽羅-どっこから-あらすじ-25話-26話-27話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-25話-26話-27話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
般若は、宇文毓との子どもができ、大事に育てようとしていた。宇文護に邪魔されることがないように、宇文毓を殺さないという約束を宇文護にさせた。

しかし、宇文護は、宇文毓がひそかに自分を殺そうとしているのを知り、独孤信のところに忠告しに行きました。

宇文毓は復讐計画を推し進めているようです。大変なことになりそうです!では、今回は、25話から27話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

25話 屈辱の敗北

独孤信は、宇文毓に宇文覚と同じ轍を踏まないようにと忠告しに行く。宇文毓は、宇文護に耐えることができないと反論するのだったが、独孤信の説得で、宇文毓は承諾する。

しかし、宇文毓は、尉遅康から具体的な宇文護の暗殺計画を聞き、決行することに決める。
独孤信の説得で承諾したのに・・・

独孤信は、自分の息子たちを呼び戻し、宮中の情勢が緊迫しているので、身を守るために、息子たちに遠い地の官職につかせたあと、すぐにでも都から離れるよう告げる。

尉遅康の密偵からの文で、宇文護の旧宅の周囲に宇文毓が伏兵を配したことを宇文護は知る。

宇文毓は、般若に青木観という道教寺院に参拝するように言い、般若を外出させてから、決行の号令をかけた。

しかし、内通者がいたことで、計画は失敗に終わる。尉遅康は、宇文護の息子を殺すが、返り討ちに遭う。
あっけないですね!

宇文毓を守ろうと駆けつけた独孤信と伽羅は、宇文護の軍と対峙し、戦う覚悟を決める。
たくさんの兵がいる中で、伽羅が戦えるわけないですよね!

そこに、宇文邕が馬に乗って現れ、独孤信と宇文護の仲裁をする。そして、来年の元旦に宇文護に譲位することで、おさめたのだった。
譲位の他にも、何か約束したことがありそうでしたね!

独孤信が倒れて意識を失い、伽羅は、独孤信の余命が短いことを知る。

26話 最期の願い

独孤信は、自分を見舞いに来た般若に、独孤の天下はあきらめ、生まれてくる子どもを手元で大切に育てるように告げる。
それがいいですよね!

独孤信は、吐血が続き、余命が短いことを悟り、気がかりである伽羅の縁談相手を楊堅に決める。

独孤信の先妻が独孤羅という名の長子を産んでいたのだが、独孤信は、一度も顔を合わせたことがなかった。その独孤羅の存在を知っている宇文邕が、反乱の仲裁として宇文羅の命を犠牲にすることを提案していた。その宇文邕のやり方を見て独孤信は、伽羅を嫁がせてはならないと心に誓ったと伽羅に話す。
独孤信は子だくさんですね!

独孤信が、義理人情の厚い楊堅ならば安心して任せられると言うと、伽羅は好きでもない人に嫁ぎたくないと言って、泣くのだった。しかし、安心して託せる相手に嫁がせたいという独孤信の最期の願いをかなえるために、伽羅は楊堅に嫁ぐことを決心する。
姉の元婚約者に嫁ぐことになるなんて、驚きです!

宇文邕は、伽羅の婚儀のことを聞き、伽羅とは縁がなかったことを悲しむ。

婚儀の日、楊堅は甘州から戻ってくることができず、花婿の代わりに仮面をかぶった男性と婚儀を行う。仮面をかぶった男性はなんと宇文邕だった。
こんな風習があるなんてびっくりです!

27話 命の償い

伽羅は、楊堅が不在の間に嫁入りをした。義父から屋敷を取り仕切るよう託されることになる。

伽羅は、屋敷に仕えている使用人たちに、一人一人自分の出身地や経歴などを提出するように命じる。一人の侍女が反対をすると、伽羅は即座にその侍女を暇に出す。そして、一度言ったことは取り消さないと言って、厳しく扱うのだった。
立派に務めていますね!

曼陀が、独孤信からの手紙を受け取る。それには、伽羅を楊堅に嫁がせたことが書かれていた。楊堅が一生待つと言った言葉を信じていた曼陀は、取り乱す。

そんな中、曼陀は懐妊したことがわかる。そして、王氏から独孤家が危機にさらされていることを知らされ、隴西郡公夫人としての地位を固める決心をする。
それがいいですね!

伽羅が里帰りをし、独孤信は、親子水入らずの時間を過ごす。独孤信は、自分がいなくなったあとは、3人姉妹で仲良くすることを、伽羅に約束させる。
独孤信の遺言ですね!

独孤信は、宇文護に文を書く。そして、翌朝、反乱の責任をとり、自害をしたのだった。

独孤家の屋敷に着いた般若は、倒れそうになり、宇文護に支えられる。その宇文護の顔を見て、般若は、あなたと出会ったことが過ちだった。もう愛せない、父を返してと言って、気を失ってしまう。
宇文護はかなりの打撃を受けたのではないかしら?

25話から27話の感想

今回はいろいろありましたね。宇文毓が暗殺計画を実行するなんて、浅はかですよね。そんなに簡単に宇文護を倒せるわけがないのに・・・後始末は人まかせで、まったく身勝手ですね。そのために、宇文邕と伽羅は結ばれず、独孤信は自害することになってしまいました。宇文毓の罪は重いですね。

伽羅は、楊堅に嫁ぐことになりましたが、花婿が婚儀に出席しないなんて、驚きましたね。いつ二人が顔を合わせるのでしょう?二人は、けんかをすることもあったけど、大丈夫なのでしょうか?楊堅は、伽羅のことをかなり気にかけていてもくれたけど、曼陀のことが好きで、ずっと待っているという約束もしていましたよね。誓いまで立てていたのに、楊堅の気持ちは大丈夫なのかしら?

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です