王女未央-BIOU-あらすじ-4話-5話-6話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-王女未央-BIOU-あらすじ-4話-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。



ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
李未央となって李家に入り込んだ憑心児ですが、継母たちのいじめで心休まる暇もありません。李長楽も李敏峰も血のつながりのある兄弟なのに一かけらの愛情もないのですから!本当の李未央が生きていて、この様子を見たら悲しむんじゃないでしょうか?本物はとてもこの屋敷では生きていけなかったでしょうね~~!

【王女未央-BIOU】(ネタバレあり)

王女未央第4話

未央の祖母の誕生祝いの日、北魏の皇子南安王が李家を訪れ、父親の北魏王が李敏峰の涼での武功に褒美を与えると告げます。そして褒美である涼の国の家宝の首飾りを、李敏峰は妹の李長楽に手渡しました。―それは涼の祖母から貰った憑心児の大切な首飾りでした!未央は思わず李長楽の手を掴んでしまいます。その無作法ぶりに皆は唖然とするのでした。
まずい!我を忘れた未央の無茶な行動!敵も多いというのにどうなってしなうのでしょうか??
なんとかその場は誤魔化したものの、それから継母の叱雲柔の未央に対するいびりは激しさを増し、従妹の李常喜が池に落ちたのも未央のせいにされ、未央は体を打たれて弱り果てます。
妾腹でも未央はこの家のお嬢様なのに、父親の李蕭然の冷たいこと!妻が名門の家の出なので頭が上がらないのですねえ・・でももうちょっと擁護してもいいんじゃないの??
そんな未央を心配した祖母の命乞いでなんとか未央の命は救われます。けれども祖母の別荘で養生しても未央の体はなかなか回復しません。それもそのはず、叱雲柔の命令で傷口に薬の代わりに毒をぬられていたからなのです。
どんどん弱っていく未央を見て、祖母の別荘の使用人たちは死人を置くのは不吉だと狼のいる山に未央を運んでしまいます。置き去りにされた未央は狼に気づいて必死で岩場の陰に隠れるのですが・・・。
そこに旅の帰りの北魏の皇子拓跋濬がやってきて未央を見つけるのでした。

王女未央第5話

拓跋濬は弱った未央を医者に見せ、解毒治療をして貰い、未央はだんだんに回復していきます。拓跋濬の手を握ったまま放さず眠り込む未央に、拓跋濬も仕方なく傍でずっと看病するのでした。
ここらへんはメロドラマの定番。王子様に甘えるヒロインですね!あくまでも優しい王子様とのロマンチックな場面です!
目を覚ました未央は目の前にいる男性が以前未央を火事から救い出してくれた命の恩人であることに気づきます。拓跋濬は琴を弾いて弱っている未央を慰めようとします。未央は拓跋濬の思いやりを感じて心地よく眠りにつくのでした。
歩けるまで元気になった未央は拓跋濬と二人で散歩を楽しみます。綺麗に花が咲いていると喜び、花の中で無邪気に蝶々を追う未央の可愛らしさに微笑む拓跋濬。二人の間にはほのかな恋情が芽生えていました。
苦しみの連続の李未央にとって唯一の心休まるひと時ですね。蝶々を追うという少女漫画チックな光景も中国の時代ドラマならクサくなく見れますね!
しかし拓跋濬は都に戻らねばなりませんでした。彼は宿の女中に未央への手紙を託して出発してしまいます。未央が目覚めた時には彼の姿はもうなく、扇子だけが残されていました。大事に彼の扇子をしまい込む未央。
そして李家に戻るとまた陰謀だらけの恐ろしい生活が始まるのでした。

王女未央第6話

李家に元気になって帰ってきた未央。
李家では相変わらず叱雲柔親子が威張っていました。未央の母親の七姨娘(シチイジョウ)は叱雲柔によって自由な行動が許されていず、話をすることもなかなかできません。憑心児は命の恩人である李未央の母親をなんとかしてあげたいと思うのでした。
池に落ちて頬に傷を負った従妹の李常喜はまだ未央が自分を落としたと疑って怒っていましたが、姉の李常茹は未央の潔白を信じていました。
どうやらこの李常茹、南安王に思いを寄せている様子。でも南安王はあまり気がない感じです。
李家には李蕭然と叱雲柔夫婦の他に、李蕭然の二人の弟の妻と子供が住んでいました。
何故、弟の妻が同居しているのか説明はありませんが、中国の高位の家では親族が一緒に暮らすのかもしれませんね。
それが従妹の李常茹と李常喜で、もう一人の妻の息子で未央の従弟の李敏徳がいました。
李敏徳は李蕭然の弟の養子でした。李蕭然の弟は他界していて養子として義理の母親と暮らしていたのです。未央は笛を吹くのが得意なこの従弟と最初から打ち解けていました。彼が良い性格だとすぐに気づいたからです。
一方拓跋濬は宿の女中の不始末で置手紙を未央が読んでいないことを知らないまま、未央を心配していました・・。

王女未央・第4話~6話の感想

歴史ドラマは登場人物が多いですが、中国のドラマは特に名前が似ていて覚えにくいですね!李敏徳に李敏峰、李常喜に李常茹といった具合で・・。
その人物たちにもいろいろな思惑があって、特に李常茹は可愛い顔をして何を考えているのか??李長楽にはいつも上を行かれて恨みがありそうですが・・。
それにしても叱雲柔たちの未央に対するいじめ方がむごすぎる!お嬢様を山に捨ててしまうなんて、そんなのあり??と思ってしまいました。そんな怖い李家の中で心を許せる李敏徳という従弟がいたことは李未央にとって幸せな事でしたね!まだまだ叱雲柔たちも未央を陥れる機会を狙っているし、未央も気が抜けませんが・・。
拓跋濬とも曖昧なまま別れてしまいましたが、これからどうなっていくのでしょうか?


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!普段から韓国ドラマを見ていましたが、ふとしたきっかけで中国ドラマを視聴ときにスケールが大きに驚き、中国ドラマ、台湾ドラマにもハマりました(笑)子育て真っ最中ですが、読んでくださる方に伝わりやすい文章を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です