王女未央-BIOU-あらすじ-1話-2話-3話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-王女未央-BIOU-あらすじ-1話-2話-3話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
舞台は5世紀の中国、涼の王女未央と北魏の皇子拓跋濬の華麗な歴史メロドラマの始まりです!
ロミオトジュリエットなみに敵国同士の二人の間には試練がいっぱい。
激しい愛憎劇の中、二人は結ばれることが出来るのでしょうか??

【王女未央-BIOU】(ネタバレあり)

王女未央 第一話

南北朝時代の中国。涼の国では降りやまない雪の中で大勢の僧侶たちが王家の出産が無事に終わるよう祈りを捧げていました。
そのかいがあってか、可愛い王女が誕生します。馮心児(フウシンジ)と名づけられた王女は炎に焼かれても生まれ変わる、鳳凰の目を持っていると僧から告げられるのでした。
娘の誕生に目を細める涼王。
しかし高位の僧は、すべては無常、誕生あれば必ず死あり、と威厳たっぷりに唱えながら去っていきます。

生まれたばかりの王女様に中国のお坊さんってそこまで言うか?と思っちゃいましたが・・。これは次の展開の伏線だったようで

そこへ強国、北魏の軍がやってきます。そして涼王に降伏して北魏の都、平城に来るよう命じるのでした。

幸せの絶頂から不幸に落ちてしまいましたね

涼王は自国の民を苦しめる戦争を望みませんでした。そのため北魏に帰順する決意をし、平城に連行されて軟禁生活を送ることになります。

こうして馮心児は父親と離れ離れになりましたが、愛情深い祖母の元で元気に育ち、活発な美しい娘に成長していきます。

そしてやっと父親が涼の国に帰って来る日がやってきました。
馮心児は父親を喜ばすための催しの準備のため、王女だとばれないよう男装して街に出ます。そして運命の人、北魏の皇子の拓跋濬(タクバツシュン)と出会うのでした。でもこの時二人は男同士として話をしただけで別れます。

男装するのって歴史ドラマに多いですね~現実ではばれそうですけど

その夜、父と娘は幸せな再会をしました。けれどもこの時から恐ろしい悲劇が幕を開けるのです。涼の国の財宝に目を付けた北魏の李敏峰(リビンホウ)らによって涼王は謀反の罪を着せられ殺害されてしまうのでした・・。

王女未央 第二話

北魏の李敏峰らの陰謀によって父と祖母を殺された馮心児。それでも涼の最後の王族として生き残るために必死で追手から逃れます。そして力尽きて行き倒れているところを、村の娘、李未央(リビオウ)に助けられ介抱されるのでした。
実は李未央は北魏の高官、李蕭然の娘でしたが、妾腹のため継母に疎まれて村で下働きをさせられていたのです。

可哀想に。まるでシンデレラ。こういうお話って洋の東西を問わず多いですね

そして李蕭然の跡取り息子は、あの涼の国を滅ぼした李敏峰だったのでした。それを知って動揺する馮心児ですが、李未央には助けてもらった恩もあり、優しい性格だとわかるにつれて二人は打ち解けていくのでした。けれど李未央は継母が放った刺客によって殺害されてしまいます。
李未央は李家に戻ることになっていたため、家から迎えの使いがやってきました。馮心児は自分と李未央が同じ年くらいであることから、自分が李未央の代わりに李家に行くことを決断します。そして助けてくれた李未央の報復と自分の父や祖母を殺害した李敏峰への復讐を心に誓うのでした。
しかし恐ろしい継母は李未央になった馮心児を様々な手段で襲ってきます。
李家への道中、宿に火をつけられ李未央は危うく死にかけますが、偶然居合わせた拓跋濬に命を助けられるのでした。

火が大分回っているはずなのに、なぜか話す余裕のある二人。運命の二人なんだからよく顔を見ておかないといけないしね!

王女未央 第三話

李未央になりすまして仇敵李家に入り込んだ馮心児。しかし李家は継母、叱雲柔(シツウンジュウ)と長男、李敏峰、娘の李長楽(リチョウラク)が意のままに支配する恐ろしい世界でした。妾の娘である李未央は彼らにとっては邪魔な存在。すぐにでも亡き者にしてしまおうと悪辣な意地悪を仕掛けてきます。

この三人本当に冷酷な親子。李長楽は都一の美女と噂されているらしいけど、心は真逆。三人の密談は露骨で怖いです!

それでも頭のいい李未央は二人の可愛らしい侍女と一緒に陰湿ないじめにも屈せずに乗り越えていくのでした。
そんな時李未央の祖母の60歳の誕生祝いの催しが開かれます。
従妹の李常茹(リジョウジョ)が自分の刺繡した百寿図を祖母に贈りますが、李長楽がそれを上回る刺繡の贈り物をしたことで李常茹は悔しい思いをします。元々李常茹が刺繡の贈り物をすることを知っていた李長楽。李常茹よりも大きくて豪華な刺繍の贈り物を作らせて自分が一番の注目の的になろうとしたのでした。

自分が誰よりも優れているのを見せつける李長楽って嫌な女!

そして李長楽と母の叱雲柔が満足げに勝ち誇っているとき、何やら外から物音が。
戸を開けると、李未央たちが誕生のお祝いのめでたい獅子舞を披露するのでした。それを見て喜ぶ祖母たち。

当てが外れて面白くない叱雲柔と李長楽。倍の仕返しが来そうですね!

そして舞っている最中李未央は宿敵李敏峰の姿を見つけます。李未央の心に復讐の炎が激しく燃え上がるのでした・・。

王女未央・1話~3話までの感想

豪華絢爛な衣装を身にまとった美人が続々登場する歴史ドラマですが、とっても怖い物語です。なんといっても人を陥れたり、殺したりすることになんの良心の咎めもない李家の人間がひどすぎます。李家にやってきた未央は初めから正門を通して貰えず、裏口から入るように継母付きの侍女から言われ、お嬢様なのに行儀作法を教えるという名目で体を叩かれたりするんですよ。
もちろん負けん気の強い未央はそのままやられっぱなしではありませんが、なんといっても継母叱雲柔が李家を取り締まっているので圧倒的に不利なのです。これからもずっと未央はいじめられ続けるのか・・味方と言ったら祖母の大奥様と従妹の李常茹くらいでどうやって命を維持できるのかと、始まりからとても心配になるドラマです。
果たして馮心児は復讐を遂げられるのでしょうか??






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です