独孤伽羅-どっこから-あらすじ-46話-47話-48話-感想つきネタバレありでご紹介!

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-46話-47話-48話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
楊堅は、宇文護から、突厥のアシナ公主を皇后として迎え入れるよう命じられていた。斉との争いとなるが、曼陀に助けられる。そして、伽羅の協力もあって、アシナ公主を説得することができ、無事に皇后として迎えることができた。

そのお祝いの宴で、李昞は、李澄を嫡子に戻す勅命を皇帝より賜る。李昞によって、屋敷に閉じ込められていた曼陀は、それを知らされ、恨みを募らせる。

曼陀は、王氏に助け出してもらうようですね。また、何か悪だくみを考えださなければいいけど・・・では、今回は、46話から48話までをご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

46話 それぞれの大志

軟禁されていた曼陀を王氏が助け出す。そして、曼陀は、早馬で都の宇文護のところに行き、宇文護に取り引きをもちかける。それは、李昞と李澄を殺してくれれば、唐国公である李昞の財産の8割を渡すというものだった。
宇文護と取り引きするなんて、大胆ですね!

宇文邕が、アシナ公主を連れて都に帰ってくる。無事に都に着いたが、皇帝を先導していた李澄が殺害される。宇文護が北斉の刺客の仕業とみせかけて、殺したのだった。

そして、李澄の死を知った李昞は中風で倒れてしまう。李昞の体が動かなくなったのをよいことに、曼陀は屋敷を牛耳ることになる。
曼陀に好き勝手をやらせたらおそろしいことになりそう!

宇文邕は、皇后の前では、妻を大事にする、よき夫のふりをしていた。側室の李娥姿が皇后に不敬を働いたことを知った宇文邕は、李娥姿の才人の位をはく奪し、息子の贇を皇后に養育させることを命じる。

伽羅は、宇文邕から、麗華を息子の贇の許嫁にしたいと言われる。

宇文護が約束を果たしたので、曼陀も約束の財産を宇文護に届ける。そして、曼陀は、李昞が死ぬと親族で跡目争いが起こるので、後継ぎがほしいと告げ、そのために、宇文護の力が必要だと言う。それを聞いて、宇文護は、曼陀が、どんな男とでも寝るような女であることに驚く。
宇文護もびっくりですね!

47話 縁談と醜聞

曼陀は、宇文護に、全く相手にされず、激怒するのだった。しかし、曼陀は、身ごもっていることがわかる。

曼陀は、アシナ皇后に会いに行き、取り入って、伽羅の悪口を吹き込む。
伽羅をおとしめることを考えるなんて、ひどい!

宇文護は、観相師の趙昭に、こっそり楊堅の観相を見させる。趙昭が、楊堅は、威勢がよく、英気もあるので柱国になる器であると言い、宇文護は、楊堅を取り込むことにする。そして、宇文護は、楊堅に、息子と麗華との縁談を持ちかける。
その縁談を持ちかけられるのは厳しいですね!

帰ろうとする楊堅を観相師の趙昭が呼び止め、宇文護に頼まれ楊堅の観相をしたことを打ち明ける。趙昭は、自分が楊堅を柱国の器であると言わなかったら、10日以内に落命していたと告げる。趙昭が楊堅を守ったのは、趙昭の母親を随州で救ってもらった恩返しのためだった。そして、趙昭は、楊堅のことを、人を誅して帝王になると予言する。

伽羅と楊堅は、麗華が宮中に入ると、宇文護の目に入ることを心配して、麗華の婚姻のことは改めて話したいと言うと、宇文邕は、それならば宇文護を殺そうと二人に提案する。
宇文邕は人が変わってしまったようですね!

曼陀は、アシナ皇后を罠にはめ、皇帝と伽羅が密会していることを告げ、ちょうど皇帝が麗華を娘のようにかわいがっている姿を見させるのだった。そして、曼陀は、麗華は宇文邕と伽羅の子であると告げる。

曼陀が企みに気づいている宇文邕は、帰ろうとする曼陀を捕え、皇后の前に突き出す。
曼陀は本当に浅はかですね!

48話 本当の父親

宇文邕は、曼陀の話を鵜呑みにしている皇后に、事実を話し、曼陀のこれまでの悪事をあばく。そして、皇后に苦言を呈するのだった。

宇文邕は、曼陀を殺すように命じる。それを聞いて、曼陀は、伽羅を祟ってやると狂ったように叫ぶと、宇文邕は、伽羅に免じて殺さぬが、勅命を受けずに都に戻ってくることは許さないと命じた。
許してあげたのですね!宇文邕は伽羅をもちだされると弱いですね!
楊家では、楊忠が亡くなり、楊堅が随国公を継ぐ。そして、楊堅は、楊忠の遺言に従って、喪に服し、官職を辞し、故郷に帰ることにする。

宇文護は、故郷に帰る途中の楊堅に、刺客を差し向け、楊堅を刺す。倒れている楊堅の側に、父を守ろうと麗華が来るのだが、その麗華の目が青いことに宇文護は気がつく。

宇文護がこの子供は誰の子だと聞くと、伽羅は見てわからないのかと答える。すべてを悟った宇文護は、楊堅たちを逃がす。
宇文護の衝撃はかなりのもののようでしたね!

屋敷に戻ろうしていた宇文護だったが、引き返して、麗華に会いに行く。そして、麗華に似ているすばらしい女性がいたのだという話をする。
宇文護が別人のように見えますね!

立ち去ろうとする宇文護に、麗華は後ろから抱き着き、青い目を覚えている。父と母を殺しに来た人でしょうと言う。それを知っていても怖れないと言う麗華を、宇文護はいとおしく思うのだった。
麗華はお母さんに似た強さをもっているようですね!

46話から48話の感想

曼陀は、なんという人なのでしょうね。よりにもよって、宇文護と取り引きをした上に、宇文護との子どもがほしいなんて!言葉が出ないですね。宇文護があきれるのも当然です。そして、相手にされないことがわかると、次に、皇后を取り込もうとするなんて!

でも、賢い宇文邕にすでに見破られていましたね。殺されなかったことをありがたく思わなければいけないけど、どうなのでしょう?・・・そんなタイプではないですよね!

宇文護が自分の娘と対面しました。親子で青い目なんて驚きですよね。一目で親子とわかりますね。麗華の強さを般若と重ね合わせて見ている宇文護のやさしい顔をみることができました♪でも、宇文護の様子を見ると、つきものが落ちたような穏やかな表情でしたね。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です