王女未央-BIOU-あらすじ-10話-11話-12話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-王女未央-BIOU-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
李未央は自分の作った救済策を李長楽に盗まれてしまいます。そしてその救済策を得意げに発表した李長楽。美人なだけでなく才媛ともてはやされる李長楽に李未央はどうやって報復するのでしょうか??

【王女未央-BIOU】(ネタバレあり)

王女未央・第10話

李未央が作った救済策が太武帝からも称賛され鼻高々の李長楽。未央は何故自分の救済策が李長楽の手に渡ったのかがわからずに困惑します。実は侍女の紫煙が李敏峰に未央の情報を洩らしていたのですが、紫煙を妹のように思い信頼していた未央は全く疑いを持っていませんでした。
けれど一点未央は心配していました。未央の救済策はまだ不完全で実行すると問題が起こると気づいたからです。でも思い上がった李敏峰たちはその救済策を領地で使ってしまいます。
そして救済策を作った李長楽の祝いの宴が催されます。自分の救済策の不備を危惧する未央は思い切って太子妃に直訴します。李常茹が未央を援護してくれましたが、直訴は失敗に終わるのでした。

未央は自分の救済策で混乱が起こるのを避けようとしているのに、自分の評判が上がることしか頭にない李長楽。未央の味方をした李常茹を怒ってびんたする様は顔は美人でもまさに鬼女ですね!!でも図に乗りすぎると後で反動が起きますよ~

やはり未央の不安が的中して、李敏峰が使った救済策のおかげで暴動が起きてしまいます。怒った太武帝は李長楽と李敏峰を怒鳴りつけます。
未央は太武帝の前に進み出て、手直しした救済策を講じて暴動を治めることに助力するのでした・・。

王女未央・第11話

太武帝に修正した救済策の提案をしたことで、救済策を作ったのは李未央であることがわかり、暴動を沈めた未央は太武帝から“安平県主”(あんへいけんしゅ)の称号を授けられます。そして叱雲柔に虐げられていた未央の母親の七姨娘も“三品淑人”の位を貰い、やっと外を自由に行き来できるようになるのでした。未央に感謝する七姨娘に、恩人の母親を救ったことを喜ぶ未央なのでした。
そして拓跋濬は未央が救済策を作り、安平県主になったことを嬉しく思っていました。
もちろん未央の救済策を盗んだことがわかってしまった李敏峰と李長楽は罰を受けます。

やりましたね!やっと悪者を成敗しました!!安平県主となった未央はこれで発言権が出来、叱雲柔親子の言いなりばかりにならなくても済むでしょう。でもこの三人、これで静かになるとも思えませんね~~

李未央の侍女紫煙は、李敏峰たちが未央の救済策を盗んだと白状したことで叱雲柔の怒りを買ってしまいました。彼女には李敏峰の子供がお腹にいたのですが、そんなことで容赦する叱雲柔ではありません。策を弄して紫煙を殺そうとします。李未央は紫煙が自分を裏切っていたことにショックを受けながらも、その行く末を案じるのでした・・。

王女未央・第12話

紫煙は李敏峰の子供を身ごもったまま、未央に自分がしたことを謝りつつ死んでしまいます。未央は紫煙の死が李敏峰らのせいであることに激しい怒りを覚えます。そしてこのままではすまさないと復讐を決意するのでした。

未央の胸にすがって謝りながら死んでいく紫煙は気の毒ですね~~。それにしても自分の子供がお腹にいる紫煙を平気で殺してしまう李敏峰・・人の心がないのでしょうか??

李家では未央が安平県主になったことで祝いの宴が開かれます。
拓跋濬もやってきますが、未央の頑なな態度は相変わらずです。それでも未央に優しい言葉をかける拓跋濬。
皇子でありながら一途で誠実な拓跋濬ですね!こんなにも未央を想っているのにそれをわかりつつも彼の気持ちに添えない未央の絶望も深いですね。あの救済策だってもともとは拓跋濬のために作ったもの・・でもそれを彼に言うことが出来ない未央なのです・・
でも未央は今夜、紫煙の復讐を果たさなければなりませんでした。
未央はわざと紫煙の死体を家の池に流して、紫煙を殺したのが李敏峰であることを皆の前で暴露します。そしてその噂を聞いた太武帝は李敏峰の悪辣な行いを許さず、罪人として追放するのでした。
そして護送中の李敏峰は何者かに襲われます・・。

王女未央・10~12話の感想

救済策を盗まれたりと、始めは形勢不利だった未央でしたが、ついに李敏峰を失脚させることに成功しました!そし李敏峰は紫煙を無残に殺したことが祟ってか、自分も殺されてしまいます。未央は涼の王女として一つの復讐を果たしました!因果応報。やはり悪いことはできませんね!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です