独孤伽羅-どっこから-あらすじ-最終回(55話)-結末は!?

中国ドラマ-独孤伽羅-どっこから-あらすじ-最終回(55話)-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

独孤伽羅



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
いよいよ最終話となりました。伽羅が後押ししてくれ、楊堅が隋の皇帝となりましたが、曼陀がまたも足を引っ張ります。

楊堅は、宇文一族を殺さないという伽羅との約束を裏切らないように自分が命じることはしませんでしたが、鄭栄が手を下すことには黙認した。

楊堅は天下統一を果たし、独孤の天下になり、もう戦が起こることはもうないと思うのだが、伽羅には喜びはなかった。

天下統一を果たせたけど、曼陀の動向が気になりますね。そして、伽羅の沈んだ様子も。では、今回は、最終話をご紹介いたします。

【独孤伽羅】(ネタバレあり)

55話 独孤の天下

曼陀は自分の若いときの姿絵を侍女に見せ、その絵にそっくりな宮女がいないかどうか探させる。
曼陀は懲りないですね!まったく!

そこにやって来た李淵は、曼陀がまた何か陰謀を企てていると感じ、批難する。そして、先帝殺しの黒幕が曼陀であることがばれなかったのは、自分がアシナ氏の口を封じたからだと暴露する。

それを聞いて曼陀は、とても喜ぶのだった。独孤の天下の予言で、30年前、姉の般若が実現させたと思ったが、今は妹の伽羅が実現したと思われている。しかし、30年後は、自分が実現するかもしれないと李淵に話すのだった。
まだ皇后になる夢を捨ててないのですね!

曼陀は、楊堅と伽羅との仲を裂こうと、自分の若いころにそっくりな宮女の繁葉を楊堅に接近させる。そして、その計画は成功する。

楊堅は伽羅に知られないように、繁葉に才人の位を与え、洛陽の宮殿に住まわせることにし、口外しないことを約束させた。

しかし、伽羅は、楊堅が宮女と共寝したことを知る。
誓っていたのに裏切られたらショックですよね!

楊堅は、伽羅が繁葉を殺したことを知り、伽羅に憤る。しかし、伽羅は、私に罪があるというなら、后位を廃していいときっぱり言う。

楊堅は、伽羅の態度に、皇帝になっても、自分には自由がないと嘆くのだが、繁葉は蔚遅という姓で、媚薬も見つかり、よからぬ企みを抱いていたことがわかり、伽羅を責めたことを後悔する。

楊堅は、実家に帰ったという伽羅を追いかけていくが、会うことはできなかった。

楊堅は、伽羅との思い出を振り返り、伽羅に誓った言葉を思い出し、再度伽羅に会いに行く。そして、果てなき天地、ただ一人を愛すと伽羅に言って、伽羅の心を取り戻すのだった。
仲直りできてよかった!

そして、楊堅は、譲位を表明する決意をする。身軽になったら、二人で天下を巡ろうと話すのだった。

しかし、次の日、伽羅は倒れ、この世を去ってしまう。
楊堅の命を守るために、自分が早く死ぬことを引きかえにしたのですものね!

数年後、病床にある曼陀は、李淵に、独孤に関わる者は、それぞれ己の独孤の天下がある。楊堅の天下は、じきに終わって、李淵の天下がこれから始まる。いつの日か自分を皇后にしてと、李淵に遺言をし、息を引き取る。
悪事を働いてきたけど、最後は往生したのですね!

そして、楊堅が崩御し、恭帝から禅譲され、長安で李淵が皇帝に即位する。国号は唐である。

李淵の母、曼陀は、元貞皇后と追尊された。
曼陀の夢がかなったのですね!

55話の感想

それぞれ己の独孤の天下があるという曼陀の最後のセリフが印象的でした。曼陀だけは、死後だけど、3姉妹が皇后の地位を得ることができたのですね。でも、なんだかむなしく感じてしまいますね。伽羅は、皇后になってからが一番精彩なく、幸せには見えなかったですものね。

でも、独孤の男兄弟は、地方に追いやられてしまって、ほぼ舞台に出てこないのも面白いですよね。実質、3姉妹が独孤家を守っているのですものね。

楊堅が、皇帝になっても、自分には自由がないと嘆く場面は、まさしく恐妻家のセリフでしたね!伽羅という女性は、この時代に一夫一婦制を夫に守らせるくらいですから、かなりの強者だったのでしょうね。楊堅が必ず伽羅にお伺いを立てているところがおかしかったです♪

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です