王女未央-BIOU-あらすじ-16話-17話-18話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-王女未央-BIOU-あらすじ-16話-17話-18話-感想つきネタバレありでご紹介!-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
李敏峰を殺された仕返しに叱雲柔から李未央の偽物疑惑をかけられた憑心児。死んだ李未央そっくりな女が現れ自分が李未央だと名乗り絶体絶命の危機でしたが、からくも七姨娘に救われます。しかしほっとしたのもつかの間、新たな罠が・・。

【王女未央-BIOU】(ネタバレあり)

王女未央・第16話

叱雲柔が重い病気にかかり、血を吐くまでになって李家は騒然となります。叱雲柔の侍女が何かの呪いではないかと話し、李蕭然は部屋の捜索を命令します。すると未央の部屋からあるはずのない呪いの人形が!未央は自分が罠にかけられたことを知るのでした。
これまでのこともあって、李蕭然は叱雲柔のたくらみだと思い妻を問い詰めますが、あまりにも具合の悪い妻を見てやはり未央のしわざと考えます。そして未央は部屋に監禁されてしまうのでした。
拓跋濬のことで未央に嫉妬する李長楽は、何故人形が未央の部屋にあったのかと侍女の白芷や未央に激しい体罰を加えます。未央は傷を負いながらも倒れた白芷を看病するのでした。

やっと偽物疑惑が落ち着いたと思ったら、今度は呪詛疑惑に襲われちゃいましたね。今回は李長楽の嫉妬も加わって未央はたいへん!女の嫉妬は恐ろしいですね~~

更に李長楽は未央の部屋にあった男物の扇子が誰のものかを問いただします。それは拓跋濬のものでしたが未央は村で貰ったものと嘘をつきます。
李長楽は未央に気がある拓跋濬にその扇子を見せ、未央には恋人がいると未央を諦めさせようとします。しかしそれは自分の扇子で、拓跋濬は未央が自分の扇子を大事に持っていたことを知るのでした。

王女未央・第17話

李未央が自分の扇子をもっていたことで、未央が自分を想っていることに希望を持った拓跋濬。しばらく喜んで自分の扇子をながめるのでした。しかし嫌な予感がその胸をよぎります。
何故未央の扇子を李長楽が・・?拓跋濬は未央の身に何か悪いことが起きているのではと李家に向かうのでした。

やはり李未央の危機を救うのは拓跋濬しかいませんね!しかしこれまで何度未央を救ったのでしょうか?そのたびにお礼しか言わない未央・・それでも諦めない拓跋濬はりっぱですね!!

拓跋濬は叱雲柔のお見舞いという名目で医者を連れて李家にやって来ます。叱雲柔を診た後で、それでは未央の具合も見て貰おうと言い出して部屋に向かいます。そこで家来に襲われていた未央を発見!李蕭然に問いただし危ういところで未央を救うのでした。
その後未央を呼び出した拓跋濬は未央に自分の気持ちを伝えます。しかしやはり未央は魏の皇子である拓跋濬の愛を受け入れません。自分の扇子を持っていたことを問い詰める拓跋濬に、困った未央はその扇子を外に放ってしまうのでした。ショックを受けた拓跋濬はその場から立ち去ります。
そして通りに落ちて馬に踏まれた扇子を再び拾い大事にしまう未央なのでした・・・。

王女未央・第18話

李未央には自分の問題に拓跋濬を巻き込みたくないという思いがありました。それでどうしても惹かれている拓跋濬に素直になれないのです。
一方失意の拓跋濬は仕事に没頭して未央のことを忘れようとします。

本当は想いあっている二人なのに、うまくいきませんね~~。ドラマの始まりの主題歌の画面で、夫婦になっているところがあるので後々には結ばれるのでしょうが、いったいつになることやら・・。これだけ長いドラマでじれったい思いをしていると、ドラマの外で愛が芽生えても不思議はないですよね~~

そして宮廷の方では、三人の皇子のトップを狙う争いが激しくなっていきます。特に東平王は自分の父親である魏王が孫の拓跋濬を気に入っているのが面白くありません。また東平王は李長楽に好意を持っていて、弟の南安王を連れてうきうきと李家に会いにきます。
そこで東平王は年若い李敏徳を李長楽や李常喜と一緒にいじめますが、李未央の気転によって阻止されます。それを見ていた南安王は未央の頭の良さに感心するのでした。

三人の皇子の中で日本人から見たら一番イケメンな東平王は嫌な性格ですね!何故似た性格の李長楽が真逆な拓跋濬を好きなのか??物語の展開上必要なのでしょうが、現実だったら絶対に合わない二人です!!

そして諦めきれない拓跋濬は未央にオウムを贈るのでした。

王女未央・第16~18話の感想

愛の告白をした拓跋濬の扇子を投げるなんていくらなんでもやりすぎでしょ。可哀想な拓跋濬!と思ってしまった第17話でした。それでも道に落ちていた扇子を拾って埃を落とす未央の表情がせつなかったです。
祖父の魏帝から好きな女にはアタックあるのみと勇気づけられ、再びオウムを贈った拓跋濬。そのオウムが「ビオ、ビオ」と鳴くのがとってもかわいい!またそれをながめる未央の幸せそうな笑顔がいいですね。そしてやっぱり未央が大好きな李敏徳が対抗してオウムを買ってくるのがまたいじらしい。李敏徳を恋する王女様がいるのに鈍感な李敏徳は全く気づかず・・この二人の恋の行方も気になります!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です