独孤伽羅-どっこから-あらすじ-37話-38話-39話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-37話-38話-39話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
曼陀は、早産で女の子を産む。しかし、その子どもは、馮氏の敵を討つために来ていた顧氏によって殺されてしまう。

この事件が朝廷に知られる前に、李昞は、李澄を流罪同然にし、跡継ぎを曼陀の子にするという上奏をした。しかし、般若は、李澄を庶人とし、曼陀を成陽郡主に昇格させる勅命をださせたのだった。

曼陀は自分で自分の首を絞めることになってしまったけど、でも、結果としては、自分に有利なことになりましたね。曼陀はこれからも暴走を続けるのかしら?では、今回は、37話から39話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

37話 嫉妬と悲しみ

皇宮からの使者に、王氏はこっそり根回しをし、李昞を北の国境に行かせる手はずをつけ、曼陀は里帰りすることになる。

独孤家に戻ってきた曼陀のところに、伽羅と楊堅が会いに行く。独孤信の霊前の前で泣いている曼陀を見て、伽羅は、楊堅を曼陀に付き添わせる。
伽羅もやさしいですね!

楊堅と二人きりになった曼陀は、楊堅からもらった約束の証しである簪を大事にしていることをわざと楊堅に見せる。しかし、伽羅と末永くお幸せにと言って、簪は池に投げ入れてしまう。

曼陀は、朝の食事に不満をもらし、口ごたえをした冬曲をひっぱたく。そこに伽羅が来て口げんかとなる。
これはひどい仕打ちですね!

曼陀が書いた奏状を冬曲が見つけ、持ち去る。それを知った曼陀は、そのことを利用するのだが、伽羅が冬曲をかばうと、昔の話をもちだし、伽羅と、又、けんかになる。

曼陀をかばう楊堅に、伽羅が、曼陀は私たちの仲を裂こうとしているのだと言っても、楊堅は、曼陀の肩をもつばかりで、伽羅と楊堅が大げんかになってしまう。
曼陀のせいで、悲しいことになってしまいました!

宇文毓は、曼陀のために家族の宴を開いてくれることになる。しかし、般若は、曼陀が本当に楊堅を諦めたかどうか注意を払ってほしいと頼む。

伽羅は、曼陀に謝りに行くが、曼陀からは冷たくあしらわれた。

38話 失った信頼

曼陀は、侍女の秋詞の衣に吐いてしまい、楊堅に薬を飲ませてもらっていた。それを伽羅が見て、腹を立て、家出をする。

曼陀は、伽羅の家出のことも気にかけず、楊家に押しかける。そして、曼陀は、楊堅に復縁を迫るようなことを言う。
まったくひどいですね!

般若は、楊堅を呼び、伽羅を傷つけたことを激しく批難する。

楊堅は、般若から、毎度、曼陀の涙にだまされると言われたのだが、その意味が分からず、侍女の春詩に尋ねる。春詩は、独孤家に仕える者が、曼陀のことを、涙を武器にする、狭量で軽薄な方だと言っており、そして、曼陀は、他の方に嫁ぐ気であったことを話す。
春詩は賢い侍女ですね!

般若は、自分に会いに来た曼陀に、伽羅と楊堅にまた波風を立てる真似をすれば、隴西郡公に側室を娶らせると言って、曼陀を叱責した。

その頃、伽羅は洛州に着き、偶然、陸貞と斉の太上皇と会っていた。そして、陸貞の言葉を聞いて、楊堅を信じる決心をし、家に戻ることにした。
伽羅の立ち直りは早い!

楊堅は、伽羅を探している途中で、李澄と出くわす。そして、楊堅は、曼陀の子が殺されたことで李澄を責めるのだったが、李澄は、曼陀のこれまでの悪事を楊堅にすべて話す。
やっと楊堅は気づいたのかな?

曼陀は、皇后に嫌われてしまい、これからどうすればいいか教えてほしいと王氏にすがる。

39話 試される愛

曼陀は、王氏から、皇后の妹という身分は頼れないので、頼れるのは隴西郡公夫人の身分しかないと言われ、郡公に急いで恋文を書く。
単純ですね!

楊堅は、曼陀の本性を知り、独孤家で曼陀と会う。そして、曼陀に欺かれていたことにはっきりと気づき、泣きすがる曼陀を振り払う。
これで曼陀もあきらめてほしいですね!

屋敷に帰ってきた伽羅だったが、曼陀が楊堅に抱き着いているのを見て、外に出てしまう。それを知った楊堅は、急いで伽羅を追いかけて行って、死ぬまで伽羅一人を愛することを誓った。

曼陀は、独孤家の別院に入ろうとし、麗華の存在を知る。
なんか嫌な予感!

宇文邕が、伽羅のところに別れを告げに来る。宇文邕は、蒲州を治めることになったのだった。

曼陀は、麗華が伽羅と宇文邕の隠し子であると思い込み、伽羅をおとしめるために、楊堅にそれを伝える。
楊堅も会わなければいいのに・・・

衝撃を受けた楊堅は、すぐに宇文邕のところに行き、麗華の素性を聞く。本当のことを話せない宇文邕は、麗華は、宇文家の血を引き、自分を父上と呼ぶと答えた。
宇文邕も意地悪をしましたね!

楊堅は、宇文邕を殴ろうとするが、抑える。そして、夜、食事を運んできた伽羅にまだ宇文邕を愛しているのかと聞く。

37話から39話の感想

曼陀は、悪いことばかり思いつきますね。でも、やっと楊堅が、曼陀の正体を知ることになってよかったです。だまされていた自分を反省したほうがいいですね。でも、それでまた、曼陀の言うことを鵜呑みにしているのですから、困ったものです。伽羅を信じてあげてほしいですね。

宇文邕は楊堅に麗華の本当のことは言えないでしょうけど、わざと楊堅を悩ませるようなことを言いましたね。それも、楊堅のためなのでしょうね。伽羅を信じる心がないとだめですよね!でも、麗華を独孤家の別院で育てていたら、いつか何か問題が起きそうですね。

乱世の時代で皆大変だから、姉妹で助け合わなければいけないのに、曼陀は本当に懲りないですね。曼陀の底意地の悪さがわかっていても、曼陀に謝りに行く伽羅はさすがです!

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です