独孤伽羅-どっこから-あらすじ-28話-29話-30話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-28話-29話-30話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
伽羅は、独孤信の願いを受け入れ、楊堅に嫁ぐ。そして、楊家で、侍女の冬曲と一緒に屋敷を切り盛りする。

一方、曼陀は、懐妊したことがわかる。独孤家の危機を聞き、隴西郡公夫人としての地位を固める決心をする。

伽羅が里帰りをした翌朝、独孤信は、反乱の責任をとって、自害をした。葬儀は伽羅一人で執り行うのだった。

独孤信がいなくなって、頼れる人がいなくなってしまいました。伽羅はつらく、寂しいでしょうね!では、今回は、28話から30話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

28話 再燃する火種

宇文毓は、独孤信の墓前で、般若を生涯守り、平穏で幸せな暮らしをすることを約束する。

楊堅は、母からの文で婚儀のことを初めて知ったのだった。急いで蒲阪に戻ると、楊忠に破談にするといって息巻くが、楊忠からすでに婚儀も済んでいるのだと言われる。
やはり納得はしていなかったのですね!

そこに、独孤信の訃報が届く。縁談を急いだのは娘を託したかったためとわかる。そして、楊堅は、独孤信の無実を証すために、楊忠と一緒に都へ行くことになる。

楊忠は、朝議の場で、民が丞相の冤罪を訴えていることを告げ、宇文護を批判し、兵権を陛下に返上するように提言する。意見が行きかう中、般若が乗り込んでくる。恨みは水に流し、周のために尽くしてほしいと言って、臣下たちをまとめたあと、宇文護からは、虎符を取り上げることに成功するのだった。
般若が朝議にまで来るなんて、強引ですね!

真っ向から牙をむいた般若に対して、宇文護は、哥舒に般若を始末する策を考えるよう命じる。
宇文護も我慢の限界にきてしまったのですね!

宇文毓は、楊堅を驃騎大将軍として都の禁衛軍を指揮させることにする。

曼陀は、独孤信がひと月前に自害したことを知らされる。郡公が視察から戻ってきて、独孤信が死んだことを聞かされるが、知らないふりをして聞いていた。

29話 揺れる想い

曼陀が突然倒れたので、李昞は医者を呼ぶ。そして、曼陀が懐妊していることを知る。
曼陀の芝居なのですね!

伽羅は、楊家の屋敷で楊堅と一緒に住むことになったが、二人の関係はぎくしゃくとしていた。

二人は別々の寝台で休むのだが、楊堅は、伽羅に傷つけたことを謝りに行く。すると伽羅は、楊堅の心の中には曼陀がいるのを知っているから、1年半経ったら、離縁すると楊堅に告げる。楊堅は納得するのだったが、二人はまた口論になってしまう。

しかし、隣の寝台で眠っている伽羅がうなされているのを聞き、楊堅は、朝まで伽羅の側で付き添うのだった。
楊堅は素直になればいいのに!

哥舒が、般若を殺す刺客を放ったが、伽羅が現れ、女兵士を侍女として連れてきたので、失敗に終わる。
危なかった!

楊堅は、曼陀に文を書き、伽羅との婚儀は、名ばかりの夫婦であるので、すぐに解消する、誓いを片時も忘れていないと自分の気持ちを知らせる。

その文を受け取った曼陀は、とても喜ぶのだったが、奥様とどうかお幸せにという返事をするのだった。
あっさりしてますね!

曼陀は、李澄に会い、独孤家が迷惑をかけたことを謝る。そして、曼陀のお腹の子が生まれても李澄に脅威を与えることはないが、曼陀と李澄が対立すると喜ぶ人がいるから気を付けるようにと、李澄をけしかけた。

30話 交錯する陰謀

楊忠が蒲阪に戻ることになる。楊忠を見送ると、伽羅は、自分は西の離れに移るが、般若の出産までは仮面夫婦を続けてと一方的に楊堅に言い放つ。

般若が御花園に行く隙を狙って、哥舒が暗殺を実行しようとしていることを知った宇文護は、やはり般若への思いが断ち切れず、暗殺計画を阻止するのだった。
宇文護の般若への想いはとても強いですね!

宇文護は、般若に、自分と争うことはやめるように言い、互いに刃を向けることを避けたいと告げる。

そして、宇文護は、哥舒に般若の暗殺をやめさせる。
一安心というわけにはいかなさそうですね!

隴西郡公の屋敷では、曼陀が急に腹痛を訴え倒れる。そして、曼陀の部屋で堕胎を促す麝香が焚かれていることに李昞が気づく。

李昞は激怒し、すぐに李澄を疑う。しかし、曼陀が、李澄をかばった。そして、真相の調査を李澄にまかせるのだった。

李澄が早速侍女を調べると、錦娘がやったことだと侍女が白状をする。真相を突き止めた李澄に対して王氏は、そのまま報告するのではだめだと言って、李澄に知恵を授けるのだった。

楊堅は、毎日、花街に入りびたっていた。そんな楊堅に腹をたて、伽羅は酒楼に行き、剣を向けて、楊堅を非難する。楊堅は謝るのだが、二人はまた口論となってしまう。
二人はなかなかうまくいかないですね!

28話から30話の感想

楊堅は、伽羅との婚儀のことは知らなかったのですね。曼陀を生涯待つと言って誓っているから、なかなかこの婚儀を受け入れることはできないですよね。でも、伽羅のことはとても気になるようです。複雑な心境なのでしょうね。早く曼陀からの文が届けばいいのですが・・・この二人が仲良くやれるようになるにはまだ時間がかかるのかしら?

宇文護の複雑な思いが描かれていました。一度は般若を暗殺しようとしたけど、やはりできませんでした。宇文護は冷酷だけど、心の優しさが時々表に出てくるので、そこが救いです。

李澄が曼陀にいいように利用されていて、かわいそうですね。伽羅との結婚も破談になり、曼陀が男の子を産んだら、跡継ぎの地位も厳しくなりますよね・・・

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です